ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か エリヤフ・ゴールドラット  

『ザ・ゴール』は、製造業におけるSCM(サプライチェーンマネジメント)の基本的な考えの元となる制約条件の理論(Theory of Constraints)
を世に紹介した本です。

著者のエリヤフ・ゴールドラットは、イスラエルの物理学者という異色の経歴の持ち主です。そのゴールドラットが、自身の理論を世に広めるために著したのがこの本です。

この本は、1984年に発表されて以来、全世界で1,000万人を超える読者を獲得したとされる大ベストセラーです。

しかし、実は、2001年まで著者の意向で日本語翻訳されなかったという幻の名作でもありました。当時、急成長を遂げ、世界を席巻していた日本の製造業の勢いを見て、日本以外の国の競争力を底上げすべき、と著者が考えたためであると言われています。

この本は、架空の工場の業績再建をテーマとした小説仕立てで、ゴールドラットの理論をわかりやすく紹介しています。まずこの本では、企業の活動の目的を、お金(キャッシュ・フロー)を生み出すこと、定義します。

そして、その達成状況を確認する指標として
・スループット
・在庫
・業務費用
という3つの概念を利用します。
スループットとは、作ったを販売して得られるお金、在庫とは、物を作るために必要なお金、業務費用とは、在庫をスループットに変えるために必要な費用です。

そしてそれを最適化するために、以下の4つのステップを繰り返し継続する必要があると説きます。
1、制約条件を見つける
2、制約条件を徹底活用する
3、他のプロセスを制約条件に合わせる
4、制約条件のスループットを底上げする

制約条件の理論の一番のポイントは、製造工程において、制約となっているものを
取り除かなければ、全体のスループットは上がらない、という点です。
例えば、10の量のものを作りたい場合、途中の工程に6しか生産できない部分があれば、全体として作れるものが6になってしまう、いくら前工程や後工程の生産量を15や20にした所で結果が変わらない、ということです。

このような考え方は、企業の現場では当たり前のように利用されますが、
それを体系立てて、世に紹介したことがこの本の意義深い点です。
また小説仕立てで、誰にでも読みやすく理論を噛み砕いた点も多くの読者を獲得した理由のひとつでしょう。


現在でもゴールドラットの理論は色を失わず、SCMや生産管理の基本的な概念を学習するのに最適な入門書であると言えるでしょう。

制約条件を徹底的に活用する


この本は、製造業の生産管理というテーマに関わらず、仕事の中で課題に立ち向かう際の基本的なフレームワークを提供してくれます。特に新鮮に映るのは、「制約条件を徹底活用する」という点です。
これは、現実に言い換えると、大変に難しいことです。実際に、ザ・ゴールの登場人物も工場の業務を改革するうえで、一度は、損失を大きくし、それを隠しながら乗り越え、改革を成し遂げます。

しかし、全体のスループットを上げるには、必要だ、と言われると、納得感が生まれます。例えば、学生時代の受験勉強を考えるとわかりやすいかもしれません。
志望校に合格するために、平均80点以上の点数が必要だった場合、90点の得意科目の点数を95点にするより、65点の苦手科目の基本問題を徹底的に練習し、70点を目指すほうが、より確実に平均点を底上げすることができます。

この本の中では、制約条件を徹底活用する方法として2つの方法を紹介しています。
一つは、制約条件の時間の無駄をなくすことです。
本の中では、シフトを調整し、機械の停止を減らす、すぐに売れない製品の生産をやめるなどの手段が紹介されています。
引き続き勉強に例えると、昼食時間を短くし、計算問題を練習する、応用問題の演習をやめ、テスト範囲の問題に集中する、などでしょうか。

もうひとつは、制約条件にかかる負荷を減らすことです。
製造現場では、外注を利用する、昔使っていて止まっている設備を再稼働させる、などが当てはまります。
勉強においては、自分で理解できないところを友人に教えてもらう、塾に通う、などと言った感じでしょうか。考え方としては、ものすごくシンプルですが、課題に立ち向かう際、この考え方のフレームワークは、恐ろしいほど効果を発揮します。
課題に立ち向かう時、多くの人は、多かれ少なかれ、感情論に支配され、問題が見えなくなってしまいます。
引き続き、受験勉強を例に取ると、「勉強しなきゃ」「これ苦手だなー」と言った漠然とした問題意識を持ちがちになってしまい、何か一番の問題(制約条件)になっているか、という意識に行き着きません。

また、制約条件を見つけられても、それを徹底活用する、という考えには、なかなか到達しないものです。
例えば、あなたが数学を苦手としていたとして、制約条件の理論なしにものを考えると、多くの場合、
数学が苦手

数学を勉強する、得意な英語を伸ばす
というフレームワークで考えます。

しかし、ゴールドラットの制約条件の理論を用いると、
数学が苦手

数学の読解問題の点数が低い

読解力不足が数学が苦手である制約条件である

得意な英語の勉強時間を短くし、読解問題の練習をする、国語の文章を読む
という一歩進んだ勉強を行うことができるのです。

問題に行き詰った時、この本で紹介される考え方を思い起こせば、きっと解決の糸口を掴むことができるでしょう。

管理職におすすめの一冊


この本は、生産管理やSCMを学びたい方はもちろんですが、論理的思考を身に着けたい方にもおすすめできます。

この本で紹介される制約条件の理論は、元々製造現場での実践の中から生まれた製造業の理論ですが、考え方は、製造現場での生産管理以外にも多くの場面で応用できます。

論理的思考は、多くのビジネス現場で必要とされるスキルですが、教科書とされる本の多くは、難解で独自の専門用語にあふれています。
コンサルタントのように、時間を費やして議論と思考を重ねることが利益につながる職業であれば良いですが、実践を伴う職業に就く方には、教科書的なフレームワークよりもシンプルで、すばやく思考できるフーレムワークのほうが有用な場合が多いです。

この本は、課題を解決してゆくための基本的な考え方を提供してくれるため、シンプルな思考整理の手助けをしてくれます。シンプルな思考方法は、周囲の人にも伝えやすく、共感も得やすいため、チームで仕事をする場合の共通言語として用いるのにも有用です。

特に、管理職に栄転され、大きな問題に対処することが多くなった方や、仕事で行き詰まりを感じ、課題が見えずにもやもやされている方には、解決に向けた良いヒントとなってくれること間違いありません。製造業の生産性向上をテーマにした本と言えばそれまでですが、ビジネスシーンで活用可能な思考方法の教科書であると捉えれば、より多くの方にとって有用な本になると思います。

career-theory.net

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

  • 作者: エリヤフ・ゴールドラット,三本木亮
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/05/18
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 32人 クリック: 373回
  • この商品を含むブログ (390件) を見る