ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み 午堂登紀雄

著者は午堂登紀雄(ごどうときお)1971年生まれ、岡山県出身です。大学は中央大学経済学部を卒業されています。資格としては米国公認会計士(US.CPA)を取得。職歴はアーサー・D・リトルにて経営コンサルタントの勤務経験あり。

現在は何をされているかといいますと,株式会社エデュビジョン代表取締役、一般社団法人で事業創成支援機構の代表理事をされております。本にも書かれていますが不動産コンサルティングもされています。ビジネススキル、資産運用、不動産に関するセミナーなども手がけられています。ここでは紹介しませんが著書多数だされています。

 自分の好きなことでやりたいことをみつけよう

どんなことが書かれているか、全部は紹介できませんので端折ります。この本で目指していることは会社に雇われずに自由な時間・場所が持て、かつ、お金もたくさんあり、自由に好きなものを買える生活です。まさに理想的な夢のような生活ですが、実現できている一握りの方が存在するのも事実です。まず自分が何をしたいのか?何が好きなのかをみつけることからスタートし理想を目指していきます。


自分の好きな仕事を複数もつ

仕事は一つではなく、たくさん持つことで安定させます。仕事といっても好きな仕事、やりたい仕事に限られます。やりたくもない仕事にはやる気も達成感もありませんし力もでませんので。収入という柱をたくさん持ち高収入を目指します。とても参考になりました。

 

お金をいただきながらビジネススキルアップ

ビジネスに必要なことをお金を払い教えてもらう、あるいは無料でおしえてもらう。たとえばホームページを見るとか、ユーチューブを見て参考にするとかは普通ですが、なんとお金をもらいながらスキルアップできることがこの本には書かれています。本を見てしまえば「ナンダ」ということかもしれませんが、その当たり前のことをみなさんしていますかと逆に問いたい内容となっています。

自動化でお金がどんどん入ってくるシステムを作る
ネットのビジネスのいいところは自動化が容易であることです。自分の好きなことでビジネスがみつかったら、ネットのもつこのレバレッジを利かせて大きく稼いでいくこと必要です。自動化させるのですけど、それをやるために片付けておくべきことがありますが、詳細は書籍でお読みください。この自動化というのが自由な時間とお金を作りだし、会社の所在地に依存しないので居る場所の自由も結果的に提供してくれます。この本はそんな時間も場所もお金も手に入れるために参考になる本です。

 

やりたいことをやるためのメゾットを学べる

今まで私はたくさんの仕事を経験してきました。雇われてはしばらく勤め、合わないと思えば辞めて、ハローワークや求人雑誌、無料のアルバイトペーパーなどをみて面接に応募するの繰り返しを続けてきました。しかし、正規雇用もアルバイトもやってきましたが、ほんとに楽しい仕事、この仕事は天職で情熱を燃やせると思うものは一つもありませんでした。ただお金がないと生活もできませんし、支払いもあり困るので働きに行っていただけでした。そんなときこの本に出会いました。仕事観を変えてくれました。私はどうも定時に出勤して定時に帰宅して決まった場所に出向かないといけない、そんな仕事に疲れてしまっていました。

今では昔と違いインターネットを使い仕事をできる時代なので、ネット上で好きな仕事を選べます。たとえばアフィリエイトで自分のホームページなどに商品広告を貼ることです。自分の興味のある売れ筋の良い商品を紹介することでお金をもらえます。稼ぐ技術的なことはもちろんありますが、それはユーチューブやネット上のブログやホームページなどにたくさんやり方のノウハウは書いてあります。やるかやらないかだけだと思います。実践に移せる人が少ないみたいです。午堂さんはたくさん失敗もされているので失敗談が非常に参考になります。

収入は複数から入るようにする

収入のいうのは一つからだけですと、そこがだめになったら、収入が0になってしまいます。ですが収入の柱を複数にしておけば、つまり仕事をたくさんして複数の収入の柱を作っておけば一つがだめになっても困ってしまうこともありません。それも自分の好きな仕事をして稼げれば最高です。たとえばアフィリエイトからの収入とか、メールマガジン発行(有料、無料があります)で自分の好きなこと、みなさんも興味を持っていることを書いてお金をもらう方法や、あと株やFXなどですぐれた手法を持っていれば、そこからも収入が得られますし、マンションなどを持っていれば人に貸せば、そこから家賃収入があります。このように複数の収入の道があれば、一つがだめになっても生活に支障をきたさずに済むということを教えていただきました。

失敗も成功もたくさんしよう

やりたいこと・好きなことを仕事にしてとりあえずやってみること、どんな人でも必ず失敗はしている。失敗には何か原因があり、そこで分析して後に活かし何かを学べます。成功もそうで、いいものは採用し他のことにも波及させていける。もし失敗してしまったら、そこから何度でも立ち直り、成功するまでやってみたらいいということが勉強になりました。


雇われずに仕事したい人へおすすめ

サラリーマンといえば毎日定時に朝起き、顔を洗い、朝食を食べ、歯を磨き、身なりを整えて満員電車に飛び乗り、揺られながら会社に行き、タイムカードを押して少しくらい具合が悪くても、軽い風邪くらいなら出勤をしなければなりません。月曜日から金曜日まで毎日8時間働き、イヤでもなんでも雇われたからには義務を果たさないとお給料をもらえません。つまり会社に縛られているわけです。それでも、その仕事に生きがいを見出している人は会社に勤められていてもいいと思います。しかし、なんかこの仕事違うな?私には合わない。時間と場所に縛られずに、自由に働きたい人にはヒントになる本だと思います。


サラリーマンでも自由な時間を持ちながら仕事をしたい人

会社に勤めていると、どうしても時間や場所にしばられることになります。その会社の場所にいき、そこで仕事を何時から何時までやると決められてしまいます。それが一般的な働き方ですが、もっと自由な働き方を紹介しているのがこの本です。たとえば会社に雇われずに自分で会社を興す、アフィリエイトをやる、情報販売をするなど、そんな簡単にできるの? 努力はもちろん必須です。ぜひ購入して詳細を読まれるてみるといいと思います。きっと目からウロコが落ちることと思います。こんなことができるんだ、こんなやり方があるんだと参考になること請け合います。


また、一般的なサラリーマンの方は仕事は一つだけの人が多いと思いますが、副業で一つくらいは日曜日などにやっている人やネットでお小遣い程度の仕事をやられている人はいるかもしれません。しかし、主な仕事はアルバイトを入れた全体の収入からみて7割、8割を依存しているのではないでしょうか? もしそこをクビになってしまったら生活できませんよね? またハローワークへ行って仕事を探さねばなりません。そうした心配をしなくて済むように、一つの仕事からの収入に依存しなくて済むように、複数の仕事(好きな・やりたい仕事)をして、一つの柱ではなくて複数の柱を持つことで、安定して豊かな生活をしたい人におすすめな本です。

ノマドワーカーも一読の価値あり

ノマドとは英語で「遊牧民」ということですが、インターネットの時代に入ってそれが会社のデスクに縛られずに仕事ができる時代になっています。極端な話パソコン一台とネット環境と自分にスキルさえあれば、場所はどこであろうが仕事ができます。ノマドワーカーになり自由な場所と時間を手入れたい人に、ヒントになることが詳しく書かれている本です。

dennou-kurage.hatenablog.com

やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み

やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み