ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

目標達成の技術 青木仁志

アチーブメント株式会社で代表取締役として活躍しておられる青木仁志さんがご自身の経験と選択理論心理学をベースに書いておられる書籍となります。

青木さんは中学時代に北海道から鞄ひとつで上京し、履歴書のいらないところからスタートされました。工場勤務から様々な仕事を転々としている中で世界的な英字辞書を扱っていたブリタニカという会社からスカウトされます。そこでセールスの極意についてノウハウや経験をされながら、自分自身の理論を確立していかれました。

 ご自身はトップセールスマンとして活躍されたことは当然のことながら世界一のセールスマンを二人輩出したマネージャーとしての役割も担い、成果の出るセールス技法についてもご自身の理論を築かれていきます。その後、日本のコンサルティング会社にヘットハンティングされ、数年で年商を7倍にし、現在、代表取締役として活躍しておられるアチーブメント株式会社を設立されました。

目標達成の技術では、青木さんが今まで培って来られた成功のノウハウをふんだんに凝縮した書籍となっています。アチーブメントは人材教育コンサルタントとしてセミナーの運営もしておられ、シンボリックセミナーとなる頂点への道スタンダードコースは毎月開催を重ね、600回以上の実績を積み重ねて来られました。目標達成の技術という文言からは仕事の成果を出すための本!というような印象を受けますが、正しい目標設定の仕方や目的目標の違い、人間関係構築・コミュニケーション能力を高めていくポイント、人が行動する原理など仕事だけに限らず人生に役立つ本として言える内容が詰まっています。

世の中には同じ商品があっても"売れる人"と"売れない人"がいる。その違いについても解説していますし、成果を出す人と出せない人の決定的な違いについても図や表を使いながらわかりやすく説明されています。また書籍の中には読者が記入する欄も設けられており、セミナーを受講しているようなイメージで書籍の活用が可能です。自分自身の目的、目標を確立するためにも利用できますし、成功の10原則、失敗の10原則という項目もあります。自分自身の選択によって成功も失敗も選べるということに気づかせてくれるような書籍と言えるでしょう。

青木さんの講演の内容が詰まったような書籍となっているので、すでにアチーブメントのセミナーを受講した方だけでなく、身近な人間関係に困っている方、人生の目的目標がなく見通しが立たない方、仕事の成果をもっと出したいという方。全ての方に活用できるノウハウがふんだんに盛り込まれている書籍です。

 目的と目標の違いについて学べる

目標達成の技術を読み、テンションの上がり下がりが極めて少なくなりました。もっとも大きな学びは目的と目標の違いに気づけたことです。目標とは例えば「年内に売り上げ○万円」というような数値目標になります。保険のセールスマンの方ならMDRTや新規契約○件という数字になるでしょうし、高校球児に目標を聞けば甲子園で優勝すること等の返事が返ってくるでしょう。

一方、目的は理想としている状態を表します。例えば「毎年ハワイで1週間家族で過ごせるような時間とお金にゆとりのある生活が送りたい」や「家族最優先で愛に溢れる生活」というように目標を達成した先にある抽象的なイメージのことです。目標のように具体的な期限や数値目標ではなく、概念的な部分になります。このような生活がしたい!このようなことができたら幸せ!私はこのためにいきていると言えるようなもの。これらが目的の部分となるわけですね。

今まで目標を立てることは多く、どうやって達成するかという計画をたて、日々の実践をこなしていくという仕事をしてきました。毎日がむしゃらに頑張って成果を達成した時に達成感は感じるものの充実感や本当の満足感には繋がらず、どこかもどかしい印象を受けた記憶があります。目標達成の技術を通して、今まで目標だけをおって生きていたということに気づかされました。目的に生きることで自分自身の原点に立ち返り、本当に叶えたいもののためにやるべきことができるようになっていきました。そして目的に生きるようになるとテンションの上がり下がりに左右されないということも気づきました。書籍を読んだ直後やセミナーを受けた後にはやる気になるもののその思いが継続しないということが多かったんですが、目標達成の技術を読んでからテンションの上がり下がりではなく、目的達成のために役立つか立たないかという目線で仕事ができるようになったことが一番大きい成長かなと思います。

また書籍の後半にはアファメーションという技法も紹介されていました。自己暗示という意味があり、アファメーションを毎日続けることで「私はできる」という思いや「私は自分が大切」と素直に思えるようになってきたのも役立ちました。うまくいかない、成果がなかなか出ない時にもテンションが下がりきる訳ではなく、アファメーションのおかげでプラス思考な自分へと繋げられたのではないかと思います。全ての原因は自分にあるという責任を取る立場に立つということに気づかせてもらった書籍です。"

人生の目的や目標を明確にしたい方は必読


目標達成の技術は青木さんのノウハウと選択理論心理学をドッキングしたアチーブメントテクノロジーを凝縮した内容となっています。セミナーを受講している方はセミナーの内容を復習するような内容になってしますし、アチーブメントを全く知らない方にも売り上げをあげたい!という思いや人生の目的目標をもっと明確にしたい!自分自身を認めてあげたいという思いを持った方にもぜひオススメできる書籍です。

見出しは太字で大きめに書かれていますし、図も活用されているので比較的読みやすいかと思います。価格帯もそれほど高い書籍はではないので、ノウハウ本、自己啓発本を探している方には良いのではないでしょうか。

特にモチベーションをなかなか続かない、自分自身の思いがなかなか相手に伝わらないというテーマを持っている方は良書だと思います。目標達成の技術は様々なノウハウやエッセンスが含まれている書籍なので、とにかく読んでみたらよくなったという内容ではないかもしれません。ただし現状に課題や疑問点、不満を抱えている方には、それを解決するためのヒントとなるでしょう。万人に共通するノウハウとなっていますので、一度読み始める前にこういうことが学べたらいいな!と課題を持ちながら読めば、より効果的に設営が入ってくるのではないかと思います。
この書籍を通じて、青木さんと出会い、人生の大きな変化をもたらせてくれました。このご縁にも感謝できますし、未来をよくしたい!という思いのある方はぜひ一度読んでいただきたい書籍です。

thechange.jp

目標達成の技術

目標達成の技術