ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

完訳 7つの習慣 人格主義の回復 スティーブン・R・コヴィ

 『7つの習慣』は、世界的な知名度を獲得し、ビジネスパーソンの必読書として取り上げられることも多い自己啓発本です。この本では、人生における悩みや課題に対し、自分はどうあるべきか、周りにいる人に対してどのように向き合ってゆくべきか、具体的なエピソードを散りばめながら解説してくれます。

この本の中で取り上げられている原理原則はまず、人から影響を受けるより、人に対して良い影響を与えられる人になることを目指すことを大前提とします。これを著者は、「インサイド・アウト」という言葉で表現しています。

それを実現するための習慣を7つに分けて解説しています。
まず最初に登場するのは、自分個人としての成功をもたらす3つの習慣です。
その3つとは、以下の通りです。
1、主体性を発揮する
他人からの反応を気にして生きるのではなく、自分自身に自分の反応を決める権利があることを理解する、という意味合いです。

2、終わりを思い描くことから始める
自分が亡くなる時にどのような状態になっていたいか考える、ということです。
「自分が亡くなる時には、世界一の営業マンになる」「日本で一番名前が通るSEになる」などと考えます。本の中では、これを、「ミッションステートメント」と呼びます。

3、最優先事項を優先する
最優先事項を優先するとは、「ミッションステートメント」から逆算して行うべきことから優先して行うという意味合いです。

次に、他者と関わり合いを持つ中で、より大きな成功と幸福を手に入れるための3つの習慣が紹介されます。
4、Win-Winを考える
関わる相手も自分もお互いに利益を得るような道を模索する、という意味です。
そして、これが実現できない場合には、関わり合いを持たない勇気を持つべき、とも説いています。

5、まず理解に徹し、そして理解される
接する相手に感情移入をし、まずは、相手のことを理解することに徹する、という意味合いです。

6、シナジーを創り出す
相手と協業することにより、より大きな効果を生み出すようにする、ということです。

そして、これらの習慣を、支える最後の習慣として7つ目の習慣が紹介されます。
7、刃を砥ぐ
精神や肉体を常に健康な状態に保ち、習慣を継続できるよう、適度なインプットとアウトプットを繰り返す、という意味合いです。

以上のような習慣を保ちつづけることで、人生を成功に導く原理原則が得られるとこの本は説いています。
これらの習慣は、企業研修や手帳などのツールへの落とし込みなど、広く利用されるようになっており、企業社会での生活の原理・原則として根付いています。


当たり前の習慣を再確認できる

この本は、実践して当たり前であるはずの習慣が、いかに実践できていないものであるか気づかせてくれる本です。この本の中に記載されている習慣の多くはある意味では、当たり前のことばかりです。人生の目標を決め、それに向けて必要なことに優先順位をつけて取り組む、という考えは、有名なドラッカーのマネジメント理論とも共通しています。相手を理解してシナジーを考えるという点は、自己啓発本のパイオニア的な存在である
デール・カーネギーの著書とも似た部分があります。

しかし、この本は、多くの先導者が、 難解な言葉で、解説した概念を、わかりやすいシンプルな言葉と具体例で説明してくれます。
ドラッカーやカーネギーの著書も具体例に富んでいますが、歴史や起業史上の人物のエピソードが多く、一般人が理解するには、それなりの前提知識を必要とします。対して、この本に登場するエピソードは、一般的な家族や友人やビジネスパーソン同士の会話です。ドラマ風に感情移入をするだけで、必要な概念がぱっと頭に入ってきます。
お説教じみた言葉でなく、具体的なエピソードで解説してくれるため、頭に受け入れ、実践する必要性を理解することができます。

特にこの本の習慣の中で、どのような場面においても思い出し、役に立てることができるのは、第一の習慣である「主体性を発揮する」という点です。人はつい、自分に対して不利益なことを言われたり、陰口を叩かれたりすると、相手の言ったことに反応して、怒ったり、落ち込んだりしてしまいます。
また、自分が言ったことに対してネガティブな反応をされると、発言を諦めてしまったり、行動を控えてしまったりするものです。

この本で説かれる「主体性を発揮する」というテーマはそのような時、相手の反応にあわせて反応するのではなく、相手にどのような反応を返すか、自分に決定する権利がある、と解説します。

この考え方は、どのような場面においても心を乱さず、落ち着いて状況に対処しようする気持ちの土台として作用してくれます。特に、困難な状況に立ち向かう時、「どんな状況でも自分の反応次第なんだ」と腹をくくってしまうと、挑戦し、克服する勇気を与えてくれます。

例えば、仕事で大きなクレームをもらってしまった場面などでは、相手の怒りの言動に怯んでしまい、本当に相手が伝えたいことを見逃してしまったり、こちらも攻撃的になって対立を招いてしまったりします。しかし、相手の言葉に反応的にならずに自分の意思で、相手に向かうことができれば、相手に良い影響を与え、問題を解決に向かうことができます。この本で紹介される習慣を思い出すことで、仕事や人生の課題に冷静に対処し、目標を見失わない生き方が実現できます。


ビジネスパーソンの他にも目標に向かって努力するすべての人におすすめ

この本は、ビジネスパーソン向けの自己啓発書として紹介されることが多いですが、
目標に向かって努力しようとしている方であれば、どなたでも楽しんで理解することができる本だと思います。

例えば、大学合格を目指す受験生の方でも良いでしょう。この本の文書は、センター試験で出題される国語の問題より、よほど読みやすいため、高校生でも十分に理解が可能です。受験生がこの本を読んだ場合、模試の点数に一喜一憂することなく、必要な勉強を淡々こなしてゆく勇気を得ることができるでしょう。

殊、ビジネスパーソンにおいては、これから社会に出て多くの人と関わってゆくであろう新卒の方や、転職や部署の異動などで新しい環境で仕事をする方に読んでいただくのが良いと思います。
この本は、当たり前のような、良く生きるための習慣を改めて思い出し、インプットさせてくれる本のため、仕事や人生の節目ごとに読み返して、自分の行動の振り返りとこれからの目標造りに役立てるように利用することをお勧めします。

また、今の環境で行き詰まりやもやもやした悩みを抱えているビジネスパーソンにもおすすめできます。この本で紹介される習慣の多くは、前向きに生きるためだけでなく、人生における課題を解決する手助けにもなります。
悩みを抱えた時、自分の行動を振り返りながらこの本を読むことで、改善する
行動の糸口をつかむことができるかもしれません。どのような場面においても人生のヒントを授けてくれる本であることは間違いありません。

 

blog.gururimichi.com

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る