ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

こうして、思考は現実になる パム・グラウト

「思考は現実化する」という言葉は最近よく目にするようになりました。様々な関連書籍が発売されていますが、この本は読者が読み進めながら実際に体験することを目的とした内容です。他者の体験談をもとに構成された内容は多く目にしますが、本書は読者が実際に体験できるように〝実験〟と題した課題が組み込まれた実践本です。

 著者はノンフィクション作家であり、エッセイストとしても活躍するライター。彼女がライターとして成功するまでに起きた奇跡も紹介されていますが、まさに思考は現実化する、そのタイトル通りのストーリーで、これがとてもユニークです。

彼女は一児の母であり、シングルマザーです。そういった境遇の中から現在の成功を築いたポイントにも、思考は現実化するという引き寄せの法則が活かされていたことがわかります。

小さなことの引き寄せから、後々振り返れば人生を変えることになる大きなきっかけまで、まるで彼女の人生すべてが自分の思う通りに叶えられているように感じられます。

初めはたまたまこの著者にだけ訪れた奇跡だと感じてしまいますが、読み進めるうちに、これは奇跡とは言えないのかもしれないと思い始めているはずです。

同時に、著者が実際に体験した、思考が現実化していった話が多く登場しますが、これが、読者を引きつけます。著者の実体験は初め、彼女だけに起きた奇跡のように思えますが、いくつもそのような話が出て来ると、もはや奇跡ではないのかもしれない、と思わされるようになるのです。

 

筆者の実体験のほか、友人や知人の体験が数多く紹介されています。単なる偶然、世自分とはほど遠い世界の出来事、と思いがちですが、これらが実話であり、著者の周りでも同じような体験をしている人が多くいることの証明でもあります。自分の周りでも小さなことから奇跡が起こせるのではないかと思う読者も多いのではないでしょうか。

本のタイトルに「こうして」とあるように、本当に、思考は現実化するのか?という疑問を持ちながら読んだ読者が、実際に小さな実験を行うことで、自らが思考が現実化するのを体験することができます。実験を行うかどうかは読者次第ですが、実際にネット上では実体験を告白している人が多く存在するのも事実です。

全体的に読み進めやすい文章になっており、比較的分厚い書籍ですがすらすらと最後まで読んでしまいます。言葉も難しくなく、そのメージの多さから敬遠しがちな方にもおすすめします。

本書の冒頭にもありますが、これらの実験は項目ごとに読み進めることもできますし、気になるところから読み進めて実践していくこともできます。こちらも読者のやる気が自然に起ってくるようなポイントになっています。

意識することでどんどん思考が現実化していく

本書には「欲しい車があると、その車が目の前に現れるようになる」という話が出てきます。これは、あの車が欲しいな、と意識するようになった瞬間から、その車を街でよく見かけるようになる事象です。実際にそういった体験をしか方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。最近やたらとあの車をよく見るな、と思う時はその車を意識して見ているから。それまでは意識していなかったために、目の前を通っても自分の中では認識されておらず、存在していないのも同然なのです。

 

そういった体験を実際に行う実験も紹介されています。例えば、「今日は黄色いチョウを見よう」と意識すると、実際に飛んでいる黄色いチョウでなくとも、街中の看板に描かれているチョウを見つけたりするようになるという体験です。とにかく小さなことから奇跡の体験を積み重ねていくと、どんどん思考が現実化していくと著者は述べています。

 

私はこの体験を読んだ時、ちょうど引っ越しを考えていた時期で、新居を探しているところでした。私の中でこういったところに住みたい、という具体的なイメージはあったのですが、物件サイトで探してもなかなか理想に合うものがなく、不動産屋を訪ねても難しい条件だということが分かりました。引っ越しの期日が迫っていたためいくつかの条件は妥協するしかないなと思い始めていました。

 

しかし、心のどこかで諦めきれず、退去日まで残り一週間というところまで来てしまいました。もう絶対に今日決めなければ引っ越しが出来ないというその日の朝、いつも見ていた物件サイトを見たところ、これまでになかった新しい物件が紹介されていました。そこがまさに自分の理想通りのところだったのです。信じられない気持ちですぐに不動産屋に電話をし、すぐに物件の詳細を確認したところ、やはり自分のイメージ通り。その日のうちに下見をお願いし、その日の夜に契約に至りました。

 

この出来事は今でも強く印象に残っていて、物件紹介の一枚目の写真に陽の光りがさんさんと降り注ぎ、輝いていたイメージと共に忘れられない記憶となっています。思考が現実を引き寄せるという、本書の著者のような体験を自分が体験することになるとは思ってもみませんでした。

 

そして、この体験を今になって振り返ると、「必ずイメージ通りの物件がある」という根拠のない自信が心のどこかにあったことを覚えています。自分が心の底から信じていることが形になる、という実体験はこのときが初めてでした。

 

本書の中で紹介されている実体験にも出てきますが、思考が現実化するまで時間がかかることもあります。何か月、何年もかかる人もいます。そう思うととても大変なことのように思えますが、何より未来を信じて諦めないことが理想を形にすることにつながるのでしょう。先述の私の体験も、物件を探し始めてからほんの一か月ほどのことでしたが、本当に最後の瞬間まで諦めなかったことが功を奏したのだと思っています。

思考をつかって理想の現実を引き寄せたい方は必読

「引き寄せの法則」という言葉が話題になっていますが、どこかスピリチュアルで霊的な感じがするため、そういったものに抵抗のある方は少なからずいらっしゃると思います。しかし、これは誰かの奇跡の体験を書き連ねたものではなく、自分で体験できる内容です。現実的なことしか信じられない、という方にこそ手に取っていただき、どうせそんなこと起きるはずがない、という軽い気持ちで「実験」に挑戦していただきたいと思います。

また、イマイチ自分に自信が持てない、という方や、なかなか仕事がうまくいかない、といった悩みを抱えていらっしゃる方にもおすすめです。本書は自己啓発本の役割も十分に果たします。

思考は現実化するのが事実ならば、マイナス思考が自分の今の現実を引き寄せていることになります。本書の中でも、自分に対するマイナスな思い込みを強制的にプラスに変換することの大切さが語られています。本当は奇跡的なことが自分の周りで起きているかもしれないのに、マイナスなところばかりに着目している間に、自分にとって大切な奇跡を見過ごしてしまっている可能性があるからです。反対に、幸せそうに見えるひとは、自分の周りの幸せな事象にきちんと気がついているのかもしれません。

本書で紹介されている実験は、まずは頭の中でイメージする、というところからスタートします。とても簡単でお金のかからない内容です。簡単だからこそ、どんな状況の方にも気軽に取り組める実験です。これを繰り返し訓練すれば、思考が現実化する体験を重ねることになり、それがいつしか著者のように、思考をうまく使うことで理想の現実を引き寄せることが自在にできるようになるかもしれません。奇跡の体験をしてみたい方にぜひおすすめしたい一冊です。

world-fusigi.net

こうして、思考は現実になる

こうして、思考は現実になる