ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 藤沢 数希

著者の藤沢数希氏は理論物理学研究者として海外の大学で博士号を取り、その後は外資系投資銀行に就職。年収数千万が当たり前という投資銀行の世界に身を置き、投資の最前線で活躍してきました。投資銀行退職後の現在は投資家に転身、自身が運営するブログ「金融日記」は投資に興味がある人は1度は見ておくべきだと言われています。そんな藤沢氏が初めて出版したのが今回紹介する「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方 」です。

投資のプロがサルに負けるという刺激的なフレーズが印象的ですが、実際にその通りだということをあらゆるデータを用いて説明しています。

 一般に「投資」といえば、何か優れた手法を使ったり、経済ニュースを読み解けるようになれば勝てるというイメージが持たれています。しかし、それはただの幻想だったのです。勉強すれば投資で勝てるというイメージを持っている人はどこの国にもいますが、特に日本ではかなり多いそうです。日本は文化的にお金の話をすることが悪いという教育がされており、きちんとしたマネーの知識を得る機会がないまま社会に出ることになります。

そういった人たちが投資を始めようとすると、いろんなセミナーにいったり塾に入ったりして勉強しようとしますが、実はまったく意味のないことだったのです。書店に行けば「元◯◯銀行トレーダーが教えるトレーディング手法」、「元投資銀行マンが明かす秘密の資産運用法」が並んでいますが、本を書いている人は投資で儲からないから本で儲けているだけだとぶった切ります。

 

外資系投資銀行のクオンツとして、投資の世界の最前線で世界中の投資家と戦ってきた経験をもつ著者が「投資に必勝法はない」、「プロもサルに負ける」と言っているのはそもそも矛盾している気がします。しかし、マスコミや本で登場するトレーダーがみんな勝っているのは、たまたま運良く短期的に勝ったからであって、そういった人たちもずっと追いかけると数年後には破産していたなんて話がよくあるそうです。投資銀行の世界も同じで、数年間は調子がいいけれどあるとき突然勝てなくなってクビになることはよくあるそうです。

 

それでも投資銀行で働く理由は、「会社の金で投資ができるから」だそうです。もし負けてもクビになるだけで自分の資産は減らない。もし勝てば多額のボーナスがもらえる。それだったら自分の資産ではなく、会社の資産を使ってギャンブルをしたほうが有利だろ?という理屈です。たしかに筋は通っています。著者によると、外資系投資銀行で働く人はみんなそこを理解した上で働いており、そうやってみんながギャンブル投資をした結果2006年のリーマンショックが生まれたそうです。

では、私達一般投資家はどうすればよいのでしょうか?プロでさえサルに負けるのであれば私たちに投資で勝つ方法はないのでしょうか。実はたったひとつだけ方法があったのです。

アクティブ運用よりインデックス運用が最強にして最善の手である

この本の内容のエッセンスを一言でまとめると、「働いて稼いだ金はすべてインデックス投資に回せ」になります。

インデックス投資というのは、例えばTOPIXインデックスに紐付けられている投資信託やETFを買う運用のことです。他にも世界経済インデックスファンドありますが、そういった商品に資産を分散させてあとはほったらかし。それが投資における最強にして最善の策という結論です。

人はどうしても自分でアレコレ運用していじりたくなりますが、その行為の先に待っているのは手数料負け。過去100年以上に及ぶ世界中の投資データをまとめた結果、自分で細かく運用していた人たちの運用結果の平均は、サルが無作為に銘柄を選んで投資するという手法の平均よりも悪い数字が出ています。何度も売買すればその分だけ取引手数料を取られるからです。

さらにプロとよばれる機関投資家の運用結果の平均さえも、サルの成績に負けているという衝撃の結果が分かりました。その事実をバラしたくないプロたちは、「日経平均が~」「日銀総裁が~」「アメリカの金利が~」と、それっぽい専門用語をちりばめて何か崇高なことをやっているように見せているだけだったのです。

ここまで説明しても何か秘密の手法がある、プロなら勝てるんじゃないのか、と頭の固い人はいます。そこで最後に挙げられた例がLTCMの一件です。LTCMとは「ロングタームキャピタルマネジメント(Long-Term Capital Management)」の略称です。1994年に当時投資銀行の世界で神と呼ばれていた債券トレーダーのジョン・メリウェザーの呼びかけで作られた巨大ヘッジファンドで、メンバーにはFRBの元副議長デビッド・マリンズ、ノーベル経済学賞受賞のマイロン・ショールズとロバート・マートンらもいました。

 

実務レベルでのトップ、金融政策のトップ、経済学のトップを揃えたLTCMはまさにドリームチーム。そんなLTCMですが、発足から4年後に投資の失敗で巨額の赤字を抱えて倒産してしまいます。あらゆる分野のトップを揃えてアクティブ投資をした結果、大赤字で倒産。アクティブ投資の限界が実証された瞬間でした。

著者の藤沢氏は言います。「もしあなたが、投資銀行の世界で神と呼ばれていた債券トレーダーよりもトレーディング技術が優れており、FRBの元副議長よりも金融政策に精通していて、ノーベル経済学賞受賞者よりも経済学に詳しいのであれば、アクティブ運用をすればもしかしたらうまくいくかもしれません。しかし彼らよりも優れている自信がないのであればアクティブ運用をしても負けるだけです。」


株式やFXなどの投資初心者の方におすすめの本

投資初心者の方におすすめの本です。株式、FX、仮想通貨、不動産などありとあらゆる投資の分野で知っておくべき投資の基礎をこの本で学ぶことができます。投資がどういうゲームで、実際に今までの歴史上一般投資家やプロがどういった結果を出してきたのかを知ることで、自分が取るべき投資スタイルを決める際の参考になります。

理論物理学の研究者としてアカデミックな世界にいただけあって、本書の内容には論理的な根拠、データがこれでもかというぐらい網羅されています。巷にある投資本は「俺はこの方法でうまくいった」という内容が多いですが、そういった本は究極的にはその人がたまたまその方法でうまくいっただけで、読者が同じ手法をつかっても同じ結果が得られる保証はどこにもありません。

一方、藤沢氏がこの本で結論づけているインデックス投資は、結果を歴史が証明してくれています。世界中のありとあらゆる国の株式データを分析すると、インデックス投資を長期間のスパンで行えばほぼ間違いなく勝てるのです。さらに、最近では世界経済全体に紐付いたインデックス投信も登場しており、個別の国のインデックス投信に投資するよりもさらに低リスクでインデックス投資を行うことができます。

もちろん、著者はアクティブ運用を完全に否定しているわけではありません。あなたがもしとてつもなく優秀な人なのであればアクティブ運用をしてもいいだろうと言っています。

randomwalker.blog19.fc2.com

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方