ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる  ロバート・キヨサキ

この本はどのように考え、行動すれば経済的な自由を手に入れ将来的にリタイア生活を送れるかということについてロバート・キヨサキ自身が体験した経験を元に詳しく書いてあります。その中でも作者のロバート・キヨサキはキャッシュフロー・クワドラントというものを正しく知り、それを考え、自らの現在の働き方、将来的にどうしたら良いのかを考え、行動することが大切であると考えている。

続きを読む

「言いたいことが得ない人」のための本-ビジネスではアーサーティブに話そう! 畔柳修

この本は、ライフデザイン研究所所長の畔柳修氏の著書です。
職場のコミュニケーションにおいて、「言いたいことが相手にうまく伝わらない」「必要以上に厳しく言いすぎてしまう、または萎縮してしまう」など、ビジネスの場でのコミュニケーションは悩むビジネスマンは多いと思います。
本書では、「アーサーティブ」に話すことでビジネスでのコミュニケーションがうまくいく方法について書いてあります。

「アーサーティブ」とは、自分の気持ち・考えを「攻撃的になることなく」「萎縮することなく」適切に伝える態度・ふるまいのことです。

例えば、トラブルが発生し上司に事情を説明したいのに、上司がまったく聞いてくれず一方的に怒鳴られることはありませんか?頻繁にミスする部下に、上司として注意しなければならないのにどのように伝えたらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

ファストフードが世界を食いつくす エリック・シュローサー

この本はファストフード問題に焦点を当てたビジネス本です。フードビジネスにおいてはかなり有名な本でもあり、「ファストフード・ネイション」という名前でも知られています。

タイトルからわるようにフードビジネス、特にファストフードビジネスに焦点を当てた本であり、現代のフードビジネスを考える上で欠かせない本になっています。本の構成はジャーナリスト色が強いですが、全くファストフードビジネスについて知らないという人でも簡単にわかるように丁寧に解説されているのは良いところです。

この本のメインテーマはファストフードですが、健康や食事の問題について幅広く扱っているところも良い点でしょう。こうしたテーマについてファストフードの起源について迫ることで深く解き明かしていきます。ファストフードビジネスが現在のような形態になったのはごく最近のことだということも読み勧めていくうちにわかります。

続きを読む

まんがでわかる 7つの習慣

私がオススメする最近読んだビジネス本は、「まんがでわかる 7つの習慣」です。フランクリン・コヴィー・ジャパンが著者の7つの習慣を、漫画で誰でも分かりやすく要約したのがこの本です。

イラストを担当したのは、「校舎のうらには天使が埋められている」でお馴染みの小山鹿梨子で、男女問わず親しみのある絵ですっきりとまとめられています。7つの習慣は、ビジネスマンの心構えを紹介する本として、新入社員の課題本として勧める会社も多くあると思います。

また、これを何回も繰り返し読んでいるビジネスマン、起業家、その他の職業のプロフェッショナルも多いと思います。

続きを読む

20代で知っておきたいお金のこと 岡村聡

この本の著者は、岡村 聡さんです。東京大学工学部卒し、その後東京大学大学院学際情報学府修了しています。

経営コンサルティングファームや、マッキンゼー・アンド・カンパニーで仕事をし、その後いくつかの国内金融会社をまわってきた。2010年に独立をするために退社しました。その後、奥様と一緒に株式会社S&Sinvestmentsを創設しました。主に、若い世代を対象に、お金に関する知識の向上を支援しするため、セミナーやメディアでの執筆を行っています。雑誌・ラジオにも多数出演している方です。

本のタイトルは、『20代で知っておきたいお金のこと』です。本屋のメイン売り場に置いてあります。金融関連の本のなかでも、見つけやすいところに置いてあるでしょう。

この本は、お金と向き合う上で知っておきたいことが浅く広く書いてあります。特に、20代に向けたお金に関する教養本と言えるでしょう。この時代に合わせた、必要のあるお金についての知識を身につけられます。

続きを読む

会って3分 話して1分 初対面で売れる技術 井上 健哉

「会って3分 話して1分 初対面で売れる技術」の著者である井上健哉さんは、大学卒業後入行した銀行で、わずか2年4ヶ月で140以上もの新規融資取引成約を獲得しました。
その後入社した生命保険会社では、こちらも瞬く間に数多くの成約を獲得した経験をもつ、所謂やり手のセールスマンです。

これらの経験で培ったノウハウを中小企業を相手にした経営コンサルティング業や、自ら立ち上げた企業運営、講演に活かしています。

続きを読む

スタンフォードの自分を変える教室 ケリー・マクゴニガル著 神崎朗子訳

スタンフォード大学の心理学者ケリー・マクゴニガルが自身の公開講座の内容を基にまとめたものです。マクゴニガル氏は健康心理学と言われる分野の研究をしており、ヨガ、瞑想、統合医療に関する研究を扱う学術専門誌の編集主幹も務めています。心理学的なアプローチを取りながらどのように、あるいはどうしたら健康的な生活を過ごしていくかを研究しています。

この本では心理学的な研究や心理学的な視点を中心に、人はなぜそのような行動を取ってしまうのか、その行動にある心理的側面を示しながら、人間の行動の裏側を解説していきます。現在の自分の状況や自分の行動を改善しようとしてる読者に対して、心理学的な研究例を交えながら心の動きの裏側を知ることで、一人一人が自分と向き合い改善していくアプローチを見つけていくヒントを示しています。

続きを読む

金融入門 第2版 日本経済新聞出版社

経済の基本がわかるようになる本です。この本を読めば、毎日のニュースをより深く理解することができます。編集は日本経済出版社で、国内外の金融界について長年取材を続けきたベテラン記者によって書かれた本です。
金融についてまったくわからない、これから金融を勉強したい、という人と対象に書かれています。
本書は新書であり、また池上彰氏のような話口調のような構成ではありませんので専門的で難しいと思う人もいるかも知れませんが、基本的な内容は網羅されており、比較的わかりやすく解説されているのが特徴です。

続きを読む

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる! 海老原 嗣生

「面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと」を書いたのは、海老原 嗣生さんという方です。
海老原さんは株式会社ニッチモ代表取締役や株式会社リクルートエージェントソーシャルエグゼクティブなどに就いています。
経済学部を卒業後、カメラ製品で有名なリコーからリクルートエイブリック、リクルートワークス研究所と渡り歩いてきました。

海老原さんが代表取締役を務める株式会社ニッチモは、主に出版や広告の企画に制作、編集をしている会社です。

他にもマーケティングリサーチ、ビジネスや宣伝コンサルティング、講演などのイベント企画もしています。

続きを読む

友だちをつくるな 千田琢哉

この本は、「人間関係」「仕事術」「勉強法」等、数多くのビジネス書、自己啓発書を書かれている千田琢哉氏の著書です。「友だちをつくるな」という刺激的なタイトルですが、自分の人生を豊かにする上で、また仕事で成功する上で大切な心掛けについて、多くのヒントを得ることができる本です。
結論から申しますと、本のタイトルからは意外かもしれませんが、著者は決して、「友だちなんていらない」「自分一人の力で生きていける」などという浮世離れした主張をしているわけではありません。

続きを読む