ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

いま君に伝えたいお金の話 村上世彰

この本は、「もの言う株主」として注目を浴びた村上ファンドの村上世彰氏が、投資のノウハウではなくお金に対する自信の考え方を中心に書かれた本になります。どうしたらお金が増えるのか、どうしたら投資で成功することができるのか、そういった具体的な投資のノウハウというものは書かれていませんが、日本を代表する投資家のお金に対する考え方は非常に感銘を受けること間違いなしです。

村上氏が子供のころ自身の父親(この父親も投資家)から教わったお金の考え方、そして自信の投資の現場で感じたこと、それらを村上氏が丁寧にわかりやすく教えてくれます。

そこには、お金は汚いもの、お金は悪いもの、という日本で一般的とされている考え方に対して、村上氏は真正面から反対し、お金を稼ぐことは悪いことではないということを伝えてくれます。また、お金の大切さやお金の必要性というお金のいい面だけでなく、お金が悪いものになる場合、凶器になる場合といったお金のマイナス面も村上氏の具体的なエピソードに沿って紹介されていますので、お金の本質を学ぶ最初の教科書として非常に有効な本になっています。またお金の時間価値・割引計算といった金融の難しい部分もしっかり説明されていますが、その内容は非常にわかりやすく具体的に説明されていますので、金融に対して知識がほとんどない方でも簡単に理解できる内容です。

 

確かに、村上ファンドの村上氏が書いた本なので、成功するための方法、投資で儲かるための方法などを期待して手に取った人にとっては少し物足りない内容です。しかし、お金や金融の基本が投資初心者でもわかりやすく説明されていますので、お金の本質を学ぶことで、この本を読み終えると成果を出すことができそうな感覚になります。お金の本質をついていますので、内容の薄いちょっとしたノウハウ本を読むよりよっぽど効果的だと思います。

 

また、この本の特徴に、子供や子供を持つ親に向けたメッセージ性が入っているということがあります。自身が父親から教わったお金の話はもちろんのこと、村上氏自身の子育て法として、自身の子供にどうやってお金のことを教えてきたのか、金銭感覚を身につけさせてきたのか、具体的な村上家で行われている金銭感覚を身に着けるためのゲームなども紹介されています。実際に村上氏の娘さんは、現在も村上ファンドを継いで投資家になっていますので、子供にちゃんとしたお金の知識を持ってもらいたい人には非常に参考になります。

お金の本質を学べる

この本には、具体的な投資で儲かるためのノウハウなどは書いてありません。しかし、それ以上にお金の特徴、お金の本質が書いてありますので、自身のお金に対する考え方を見直す凄くいいきっかけになります。特に日本ではお金に対する教育というものいついて、学校では何も教えてくれません。そのため、子供たちにお金を教えてあげないといけないのは、その子たちの親たちになります。

しかし、その親たちもお金の勉強ということは通常受けてきていませんでしたので、お金のことについて何をどう教えればいいかわからないのが普通です。そんなときに、この本には、お金は悪だとった偏った考え方を正すため、お金の本質、お金の必要性、お金の正しい価値などについて非常にわかりやすく説明されていますので、まず親自身がお金のことを正しく理解することができるようになります。そして、お金に対して正しい理解を得ることで、そのお金に対すr知識を子供たちに教えることができるようになります。「自分の子供にはお金のことで困ってほしくない」と思っている親は多いと思いますが、何をどうすればいいか明確な答えを持っている人は少ないと思います。そんな親たちに、子供に対してお金のことをどのように教えてあげればいいかの答えがこの本には書かれています。この本を読み、この本の内容を子供に話してあげることで、子供に正しいお金に対する考え方を身に着けさせることができます。

また、お金の本質として、投資の重要性が書かれています。日本人の多くは、投資は危険であったり、ずる賢い方法であったり、投資に対して偏った考え方を持っている人は少なくありません。その結果、日本人は銀行の口座に預けているだけでの人が最も多い人種と言われています。しかし、貯金だけのリスク、投資の必要性がわかりやすく書かれていますので、投資が苦手、投資が嫌いという考え方を持った人が周りにいる人にとっては、この本に書かれていることを説明するだけで、そういった人たちの偏った考え方を正すことができる可能性があります。お金の正しい知識は、自分だけでなく周りの人まで豊かにすることができるということをこの本は教えてくれます。

そうしたお金のことに対して、村上ファンドの村上氏という金融業界で名前の知らない人はいないという実績を持った人が書いていますので、その説得力は間違いありません。成功している人が説くお金の本質は、大人から子供まで広く知っておきたい基本的な知識です。

小さな子供を持つ親世代に読んでもらいたい

この本は、村上氏が中高生の人たちに向けた本という形式になっています。しかし、この本は、小さな子供を持つ親世代に読んでもらいたい内容です。その理由は、お金のことを教えるのは、学校ではなく親だからです。お金の知識がないことが原因で、子供が将来お金のことで困る、お金に対する知識がなく騙されたり損したりする、そんなことが起きたときの責任は、お金のことをちゃんと教えなかった親の責任です。

これからのグローバル化が進む世界では、英語に加えてファイナンスの知識は必須になります。そのための基本知識こそがお金の本質です。ところが、そんなお金の本質について学校の授業で教えてくれることはありません。そのため、親がしっかりと子供にお金の正しい知識を教えてあげる必要があります。親たちが子供たちにお金の正しい知識を教えるために必要なことは、この本にわかりやすく説明されています。

お金のことは苦手、そんな人たちでも簡単に理解できるように難しい専門用語は等はありません。また、村上家で実際に村上氏が自身の子供たちにお金の本質を教えるために実践した方法も紹介されています。それもすぐに実践できるようなものばかりです。そのため、この本は、小さな子供を持つ親、特にお金に対して子供に教えることができないと思っている人には、教科書として使えるものです。文章自体も読みやすいので、子供と一緒に読むこともできます。子供に正しいお金の知識を教えたい人に本当にお勧めの本になっています。

www.buzzfeed.com

いま君に伝えたいお金の話

いま君に伝えたいお金の話