ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。江上治

現在、預金をしていても預金金利が低くお金が増えていきません。その中で、日本の人口が高齢化していき、私たち現役世代は公的年金のみで生活する事が出来るのか今後分からない時代になってきました。また、お金を増やそうという気持ちが間違った知識により、逆にお金を減らしてしまうという事が多々あります。例えば現代社会においてお金を増やす方法というのは、本業と副業です。

そして副業の中にも多種多様の副業があり、その最たる例が株式投資やFXトレードというものだと思います。ただし、前述にあげた方法はお金を増やすための一つのツールであり、高度な知識やテクニックを必要とされるものであり不確実性が高いと言わざるをえません。

また、現物(現物と現金を交換する)取引はまだしも信用(証券会社がお客様に、「現金」または「株式」を貸すことによって、成立する)取引では思わぬ損失があり、挙句の果てには破産となってしまう事も珍しい事ではありません。本書では、そういった不確実性なお金の増やし方ではなく、本業である仕事と両立させ長い年月をかけ資産を形成していく為のお手伝いをする本だと思います。本書の内容としては、32歳既婚、子供は2人、職業は雑誌編集者、住宅ローンと教育費の悩みを解決する為にお金の増やし方を、庶民を代表して富裕層専門カリスマファイナンシャル・プランナー(以下FP)の江上治先生に教えて貰うという内容になっています。

この本の著者である江上治先生はまず、お金を確実に増やす為にライフプランを作成するようです。江上先生自身も人生で成し遂げたい目的とその為の動機や理由、そしてその為に何をするべきかを一枚のシートに書き起こすそうです。そして、この本の中でもごく平凡な雑誌編集者の日々のお金の使い方に踏み込み、これから起こるライフイベントに対しその目的を達成する為にはどのくらいのお金が必要でその為に何をするのかといった事に切り込んでいきます。

一例として紹介しますが質問に訪れた雑誌編集者はとにかく「お金」に悩んでいました。なぜなら、今の時代真面目に働いたところでお給料は上がらないし、ボーナスもでれば良い方です。また将来年金は今以上に貰えなくなるとか、受給年齢が引き上げられるとか気持ちがふさぎ込むような話題ばかりで漠然と不安を持っていたみたいです。そこで、FPである江上先生がお金の相談にのり、問題を一つ一つ解決していき、徐々に相談者の教育や老後への不安を取り除いていくという本になります。

お金が増える方程式を具体的な例から学べる


役立った内容としてはお金が増える方程式はシンプルでひとつだけという事です。シンプルにお金が増える仕組みを理解しそれを実行していくだけだという事です。本書ではお金の増やし方を紹介していますのでいくつか紹介していきたいと思います。まず、人生の必要経費についてです。

人生にはいくつかのライフイベントがありますが実際に幾ら掛かるのか理解しておくという事です。まず、教育資金が1人子供がいる事により大学までいかせたと仮定したら1000万円掛かります。それに、重要なイベントである住宅の購入や、住宅の次にお金が掛かると言われている保険の購入。また、老後はどれくらい生きるか分からないのである程度の資産を用意するべきです。以上のライフイベントに掛かる発生費用を逆算して現役時代から準備しておかなければなりません。以上の事を理解していなければ貧乏という、負のスパイラルから抜け出すことは出来ません。きちんと、準備しておけば恐れる事はと言い切っているのが心強いところでもあります。

次に本書で重要であるお金はどのように増やしていくのかという事です。お金を増やす事に一番効率的な事は「複利で運用する」ということです。具体例を挙げますと複利は、付いた利子にも金利が付くということです。100万円で年利10%ならば1年間で10万円の利子が付きます。1年経った場合は合計110万円です。この時点では複利も単利も変わりません。しかし、2年目の利息の計算方法から複利と単利では計算方法が大きく違ってきます。単利では、2年目の金利も10万円になり、1年目との合計が120万円でした。ですが複利は、1年目の利子と元金の合計110万円に金利が付くのです。複利の2年目は、1年目の利子と金利の合計110万円に10%の金利がかかります。ですから、複利で2年経った場合の利子は、110万×10%になり、121万円になるのです。この1万円の差は年数を重ねるごとに大きくなっていきます。利率には具体例に実感出来る便利な数式があり、それが「72の法則」ということです。

72÷金利で、お金が2倍になるおおよその年数が分かるそうです。上記でいうと、金利が10%ですから72÷10で約7年間でお金が2倍になる事を理解して頂けるかと思います。本書では、実際のお金の増やし方を投資信託の積立投資や外資保険、確定拠出年金等々で紹介していますのが、その中で自分に合う投資方法を探してみてはいかがでしょうか。


投資初心者や長期でお金を運用したい人におすすめ

オススメ出来る人は投資初心者及び確実に長い年数を経てお金を増やしたい人ならオススメだと思います。一方本書で紹介している運用方法はギャンブルではありませんので、一発逆転を狙いたい方や短期間でお金を増やしたい方には向いておりません。また、特にオススメしたい方は次の2つの方になります。一つ目は銀行預金のみの資産形成を行なっている方にも強くオススメいたします。

日本人の多くの資産形成の手段として元本保証である銀行預金がスタンダードになっていますが、現在政府が推し進めている2%のインフレーションが達成すれば銀行預金は実質目減りしていきます。その中で、インフレーションに対応している個人向け国債や積立式の株式投資を推し進める事により、資産を形成していこうと紹介しているのが本書です。ですので、現在会社員として勤めており、貯金は全て銀行預金で行なっているよといった方には、別のアプローチで資産形成を観ることが出来て新鮮ではないかなと思います。

2つ目は、資産形成を別のアプローチで行なって失敗してしまったという方です。正しい知識もなく株式のデイトレード(短期売買)やFXトレードを行い損失が出て投資の世界から足を洗ってしまった人にもオススメしたい著書となります。正しい知識を持つことで投資は危ないものではなく、資産形成の場になる事を再認識して貰いたいからです。
資産を長期間かけ、安全に運用する事でこれから起こるライフイベントにどっしりと備えていきましょう。

www.yutorism.jp

onew-web.net

給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。

給料が上がらなくても、お金が確実に増える方法を教えてもらいました。