ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを フィル・ナイト

まずこの本を読み進めていくと日本で言うところの靴バカであることがわかります。ナイキの創業者フィル・ナイトがどのように事業を始めどのように事業を拡大して行ったのかが自書伝のように書いてあります。フィルの事業のモットーとしては社員が自由に仕事ができることを常に考えています。

フィルが靴会社を立ち上げる前に世界中を旅することにしました。その旅がナイキを成長していくにあたって貴重な旅になったと後から本人は思います。最初からナイキというブランドで事業を始めたわけではなく「ブルーリボン」という社名からスタートをしました。

また、日本との関係も深く、日本の企業との関係がなければいまのナイキはなかったと言っても過言ではありません。まず最初の事業としてはフィル・ナイトが以前から気になっていた日本の靴ブランド「オニツカ」をアメリカで販売してみる事業からスタートをしました。

 アメリカでの売り上げは年々伸びて行く中、「オニツカ」がもっと売り上げが伸びそうな販売会社を探しているという情報を得た時にフィルを含む、事業を一緒にやっているジョンソンやヘイズなどの役員たちは「オニツカ」に頼るのではなく、自分たちで新しい靴ブランドを立ち上げようとします。フィルとの共同創業者である、ビル・バウワーマンはフィルの恩師であり、どうしたらもっと早く走ることができるのかを日々研究していました。バウワーマンは自分で靴を作ってしまうほどの人であり、数々の靴を提案し、ブルーリボンが販売しました。

また、選手たちにさまざまなドリンクを作り研究をしそれが今で言うところのゲータレードを作りました。バウワーマンという恩師がいなければ選手にとってより良い靴を世に提供することはできないでしょう。また、「ブルーリボン」が多額の借金を抱え、銀行の借り入れができない時にも日本の商社が関わっていることにも触れています。それが「日商岩井」です。お金を返せるかもわからないフィルの会社に対して可能性を感じ借金の肩代わりをしてくれたところも詳細に書かれています。

フィルの家族についても書かれており、妻ペニーとの出会いから現在に到るまで書かれています。ペニーはフィルの教え子でもあります。会計に長けており、「ブルーリボン」の会計も担当していました。その後フィルと結婚、2人の息子を出産をしました。どんな時もフィルのそばにいて支えてくれているとこが書かれており、不安も漏らすこともあったようですが、フィルを信じてついてきてくれています。この本はいつでも素直になること、人とのつながりを大切にすること、どんな時も自分を信じ走りづつけることの大切さが書かれています。

止まらず走り続けることの大切さを学べる

この本で一番役に立ったと感じることは、止まらず走り続けることの大切さです。人生はゴールのない道をひたすら走っています、これはまさにマラソンと同じであると言えます。どんなに偉大な人でも、どんなにお金持ちの人でも最初は少しのお金から全てをスタートしているということがわかります。お金が手元になくてもフィルのように父親から、友人からお金を借りて事業を起こしています。お金を借りてでもやりたいことがあるということは素晴らしいことでもあり、その勇気が普通の人ではできないでしょう。しかし、自分を信じてやりたいことをまっすぐにやってのけるところ、困難な状況になっても切り抜けることができる頭の良さもあっていまのナイキがあると言えます。

 

また、フィルを含む役員の人たちは「お金」目的ではなく、誰かのために役に立ちたいとおっしゃっています。それはビジネスをする上ではなかなか思わないことではないでしょうか。どうしても人は儲かりたい。お金持ちになりたい。と思ってビジネスをする人が大多数かもしれませんが、このナイキの精神としては「お金は単なる手段でしかない」と書かれています。世に自分の商品を広めるためには広告を打たなければなりませんし、開発にもお金がかかります。そのようなことをするにはやはりお金が必要になってきます。つまり、お金は事業を維持するための道具であり、決して自分たちがお金持ちになりたいからということではないとこの本には書かれており、その精神は私たちにも必要なのではないでしょうか。さらに先見の目もビジネスには必要だと教えてくれています。どんなビジネスも世に広まっているものを新たに参入しても対してお金は入ってきません。それに世の中の人も見向きもしないでしょう。

 

しかし、フィルは第二次世界大戦後の学生時代に思ったことはマラソンは競技でしかないと世の人は思っているのではないか。こんなに素晴らしいスポーツは選手だけでなく、一般の人にも広めていくべきだと考えます。そのためには靴は必要であり、それは数千年前から人間は履き続けています。その時代のマラソンは野球やバスケットボールと違ってかなり見下されていたスポーツで一般の人にも関心がなかったようなのです。

一方、フィルは違った視点をしており、もっとマラソンというスポーツを広めていくには靴はかなり重要であり、選手が履いているようなシューズを広めていけば、マラソンも見下されずしかもビジネスになるのではと考えました。やはり人と違ったことをやっていくことは自分の可能性を広げることだけでなく、ビジネスにもなるということがわかります。そして最後にどんなビジネスにも人とのつながりは重要であるとこの本は伝えてくれます。フィル一人だけではとても会社を立ち上げることができませんし、成長ささせることもできません。友人から取引先の人とも繋がりを大事にし、時には切り捨てるということも重要であると教えてくれます。

これから自分でビジネスをしようと考えている人におすすめできる一冊

これから自分のビジネスをしようとしている人にはぜひ読んでもらいたい本だと言えます。なぜなら、この「シュードック」はあの有名なビル・ゲイツやヴォーレン・バフェットもオススメの本の一冊であるとおっしゃっています。それほどまでに強烈な印象をこの著名人に与えたということはこれからビジネスを始めようとしている人にとっても非常に役に立つ本なのではないでしょうか。また、会社を立ち上げる気はない人でも主婦の人でもおすすめの本だと言えます。

なぜなら、自分は今後どのように生きていけばいいのかというヒントが書かれているからです。そのヒント以外にも「常に走り続けること」が人生にとって重要であると教えてくれています。自分の人生に行き詰まってしまった時、後ろを振り返るのではなく、ひたすら前に進めば自分の道は切り開けると教えてくれています。どんな時にも嘘はつかず、自分に素直になることで他人から信頼を得ることができると読み進めていく中で感じる人も多いでしょう。主婦の方でも子育てに追われて自分の人生について考えられなくなるかもしれません。ビジネスマンでなくても学生でもいいので自分の人生について考えた時にそんな時この本を読んでみてください。

必ずこの本を読むことによってヒントが得られるでしょう。何か1つやりたいことがあれば、それをやり遂げるという信念。ひたすら前に進み続けることの大切さを改めて感じるはずです。年を重ねていくとそのような気持ちが薄らいでしまいますが、この本を読むことによってその重要性に気づくでしょう。また、ビジネスマン、学生、主婦問わず、共通に言えることとは人との繋がりを大切にすることです。この本を読んでいると自分の殻に閉じこもってしまうのではなく、家族や友人とのコミュニケーションを大切にすることによって自分の進むべき道が見えてくるはずです。

www.lifehacker.jp

www.speed-kaitori.jp

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。