ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

トレードは週1回!少額でも月30万円儲かるビットコイン革命 ひろぴー

著者は元々サラリーマンで、勤務時代からFXトレードで成功を収め、独立して専業トレーダーになった人物です。
仮想通貨でも大きな利益を出しています。
本書は、仮想通貨投資の基本から応用までわかりやすく書かれた初心者向けの内容です。
初心者向けとはいえ、すでに仮想通貨投資の経験を積んでいる人にも参考になります。
本書は第1章から第4章まであります。
第1章では、仮想通貨とは何か、ブロックチェーンのシステムについて、仮想通貨と他の投資方法との違い、仮想通貨取引所の口座開設方法、ビットコインやアルトコインについて、仮想通貨投資の魅力など、基本的で大切なことが書かれています。

仮想通貨を取引する際に役立つ便利な注文方法など、リスク管理においても大切な記述があります。
また、仮想通貨FXを行う場合のレバレッジについても書かれており、仮想通貨取引所ごとのレバレッジ一覧表が掲載されていてわかりやすいです。
仮想通貨の情報源はどのようなものを参考にすればいいか、あるいは税金についての記述もあるため、仮想通貨投資の全般を総合的に理解することができます。
仮想通貨投資の方法は、株のように現物を購入して値上がりを待つ方法がありますが、それ以外にレバレッジをかけた取引(仮想通貨FX)を行うこともできます。
本書は、現物購入もそうですが、仮想通貨FXの取引を行う人を意識して書かれています。

第2章と第3章は、基本的なチャートの見方やテクニカル分析の内容になっています。
この部分が本書のメインとも言える内容です。
チャートやテクニカルの基本から応用まで、必要な知識が十分に盛り込まれたものになっています。
図をふんだんに使いながら、文章をできるだけ簡潔にまとめているため、複雑さを感じることが少なく読み進めていくことができます。
簡潔な文章の中に、要点がメリハリよく書かれてあるため頭に入りやすいです。
チャートの見方やテクニカル分析は、特に初心者にとっては難しく感じるものですが、本書では理解しやすいように系統立てて書かれていることがメリットです。
シンプルなトレード方法からスタートして、トレード知識が豊かな人にも役立つ応用的な方法も書かれているため、初心者が知識を積んだ以降であっても十分参考にできる内容です。
第4章では、トレードを行う際に重要な資金管理の方法について書かれています。
損失をできるだけ抑え、利益を出していくためのポイントについて効率よくまとめられています。
投資では利益を出すことばかりに意識が向いてしまい、資金管理がおろそかになってしまうことがあります。

たとえ一度の仮想通貨投資で成功したとしても、資金管理がしっかり行えない人は、その後の取引で資金を目減りさせる可能性があります。
第4章は少ないページ数ですが、ここで書かれていることも非常に重要です。

仮想通貨取引での利益の出し方を学べる

本書のメインは、仮想通貨取引でどのようにして利益を出すかという部分です。
そのためにはチャートの見方をマスターし、知識に基づいたテクニカル分析を行うことでエントリーのタイミングや利益確定のタイミングを図ることが大切です。
本書は、その全てにおいて丁寧に要領よく書かれておりとても役立ちました。
初心者にとっては、トレードで出てくる用語の一つ一つの意味がよくわからないことも多いです。

トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインというような言葉も、トレードに慣れている人にとっては普通の言葉であっても、初心者にはどういう意味か理解できないことがあります。
ローソク足の見方がよくわからないこともあるでしょう。
そういった基本用語の意味や見方を説明しながら、それに加えて適切なトレード方法を説明するのは内容が多くなりすぎてややこしくなることもあります。
しかし本書では、それらの多くの内容について確実に要点を押さえながら説明しているため、実際のトレードを行う上でも本書を参考にすることで、テクニカル分析をしっかり行うことができるでしょう。

説明の際には図を多く用いているため、視覚的にも把握しやすくなっています。
本書を読んで、今まで漠然としていた様々なテクニカル用語の意味がわかったため、今まで自分がかなり適当な取引をしていたことを痛感しました。
またこういった分析は、レバレッジをかけたFX取引だけではなく、現物購入の取引においても有効に使うことができます。
いかに的確に買いのタイミングをつかむかが、利益を出せるかどうかのポイントになるからです。
特に初心者が陥りがちな適当な取引がいかに無謀であるかについて理解できたこともよかったです。
また、投資において最も重要なリスク管理の大切さについて書かれてあることも役立ちました。
著者は、たとえレバレッジをかけて取引する場合でも、最低限のレバレッジにすることを勧めています。
値動きの大きな仮想通貨において、高いレバレッジをかけるのは証拠金を大幅に失うことにもつながりかねないリスクの高いものです。
値動き自体が大きいので、レバレッジを高くしなくても十分に利益を出すことができます。
高いレバレッジをかけることの危険性を知ることができたのも役立った点です。
ロスカットや利益確定についても、自分で設定する場合はどのような範囲にすればいいか迷うものですが、本書では明確にそのラインを示しているので参考になりました。
テクニカル分析は一通りではなく非常に多くの方法があることを知ったのも、今後に活かせそうです。
もちろん投資は分析通りに値が動かないことも多いですが、少なくともテクニカル分析の基本や様々な方法を学ぶことで、明確な理由を持って売買ができることは大切です。
ロスカットをためらっている間に、さらに状況が悪化し、損失を増大してしまうことはよくあることです。
また逆に、まだ上昇するという憶測から利益確定ができず、その間に相場が逆の方向に進んでせっかくの利益が帳消しになるようなケースもあります。
そういったことを防ぐ意味でも、本書に書かれた内容を確実に守ることが大切だと感じています。

仮想通貨をはじめたばかりの人におすすめ

本書は、仮想通貨投資を始めた初心者に特におすすめできる内容になっています。
仮想通貨投資に関連する本は、書店を探してもそこまで多くはなく、自分が知りたい内容が書かれた本を探すのに苦労する面があります。
そのためインターネット検索を使ってチャートの見方やテクニカル分析を調べることもよくありますが、断片的な知識になるため、頭の中で整理がつかずにわからなくなってしまうことも多いです。


そういった人は、本書で一から仮想通貨投資の方法について学ぶことで、体系的な整理もつき、よくわからなかったことも理解できる可能性があります。
もちろんページ数には限りがあるため、本書の内容でも十分に説明が行き届いていないと感じられる箇所もあります。
その部分は補足としてインターネット検索や他の本で調べてみれば、本書で基本ができているだけに、理解として定着するはずです。
また実際に仮想通貨投資を始めてみたものの、思ったような利益が出せていなかったり、損失を出したりしている人にも本書はおすすめです。
もう一度しっかり基本から学び直すことで、気付く点も多いと考えます。
本書でも述べられていますが、リスク管理を行うメンタルについても確実に養う必要があります。

感情に流されやすい人がトレードをするのは大きな危険が伴います。
特に仮想通貨FXでは、意味のない取引を繰り返してしまうことがあります。
そういった人は、無駄な取引をしないためにも、体系的に書かれた本書を参考にしながら自分がどうしてこの時に売買をするのかその理由についてはっきりさせることが重要です。
本書は入門書の意味合いも強いため、それぞれの項目について端的に説明してあります。
さらに詳しい内容が知りたい場合は、これを土台に別の本やインターネットのサイトで知識を増やしていけばいいと考えます。

 

toricago.hatenablog.com

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命

トレードは週1回! 少額でも月30万円儲かるビットコイン革命