ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

稲盛和夫の実学-経営と会計 稲盛和夫

京セラの創業者である稲盛和夫氏が、自身の経営哲学をベースに確立した「会計の原則」を解説した本です。それには七つの原則があります。

①キャッシュベースで経営する
売掛金が在庫が増加すればお金はそこに吸い取られる、借入金を返済すればお金が消えてしまう。「儲かったお金がどういう形でどこに存在するのか」、このことに意識を向け、儲かったお金を把握する経営をすることが大切です。

②1対1の対応を貫く。
帳簿の世界では、「モノとお金」が一対になっています。経営が苦しい状況であったとしても、この1対1の対応を貫くことが大切です。この原則を崩してしまった先に、粉飾会計などがあります。
③筋肉質の経営に徹する
会社の機械、備品等を中古品で我慢する、固定費の増加を警戒することなどです。
④完璧主義を貫く
曖昧さや妥協を許すことなく、あらゆる仕事を細部にわたって完璧に仕上げることを目指すことです。
⑤ダブルチェックの原則
伝票を起こす人とお金を扱う人とを分けることが重要です。
⑥採算の向上を支える
生産性を上げ、コストダウンを常に工夫する。
⑦透明な経営を行う
心をベースにした経営(社員との信頼関係を築く)をし、経営者が誰から見てもフェアな行動を取るなどです。

この七つの原則については、稲盛氏ご本人が実地で仕事をしていく中でたどり着いたものであり、そのひとつひとつにリアリティと説得力があります。最高の経営を実現するために、あくなき探求心で会社関係者に関わっていく氏の姿勢はとても模範的であり、随所に学ぶべき部分が満載です。

本書の後半では、「経営のための会計学の実践」として、盛和塾(稲盛和夫氏の塾)での経営問答があり、「先行投資の考え方について」、「大手との提携による資金調達について」、「拡大による借入金の増加について」、「経営目標の決め方について」、「原価管理の問題点」、これらについて、稲盛氏による回答がなされています。

本書において、「人間として普遍的に正しいことを追及する」という経営哲学は一貫していて、すべての会計原則がこれに基づいて考えられています。会計規律を保つための管理システムは、決して複雑で最先端である必要はなく、先の経営哲学に則って進めれば、シンプルでプリミティブなシステムで十分である。このような会計の考え方やシステムは、不正を防ぐというだけではなく、企業の健全な発展のためにも必要不可欠であるというのが、稲盛氏の主張です。


物事の本質を追求して必ず行動や実践に移すこと

経営にとって大切なものの大前提が、「原理原則に則って、物事の本質を追及して、人間として何が正しいのか判断する」、それを判断のベースにするべきと書かれていて、とても勉強になりました。これは、本書で出てくる会計の七つの基本原則にも密接に関わっていて、もっとも大事にしたい基準だと思います。経営であれ、会計であれ、公正であることは企業の健全な成長に不可欠なものです。これが崩れ出すと、不正会計が行われて粉飾決算などがなされたりなど、アバウトで緩いことが常態化してしまい、そのまま会社そのものを蝕んでいきます。そういった事態を防ぎ、健全な規律を保つという意味でも、「原理原則に則って、物事の本質を追及して、人間として何が正しいのか判断する」ことは、大変意義深いものです。

また、「売上を最大に、経費を最小に」という格言も、経営を成功させるためには、常に頭になくてはならないものだと感じます。稲盛氏は、自身の会社がまだ小さかった頃、中古品の機械を工夫を凝らしながら使い、経費の節減に努めていました。こうした地道な節約も、積もればやがて大きなお金になっていきます。経営の本分は多くの売上を上げて利益を残すことですが、経費は削減した分がそのまま利益になります。こうした経営を行って行くことが、ぜい肉のない筋肉質な会社を作っていくのだなと感じました。
稲盛氏の言葉には、「何かを成そうとするときは、まず心の底からそうしたいと思い込まなければならない」というものもあり、これは氏の経営哲学に通ずるものだと思います。私自身も、今は何もなくとも、このことをすぐにでも実践しようと思いました。何かをしたいと心の底から願うことからすべては始まり、そこから、そのためにどうすれば良いのかというステップに進めるのです。

本書を読んでいて稲盛氏に対して感じたことは、分からないことは納得のいくまで関係者に聞く、尊敬する方(松下幸之助氏等)に言われたことをすぐに実行に移す、とにかく行動力のすごい方だなということです。成功している人というのは、例外なく「行動、実践」しています。確かに、本を読んだだけでは現実は1ミリも変わりません。自分の強い思いを実現させるために、どれだけ行動できるかがやはり重要で、私自身も、どんどん動いていくことをまさに実践しなくては、と思った次第です。稲盛氏の不屈の精神には、とても勇気をもらうことができ、今後のためにもとても良い読書になりました。


現状に迷っている経営者やビジネスマンにおすすめ

経済の成長神話が崩れ去り、グローバル化が進む現代の企業環境では、経営者やビジネスマンが会計原則に則って経営の実態を正確に把握し、会計処理を行って行くことが求められます。会計は現在経営の中枢をなすものであることからも、この本は、会計に関わる問題で現状に苦しみ、何をしていいのか迷っている経営者、ビジネスマンに向けられたものです。
「企業経営の原理原則とは何か」、これについて考え続けてきた、稲盛氏がたどり着いた「会計の七つの原則」は一読の価値があり、実際の経営にも即役立つ情報が満載です。この原理原則の根本にあるものが、「物事の本質を追及して、人間として何が正しいのか判断する」ことです。稲盛氏の経営哲学はこれが判断ベースにあります。
経営をする上で、会計を理解しているのとしていないのとでは、会社の成長力におおきな差が出てきます。それどころか、会社を取り締まる経営者が会計を知らないままでいると、不正な会計が起きる土壌を野放しにしてしまうことにもつながります。それは会社の存続危機にも関わることであるため、不正を防ぎ、会社の健全な発展のためにも、経営者にとって会計知識の習得はもはや必要不可欠なものと言えます。

それを喫緊の課題としている経営者の方から、将来起業して自分の会社を興したいと思っていて、会計について勉強したいと考えている若い世代の方まで、稲盛氏の経営と会計の考え方について学びたい場合に、とてもおすすめな本です。

www.visionseichou.com

稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計