ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

確定拠出年金の教科書 山崎元

山崎元(やまざきはじめ)氏著の「確定拠出年金の教科書」です。
この本は、「これから確定拠出年金を始めたい」「けど、確定拠出年金について何も知らない」「どうやって確定拠出年金制度を運用し始めればいいか分からない」
という方への文字通り「教科書」となっている本です。

著者も本の中で「利用者目線に立った本が書きたかった」とあるように売り手(証券会社が買わせたい商品をおすすめする)側ではなく、利用者が一番メリットがある商品はどれなのかを著書の中で明確に解説しています。

 国の制度「確定拠出年金」は、2017年1月に制度が拡充され、加入対象者が増えました。
個人事業主でも加入が認められて、個人の老後年金の資産運用としても注目がされ始めていますがいかんせんまだ浸透しておらず、「確定拠出年金って何?」「確定給付年金とは違うの?」のように知らない方(特にサラリーマン)がまだまだ多いと思います。

この本では、確定拠出年金制度そのものの解説から
「なぜ確定拠出年金制度の対象が今拡充されたのか」の政府側の思惑の解説まで
また、制度の入り方(個人事業主とサラリーマンとで違う、また、企業によっては企業型確定拠出年金制度があるところとないところがある)
の解説が書かれています。

さらに、「これから入って始めるのはいいけど、メリットは一体何なのか」「どの商品を選べばいいか」についても具体例を挙げて説明されています。
※一般的な事例は2例だけですが、ほぼすべての加入者が運用するべき商品はほぼ1つの種類に絞られます

著書後半では、NISAとの違いにも触れています。一般的な2事例でそのあたりも触れています。そのあと、諸事情(転職、退職から自営業、フリーランスへの転出、定年退職後の運用)のときにどうしたらいいか、についても書かれています。老後なんてまだまだ先、の方も一読してみるだけでも「自分はいつ何をしたらいいのか」が分かるので目を通しておいて損はないと思いました。

特に定年退職後の運用については注意が必要です。国の制度なので、国がわざわざおせっかいに何かしてくれるわけではないのでこちらから申請をしないと、せっかく資産運用でコツコツ貯めてきた資産を一部搾取される可能性があります。今は必要なくとも片隅に知識として入れておく必要はあります。

最後に、まえがきに「この本の読み進め方」という文章があります。
全編文字だらけのため、読んでいる途中で眠くなる可能性は高いです。私自身も眠くなりました。
なので、それぞれが今の時点で必要なところだけ読み進めればだいたい分かるように
「○○の人はここから読んでください」「○○の人はここと、ここだけ抑えておいてください」のようにナビゲートがされています。

全部読むよりかは、このようにナビされているほうが、読む場所がはっきり分かって良いと思います。いきなり全部覚えるよりかはポイントだけしっかり押さえておいたほうが読みやすいと思いました。

 確定拠出年金のメリットを学べる

確定拠出年金の大きなメリットについて学べたのがとても大きいと感じています。
まずは「拠出した金額が非課税」になるということです。

確定拠出年金は、一応国内外の株式などの「資産運用」になるためリスクは少なからず伴います。運用主体がしくじったりもしもの場合は資産価値が減少するリスクはあります。(もちろんうまくいった場合は運用益も入ります)

ですが、それより大事なこととして「毎月拠出した金額が非課税になる」⇒「確定申告をすれば所得税が下がる」ことです。これは、「100パーセント支出が減る」ということです。ノーリスクハイリターンです。

著書の中でも、課税所得400万の自営業者の例がありましたが、その場合年間で23万ほどの減税効果があるとのことです。
サラリーマンの場合でも月々の税金の出費が安くなるのは間違いないかと思います。

※また、運用益も非課税になります。

次に、確定拠出年金のざっくりとした流れが学べました。読者のみなさんは、例えば保険会社での個人年金保険、養老保険などで資産積立を行っている方もいると思います。
ものすごくざっくり言うと、それに似た制度(プラス投資も可能)になります。
リスクが嫌な方は、元本保証型を選択すればいいですし,
リスクを多少取っても資産を増やしたい人はどれを選べばいいか、ということが記述されています。

実際にSBI証券から資料を請求して一読してみましたが、この本の知識がなかったら
さっぱりなんのこっちゃ分からなかったと思います。何より商品の種類が多いためです。
運用開始までの流れがこうなんだ、というのがある程度分かるようになったのは大きいです。
確定拠出年金は、60歳までは基本的には引き出すことは出来ません。なので長期的に見て資産運用を行うにはNISAよりも適しています。
申請から、運用開始、運用途中に必要なこと、60歳以後に必要な申請、退職後の運用方針といった全体の流れが分かるようになりました。

この本の知識があると、NISAの概要もある程度分かりやすくなるのかと思います。
専門用語は良く分からないままでも、流れが分かれば、あとはFPや保険会社、証券会社の人とそれなりに話せることが出来るので、うがった言い方をすれば「引っかからない運用が出来る」手助けになると思います。

※各証券会社の商品の中には、「これは手を出してはいけない地雷的な商品がある」ためです。

基本的に60歳まで運用をするということになるので、ライフプランをどのように立てるか(老後のこと、毎月の拠出金額のこと)も考える必要があります。

この知識を入れる前に知り合いのFPに言われたのは、「老後どんな生活を、毎月どのぐらいの支出でやっていきたいですか。まずそれを考えてみてください」とのことでした。
確定拠出年金を実際に始めないにしても、そのことを考える、家族や夫婦間で会話をするのはとても大事なことだと思います。

 

サラリーマンの方や老後の生活資金が不安な方はおすすめ

この本をおすすめしたいのは、まず「サラリーマン」の方です。さらに、「老後の資金、生活が不安な方」。あとは「毎月の出費を抑えたい方」、「お金の知識が欲しい方」です。

サラリーマンが老後もらえる年金は、基礎年金と厚生年金の2階立てにはなっていますが
誰もが感じているとおり、それだけではおそらく暮らしていけない人が多数です。
そのために、みなさん年金保険や貯金をしているのだと思います。

確定拠出年金の最大のメリットは、個人的には「老後の資金を貯めつつ、現在の支出(特に所得税)を抑える」ことだと、この本を読んで思いました。まさに今と将来、両方の知識と武器を得られることになります。
確定申告をしなければいけない、というのはサラリーマンの方にとってはめんどくさいかもしれませんが例えば有休を1日取って、申告に行くだけで、年間20万とかのお金が自由に使えるようになっちゃう。だとしたらめんどくささと、20万とどちらを取りますか?というお話です。

実際にすぐには始めないにしても「こんな制度があるんだ」ということだけ知っておくのは損はないと思います。

お金のことをあーだこーだ言うのはみみっちい、だまされる!と思うかもしれませんが
お金のことを勉強しないと、お金は入ってこない寄ってこないと思います。
「お金が大好きな方」は、一度この本で勉強すると、違った世界が見えてくるかも知れません。

国の制度は、こちらから調べないと親切に教えてくれるわけではありません。この本で知識をつけて
知り合いのFPや証券マンの方にさらに教えてもらうなりして、学んでかしこく生き抜いていきましょう。

earningmoney.hatenablog.com

確定拠出年金の教科書

確定拠出年金の教科書