ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

フェラーリと鉄瓶 一本の線から生まれる「価値あるものづくり」 奥山清行 

日本人で初めてフェラーリなどのデザインを手がけるイタリアのデザイン工房「ピニンファリーナ」のディレクターになった工業デザイナー奥山清行(Ken Okuyama)が、自分の手掛けた仕事を振り返りながら、文化の違い、価値の創造、ビジネスとデザインの関係性などを綴った本です。

海外での仕事、人間関係などは主にピニンファリーナの舞台であるイタリアでの生活が中心に書かれています。イタリアとはどういう国か、著者がイタリアでの生活から得られた体験を面白くまとめていますが、日本から見た「イタリア像」とは随分とかけ離れた印象を持ちます。著者も指摘していますが、日本の社会システムがよくできていると感じさせる側面もあります。

 一方でイタリアの人々のつながりや「見栄の張り方」には興味深い一面もあります。例えば勤めたばかりの安月給の女の子が高級な毛皮のコートを買う理由などは思わず頷いてしまいます。そこには現代の日本人の持つ価値観とは確実に違った部分があり、イタリア人がどうやってイタリア特有のファッションを作り出し、それが高級ファッションであると言われる所以が隠れていたりします。

本書はやはりピニンファリーナのデザイナー、ディレクターであった著者の仕事であるカーデザインを中心に、イタリアのデザインや工業製品、つまり「ものづくり」についての話題が中心です。なぜイタリア製品が長く人々を魅了するのか、イタリアでイタリア人たちと仕事をしてきた著者だから分かる秘密が書かれています。

そしてデザイナーという仕事とは何か、著者の考えが記されています。デザイナーといえばデザイン画を描くことを想像しますが、デザイナーからディレクターの仕事を通して、著者の考えるデザインという仕事の役割や意味が著されています。著者は誰のためのデザインかということを問いかけながら仕事をしてきたといえます。そして「なぜこのようなデザインなのか」を説明出来ることで完成したモノの意味や価値を高めているように思います。

デザインとビジネスの関係性についても語られています。なぜフェラーリが一般的にな市場では考えられないような高額な車を作り売ることがビジネスとして成り立つのかを説明しながら、ビジネスにおけるデザインの重要性、デザインにおけるビジネスとの関係性を説いています。著者がデザイナーという仕事を語る通り、誰のためのデザインなのか、誰がクライアントなのか、誰のビジネスを成功させるためなのか、この目的を満たしていくことがデザイナーの仕事であり、ひとつの例としてフェラーリのビジネスモデルについて解き明かしていきます。

最後に著者の過去のデザイン作業や現在の活動を通して、クリエティブであり続けることや、デザイン哲学、現在の製品についての考えなどが書かれていますが、こちらは現在進行形である著者の活動を探りながら読むとより一層著者の手掛けるデザインの面白さ、奥深さを知ることが出来るでしょう。

デザインの仕事を通して人間のつながりが重要あることを学べる

誰しも海外での生活に憧れを持つと思います。そして世界に名を馳せる場所での仕事はそれだけでも夢になり得るでしょう。著者はそういう場所で仕事をしてきた人ですが、そのような煌びやかな世界ではなくもっと生活に根ざした部分でのことを語っています。

多くはイタリアでの生活についてですから、イタリアという文化の中に生きるイタリア人について著者の日本人としての目線で語られています。単純に日本とイタリアを比較しても意味は無いかもしれませんが、文化の違う人と一緒に生活することの面白さ、大変さなどがよく分かります。今では国内にいても外国の人と触れ合うことが多くなりました。

たったコーヒーだけでも文化の違いが如実に現れることが書かれていますが、そこには憧れや否定などではなく、ただ違うということを受け入れている著者の姿を想像すると、そういう人々を受け入れ、同時に受け入れられることで仕事や生活をしていくことが重要であり自然なことだと分かります。我々はよく海外と比較しがちですが、そこには良い悪いではなく、そんなもんなんだ、と受け入れることで十分であり、一方で日本人は日本人の合ったやり方があるのではないかと考えさせられます。

著者のイタリア人とのやりとりを見ると、デザインの仕事やビジネスという競争の世界であっても、人間としての繋がりが重要であることを感じさせます。誰のためのデザインかという問いかけは、もちろんクライアントのビジネスを成功させることの重要な要素のひとつと感じますが、人と人との繋がりがどう反映されひとつのモノとして作り上げられるのかがより重要であると感じます。たとえどこにいようと、誰と仕事をしようとも人間的な繋がりが最も重要であり、その中に自分の能力や才能、技術、哲学を発揮していくということが仕事の本質なのかもしれません。

そしてやはり興味深いのはどうしてフェラーリというメーカーのビジネスが成り立っているかという点です。最近ではよく走っている姿を見かけますがほとんどの人は買うことなどない製品を売ってもビジネスとして成り立つのはなぜか、そしてそのためにどのようなデザインが必要なのかという話は、我々が日々接している仕事やビジネス、あるいは生活についての価値付けについてのヒントになるかもしれません。ビジネスというのは製品やサービスにどのような価値付けをしていくかの作業であるという捉え方をすれば、フェラーリだけではなく、古くから続く伝統や人々の憧れとなるようなモノを提供し続けるイタリアの文化というものを深く探るきっかけになるかもしれません。
一方で著者がこの本の中心として記しているピニンファリーナのディレクター時代はリーマンショックの前でした。ちなみに本の出版も2007年ですからリーマンショックの前です。リーマンショック後、特にここ6、7年は世界経済の転換期となりEU、その中でもイタリアは政治、経済ともに今まさに混乱してるとも言えます。ひょっとしたらこの本に書かれているイタリアは「古き良きイタリア」になってしまっているかもしれません。しかし、この著者の記した話はこの先待ち受ける時代に関する示唆に富んだものになるでしょう。

デザインを志す人やビジネス哲学を学びたい人におすすめ

個人的な好みとしては著者のデザインした車はあまり好きではありません。しかし、デザイン哲学やビジネスの視点など、本当に学ぶことの多い本です。これを手に取る人の多くは車好き、あるいはフェラーリなどのスーパーカーのファン、もちろんデザイナー「Ken Okuyama」のファンかもしれませんが、デザインを志す人やビジネス哲学を学びたい人、異文化での生活に憧れる人などにもぜひ薦めたい一冊です。また純粋に外国の文化を学ぶという観点でも読む価値のある一冊だと思います。

著者はデザインという仕事を通じて、文化の違い、それぞれの文化の持つ魅力、そして何より人と人との繋がりの重要性を説いているように感じます。現代の日本の持つ閉塞感には、著者がイタリアでの生活や仕事を通じて見ていたものがデザインやビジネスといった分野だけではなく、日常生活や社会生活を過ごす上でのヒントになり得るのではないかと思います。確かにフェラーリは一般の人では買うことすら、ひょっとしたら乗る機会も無いような車を作って売るメーカーですが、その価値を作り出していくためのデザインとビジネスのプロセスは、それぞれの国や文化、人々の持つ価値観とも繋がっているということに気付かされます。前章でも書きましたが、もうすでにこれは「古き良き」価値観かもしれませんが、人と人との繋がりは我々の生活に欠かせません。

一人一人の生活に価値付けできるならば、心豊かな生活、そして現代の日本が抱える問題の解決の一旦を担うかもしれません。何より、異文化を知ることで日本という文化や社会を客観的に見るきっかけになることでしょう。著者がデザインという仕事をすることで決して忘れることのなかった人と人との繋がりが様々な問題の解決のヒントになるような気がしてなりません。その点では、どんな仕事をする人でもどんな勉強をする人にも示唆に富む、お薦めできる本だと言えます。

gigazine.net

フェラーリと鉄瓶―一本の線から生まれる「価値あるものづくり」

フェラーリと鉄瓶―一本の線から生まれる「価値あるものづくり」