ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

そのまま使える「爆売れ」コピーの全技術 中山マコト

この本はさまざま分野や現場で成功するコピーを生み出してき日本のマーケッター、シンクロ二ストの中山マコト氏が書いたコピーのノウハウ本です。
すぐに使えるコピー例から始まり、どのようにコピーを生み出せば商品がヒットするのかというメカニズムも詳しく説明されています。
本の中はとても分かりやすくデザインされていて専門書のようにびっしりと言葉が書いてあるようなことはありません。
まるでマンガのような文字の大きさや色味で分かりやすく手軽に読むことができます。
ビジネスの専門書やコピー本、マーケティング本というと難しいイメージがありますがそれらの印象を変えてくれる本でもあります。

本の中では実際に中山氏が経験したコピーの制作の裏側やリアルな数字、そしてストーリーが描かれているので納得しながら読み進めることができます。
コピーのノウハウだけではなくどうすればカスタマーやユーザの目に留まるような言葉を生み出せるのか、そもそもそれらの言葉は何なのかというところまで詳しく解説してあります。
例えば爆売れする商品のコピーはこれだ!と決めつけるのではなく「なぜそのコピーが売れたのか、その背景は何だったのか」というところまで書いてあります。

コピーというと1つのコピーからなかなか応用ができないイメージですが中山氏は1つの法則やルールを知れば簡単にたくさんのコピーを生み出せると説明しています。
中山氏が説明するその法則やルールが分かりやすくまとめられた実践的なノウハウ本といえます。
本に載っているコピーをそのまま使えばさまざまな問題に引っかかりやすくせっかく本を買っても実際に使えないという課題を解決した本であるともいえます。

それぞれのコピーのターゲットオーディエンスや目的、内容、販売媒体などに合わせて目次がつけられているので必要な時に必要な部分だけを読むこともできます。
特に販売媒体に合わせたコピーのノウハウは目からウロコの情報ばかりでした。
例えば商品を販売する時には実際の店舗で売るのか、ネットで売るのかによってカスタマーに対するアプローチ方法も異なります。
中山氏はただ売れるようなコピーをつくるのではなく店舗のPOPやメニュー、ブログやホームページなどそれぞれに生かせる方法を編み出しています。
実際にカスタマーを目の前にする店舗とネットを介した販売は条件も背景も異なるのでとても役に立ちます。

コピーというと商品パッケージのイメージが先行しますがチラシやDM、会社案内や名刺にも使えるノウハウが詰まっている1冊なのでマーケティングだけではなくビジネス全般に使える優秀な本だと思います。

カスタマーと売り手側の関係性を学べる

中山氏が実際に提案している独自の手法「キキダスマーケティング」の説明がとても役に立ちました。
キキダスマーケティングとは実際にインタビュー術を駆使して売れるヒントを人から聞き出す手法です。
コピーというと自分で考えなくてはいけない、そのコピーを考える人の経験や価値観の良さが成功に繋がるものだと思っていた人には新しい視野を与えてくれる手法だと思います。そのインタビュー方法やそのコツなどが本の中では紹介されているのですが普段コピーを考えるような役割の社員が実際に自分以外の声を聞くことはあまりない機会だと思います。このキキダスマーケティング以外にも「なぜ人に聞くことが重要なのか」「自分で考えると何のリスクがあるのか」という点も詳しく説明されていてとても参考になる内容でした。

本の内容は人に聞くだけで終わりではなくどうしたらコピーを考えられるのかという基礎的な部分の説明もきちんとされています。
特に役に立ったのはカスタマーやユーザなど商品を手に取る相手の心情を想像したコピーの作り方でした。
どうしても普段コピーを考える時にカスタマーやユーザのことを考えるのではなくどうしたら目立つのかばかりを考えてしまいがちだと思います。
しかしやっぱり1番大事なのはカスタマーやユーザーに商品が求められることなのだと改めて理解することができました。
本の中ではカスタマーやユーザに対する洞察力や考え方、接し方、捉え方がとても詳しく書かれています。
毎日コピーばかりを考えていると見落としがちな買い手との関係性の重要な部分を改めて再認識できる本でもあります。

コピーのノウハウ以外の内容も充実して書かれている本なのですが特にカスタマーの声を集める方法がとても参考になりました。
どうしても事務的になりがちなレビューや感想の聞き方でもインタビューする方法を変えることで有益な情報をこんなにも集められるのかと感動しました。
本の中ではカスタマーに対するインタビューの方法やその際の注意点、聞き出すコツなども紹介されています。

この本を通して1番学べたことはカスタマーと売り手の関係性の部分だと思います。
相手が見えないからこそ「とりあえず買ってほしい」という気持ちが優先されてしまいがちな売り手の心情ですがカスタマーにワクワクしてもらえるような商品をつくる、ワクワクして見つけてもらえるようなコピーをつくるというベースの部分が中山氏の説明でよく理解できました。その点では新人研修などにも十分に使える本だと思いました。

販促や広報の方におすすめ

企業の販促を行うマーケティング部や会社の宣伝を行う広報部に所属しているビジネスマンにおすすめの1冊です。
それ以外でも営業や商品開発などさまざまな部署のビジネスマンの仕事に役立つ本だと思います。

カスタマーのことを考えながらカスタマーの意見を参考にして自分の仕事を実践するというビジネスマンの基礎的な考え方もとても分かりやすく説明されているのでまだ二週者して間もない新入社員や異動してきたばかりの部下にも勧められる本だなと上司の立場から思えました。

本の中身はとても簡潔で読みやすいデザインになっているのであまり専門書が得意ではなく読書が苦手な人にもかなりおすすめできる本だと思います。
毎日ゆっくりと本を読む時間がない、読むべき部分だけまとめて読みたい、通勤時間で効率的に読みたいという人にもおすすめです。

企業に勤務するビジネスマンだけではなく実際に店舗に立って販売を行う販売員やホームページを作成するデザイナーなどにも有用な情報が詰まっていると思います。
個人的に感じたことはこれらのコピーはセールストークにも十分活用できるということでした。
カスタマーやユーザの心を惹きつけるポイントが詳しく書いてあるので会話の中にもポイントを含みながら話せば相手の印象に残る会話ができるようになるのではと思いました。

自社の売り上げを上げたい人は店舗のスタッフに読ませるようにしても良いと思います。
誰が読んでも難しくないような内容で難しく表現されがちなマーケティングやビジネスの手法をとてもフレンドリーに解説された本なのでおそらく高校生のアルバイトの子が読んでも理解できる内容になっていると思います。

 

www.popxpop.com

そのまま使える「爆売れ」コピーの全技術

そのまま使える「爆売れ」コピーの全技術