ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン、田口俊樹(訳)

フリーコンサルタントでベストセラー「まず、ルールを破れ」「最高のリーダー・マネージャーがいつも考えているたったひとつのこと」「最高の成果を生み出す6つのステッップ」(いずれも日本経済新聞社)など作家活動もしているマーカス・バッキンガムと「ポジティブ心理学の祖父」「強みの心理学の父」としてギャラップ社の元会長でもあったドナルド・O・クリフトンの共著です。

本書は、「強み革命」を起こすことを目的に書かれました。

続きを読む

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 カーティス・フェイス

この本は、伝説のトレーダー集団と呼ばれたタートルズの中で最年少にしてトップレベルの成績を収めたカーティス・フェイスが書いたトレード指南本です。優秀なトレーダー集団を作ることはできるか。優秀なトレーダーは育成できるものなのかという二人のカリスマトレーダーであるリチャード・デニスとウィリアム・エックハートの賭けから始まったプログラムでした。この本が出版されたのが2007年。そこからさかのぼること20年前にこのプログラムは始まりました。

リチャード・デニスとウィリアム・エックハートは先物取引を行うトレーダーでした。今でこそ投資と投機については一般的なマネーに関する本でも紹介されていますが当時はその差が曖昧でした。

続きを読む

働き方完全無双 ひろゆき

この本は匿名掲示板「2ちゃんねる」の元管理人ひろゆき氏による、現代の働き方について、またこれからどう働いていくべきかについて語った本です。
2ちゃんねると言えば日本最大級の匿名掲示板で、公序良俗に反した反社会的な話題で自由に匿名で語ることができる場として一世風靡しました。

一方で警察や裁判にもたびたび厄介になり、もっぱら世間を騒がせた掲示板でもありますが、管理人のひろゆき氏自身の考えは私たちが感じていたよりもゆるやかで、いかに彼自身が柔軟性がある人物なのかを感じさせられる書籍となっています。

続きを読む

マンガでわかる女性とモメない職場の心理学 「何が自分と違うのか?」から気持ちをつかむ会話術まで ポーポー・プロダクション

誰しも女性社員との関係性に悩んだことがあるのではないでしょか?そのような悩みを抱えている人の助け舟となるポーポー・プロダクションのマンガでわかるシリーズです。
本書は200ページ程度のボリュームでありながら、オフィス内で女性社員と円満な人間関係を築くためのポイントが凝縮されています。

1章では、女性と男性との物事の捉え方や認知能力の違いについて、簡潔でありながら説得力のある説明により理解を進めることができます。例えば、女性と男性の違いについて女脳・男脳というワードをよく耳にするかと思います。

続きを読む

10年後の仕事図鑑 堀江貴文・落合陽一

数々の事業を立ち上げる屈指の実業家である堀江貴文氏(SNS media&consulting 株式会社ファウンダー)と、研究者・ 教授・メディアアーティストなど数々の肩書きを持つ落合陽一氏の二人による一冊です。

インターネット、AI(人工知能)、仮想通貨などの発展により、今後我々の生活にどのような影響が及ぶのかを、様々な仕事に具体的に当てはめて解説しています。
チャプター0では、今まで普通だった終身雇用などの慣習が、これからの時代に通用しないことについて言及し、”画一的な幸せのロールモデル”がこれからの時代に存在しないことを注意喚起しています。

続きを読む

新・観光立国論 デービッド・アトキンソン

訪日外国人旅行者数が2000万人を超え、さらに東京オリンピックも控え活気づく日本の観光産業。
クールジャパンやビジット・ジャパン・キャンペーンといった政策が大成功収めているような報道もされています。

それに対して、決然と異を唱えたのが本書。
日本が観光立国となれるポテンシャルは認めながらも、現状の観光政策及びサービスでは世界レベルに達していないとズバリと指摘してみせます。厳しくも的確かつ愛のある指摘が満載の本書はベストセラーになり、一躍著者の名前を有名にすることになりました。本書の著者は、イギリス出身のアナリストであり経営者でもあるデービッド・アトキンソン氏。

続きを読む

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 岩崎夏海

この本の著者の岩崎夏海さんは、1968年生まれの東京都日野市出身の男性です。東京芸術大学建築科を卒業されており、放送作家や小説家として活動されている方です。放送作家時代は秋元康さんの弟子として、「ダウンタウンのごっつええ感じ」「とんねるずのみなさんのおかげです」等の人気番組の制作にも携わっておられました。

また、後にはアイドルグループAKB48のプロデュースにも関わっておられます。現在は、ご自身の叔父さんから引き継いだ児童書出版社「岩崎書店」の社長をされています(創業はご自身のお祖父さん)。

続きを読む

できる人の勉強法 安河内哲也

この本は、タイトルのとおり勉強法について書かれた本です。いまやテレビに引っ張りだこの、林修先生と同じ東進ハイスクール講師の安河内哲也先生による著書です。安河内先生も非常に有名な先生ですので、ご存知の方も多いかもしれません。多分野にわたりご活躍されていますが、一番の専門分野は英語教育と言えます。

この本では、そもそもなぜ勉強をするのか、勉強とは何なのかという導入に始まり、勉強の継続方法、具体的な暗記のテクニック、有効な勉強ツール等のハウツー情報が盛り込まれ、最後に勉強をするとどれだけ自分の人生が豊かになるのか、ということが書かれています。

続きを読む

誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たちスティーヴン・ウィット

00年代に入るまでCD産業は右肩上がりで急成長を続け、ミリオンヒットが当たり前のように出ていた時代を覚えている人も多いことでしょう。
ところが、10年代も終わりに差し掛かった今現在、ミリオンヒットのCDは絶滅危惧種になってしまっています。
YouTube、iTunes、Spotify、数々の新しいテクノロジーの登場にCDを始めとする音楽産業の衰退の原因を指摘する声もあります。

確かにこれらのサービスはCDを王者の座から追いやりましたが、それ以前に音楽産業にダメージを与え、体力を着実に削り続けていた存在があります。
そう、海賊版サイトによる違法ダウンロードです。

 

本書は、90年代以降の音楽シーンの動向を振り返りながら、いかにして海賊版サイトが巨大産業を破壊していったのかを明瞭に描き出します。

続きを読む

ワルが教える不動産投資マニュアル―建前抜き。本音で語る土地儲け学  風間俊二

この本は、不動産ビジネスで大儲けした不動産屋さんの不動産投資指南書です。すでに、一生食うに困らないほどの資産を蓄えた作者である風間さんですが今も不動産ビジネスに携わっております。というのは彼にとって不動産ビジネスというのはダイナミックで愉快なゲームだからだそうです。

不動産売買で大儲けした話や不動産を貸す事で収入を得る方法などの指南、そして、不動産売買という一生のうちで一般の人にとってはほとんど関わる事がないにもかかわらず一生を左右するほどの買い物であるマイホーム、その恐ろしさや不動産を活用できず宝の持ち腐れ状態になっている人向けに書かれています。本書は、不動産投資全般を網羅しているところにあります。

続きを読む