ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

フィンランド流 社長も社員も6時に帰る仕事術 田中健彦

「フィンランド流 社長も社員も6時に帰る仕事術」は、富士通コンピューターズ・ヨーロッパ元副社長である田中健彦氏が書かれた本です。

著者が北欧フィンランドで経験した社員が全員6時に帰る仕事術が、日本の労働環境と比較しながら記載されています。フィンランドは、家族や自分の趣味を楽しむ姿勢から来る仕事に対する取組み方や労働時間の考え方が日本とはまるで違うことに驚愕するでしょう。

 本の冒頭で、会議に出席していた社長が「息子をサッカークラブに送らなければならない」と言い、会議の途中にも関わらず帰宅してしまいます。著者は呆気にとられていましたが、他の社員たちはその行動を「当たり前だ」という風に気にする気配がありません。また社員たちも4時には帰宅の準備を始め、6時には社員全員が帰宅している労働環境なのです。

残業が無くてもビジネスにおいて高い国際競争力を持つ国であるフィンランドと、朝から深夜まで働き、プライベートの時間を持てない日本の労働環境を根底から考えさせられます。
なぜフィンランドは多くの企業で6時に帰って結果が出せるのか、その理由には日本では考えられない意識や、誰でも実践できる方法がありました。長時間働くことが美徳とされ、家族よりも仕事が優先されがちな日本との違いに驚きます。

また,
管理職に対するフィンランドと日本の意識の違いは、ビジネス以外にも教育や政治にも成果が表れていると思いました。約100年以上もの間ロシアの占領下におかれた過去からも、苦しい時代を乗り越えて国民が何とか幸せな生活を送ろうとする意識がフィンランドにおける汚職の少なさに繋がっている事実も興味深いです。

「残業をしなければ生きていけない」は間違いと著者が書かれている通り、残業をしたからライバル企業に勝てないという意識が無いフィンランドで実際に働いて、フィンランド流の仕事術を体験していきます。

独立から短い歴史ながらも血の通った行政や、子供たちに対する質の高い教育システムの実施、男女平等の意識がすべてにおいて日本よりも先進的に映るのです。ゆとりのある生活からも、フィンランド流の生活術があります。またそのような生活術も、元を辿れば6時に帰る仕事術が生かされていることが分かるのでしょう。

この本は、日本で当たり前と思われる労働環境や働き方に対して一石を投じ、日本よりもゆとりある教育・働き方で豊かに暮らすフィンランドについて書かれた名著だと思います。

無駄を省いて効率的に仕事を実施するを学べる

フィンランドの仕事術から学べることはたくさん存在し、それはプライベートの充実にも繋がることが示唆されています。

特に日本では残業をすることが当然のように認識されていますよね。残業によって家庭環境を顧みないと捉えられる場合もありますが、フィンランド流は、6時に仕事を終える努力をして、家族との関係を大切にしているように映るのです。

仕事の忙しさから「残業をしなければ成長できない」と勘違いされる方多いですが、無駄を省くことで効率的に仕事を実施することで、日本でも定時に帰宅できることも十分可能だと思います。

上司の命令で仕方なく残業をしたり、年功序列で理不尽な要求をされることもフィンランドでは無いそうです。フィンランドは例え上司であっても物怖じせずに意見を言いますし、無駄な会議にも出席しません。

ある会議でフィンランド人の社員が会議中に自分の仕事をしていたので、日本の責任者が叱咤したところ「なぜですか?」と平然と言い放ち責任者を黙らせたことがあったそうです。強制的に参加させられて仕事の効率が下がってしまったら、時間が限られている社員にとってはたまったものではありませんよね。

フィンランド流では上司の質も問われています。例えば質問されたことは全て答えることができるリーダーがほとんどで、日本のように責任追及の場で数名による弁明がされることはないのです。

ビジネスにおける国際化が進んでいる現代では、英語の取得が優先される場合があります。フィンランドでは母国語のフィンランド語の他に、英語を小さな頃から学んでいく環境が整っています。
それは教師が尊敬される立場にあるお国柄や、ダメのレッテルを張らず「落ちこぼれの生徒を作らない」という教育システムが構築され、人材育成の基盤が整っているからなのです。

日本の社会で働くすべての方が「なるほど」と感心することばかりで、ただ6時に帰るのではなく、フィンランドがどうすれば6時に仕事を終えることができるのかを国を挙げて実践している事実があるのです。残業が無いことによるプライベートの充実や、家族との関係性の重要さを改めて考えさせられました。

ビジネス以外でも、教育や政治など…。フィンランド流の仕事術を活用すれば、私たちの生活は豊かになっていくと思えるほどに、フィンランド流は役立つものばかりなのです。日本では過酷な働き方が問題になっている現状なので、フィンランドからは仕事術を通して様々なことが学べると思います。


企業の経営者や中間管理職の方に是非読んでほしい本

「フィンランド流 社長も社員も6時に帰る仕事術」をオススメする層として、ビジネスマンはもちろん企業のトップに立つリーダーの方や管理者の方に是非読んでほしいです。
日本の労働環境に疑問を持つ方には、自分の労働環境の改善に向けての第一歩として、この本を手に取って意識から変えていくことが大切ではないでしょうか。
ビジネスマン以外にも教育機関に従事する教師にも読んでほしいビジネス書ですね。日本で賛否両論を巻き起こした「ゆとり教育」に近い教育システムを実施するフィンランドは、世界から見ても高い学力を有しています。そのような教育システムから考えさせられることは多いと思います。

この本でも書かれている通り、フィンランド人はシャイな性格や大人しいイメージあって日本人と似ていると言われていますが、人がどう言おうが我が道を行く個人主義、礼儀よりは合理性、長年侵略された経験から政治的や経済的に危機感がある国民性は、日本とまるで違うことが分かります。

また、日本が中々目指すことが出来ていない男女平等や政治改革もファンランドの方が進んでいます。そのような環境からも、生活を豊かにしていく仕事術は学ぶことができるでしょう。

様々な分野で通用する考えが記載されていますから、働き方に一度は悩んだことがある方に強く薦めたいですね。さらに老若男女問わずオススメしやすい本でもあるので、多くの方に読んでほしいビジネス書となります。

www.hassy-blog.com

フィンランド流 社長も社員も6時に帰る仕事術

フィンランド流 社長も社員も6時に帰る仕事術