ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

入社1年目から差が付いていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣 野呂エイジロウ

本書「入社1年目から差が付いていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣」は野呂エイジロウ氏による著作です。野呂氏は『天才!たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家としてデビューしその後『ザ!鉄腕!DASH!!』や『奇跡体験!アンビリーバボー』など数々の人気番組の構成を担当した経歴があります。

放送作家として経験を積んだ後は、放送作家として活躍しつつその活動の場をコンサルタントの分野に広げていき、戦略的PRコンサルタントという独自の活躍をしています。

放送作家としての経験を生かした企業戦略として人気を博しソフトバンクやライフネット生命といった有名企業のプロジェクトにコンサルタントとして携わった経験を持っています。

そんな野呂氏が有名企業など業績が上がっている企業と関わる中で見出した一流のビジネスマンの条件として「行動の早さ」に着目し、本書ではその実態と行動の早さを身につけるための方法を具体的に記しています。

本書の構成としてはテーマごとに行動が早い人を反対の出遅れる人と比較することでどのような結果の違いが出るかという対比をもとに理解を進めることができるようになっています。

その対比に挙げられる具体的な違いや行動は著者が多くの企業に触れる中で見てきた具体例や経験をもとにしておりイメージしやすいものとなっています。

またわかりやすく短い文章でまとめられているため読みやすく、図を使った説明で理解しやすい内容となっています。
また行動の早い人の特徴を1ページ使って大きな見出しとしているため読み返す際にも要点をつかみやすい内容になっています。

本書が着目している点は「行動の早さ」であり、それは特別なスキルではなく誰もが日々鍛えていくことができるという点が大きなポイントであると思います。
専門技術など特別な得意不得意のあるものではなく、行動や習慣という日常や意識の差であるということがビジネスマンすべてに当てはまり応用できるという良さがあります。

本書は具体例をもとに行動が早い人の考え方や動きを学んで実践していくことができる内容になっていると言え、自身の行動を見直すとともに行動の早さを身につけるコツが書かれています。

仕事ができる人はどこにでもいるわけではありません。本書を行動が早い人の良い見本として捉え、その良い見本をまねていくことで自分の習慣や考え方、行動の変化をもたらし自身の成果や仕事の質やスピードの向上へと繋げてくれる内容となっています。"

「行動の早さ」が成功の鍵である

本書で取り上げられる「行動の早さ」は動きの素早さではありません。対比される人が「出遅れる人」とある様に、動き出しや行動する量、相手への気遣いや先を整理する力といったものの違いに焦点が当たっています。
例えば『行動が早い人は成功の「実数」を重視する。』、『出遅れる人は成功の「確率」を重視する。』
著者の放送作家の経験ならではの考え方を初めて読んだときに、一度読んだだけでその意味は理解できましたが衝撃でした。

それは考えが突拍子もないということではなく、「確かにそうだ」とこんなに納得したことに驚きました。本書内ではその実例として自動車のディーラーの売り上げで比較しています。

それは、行動が早い人は1カ月で100人に会って10台販売し、出遅れる人は10人にあって1台販売したという対比です。

確率だけ見れば両方とも同じ10%ですが、売上額をみればその差は10倍の差があります。
また限られた業務時間であることはお互い変わりません。その間に出会う人の数にも10倍の差が生まれています。

数値だけ見れば、出遅れる人が10カ月かけて出会う人数に行動の早い人は1カ月で出会ってしまっているということです。
このわかりやすい二者の間に生まれた差に私は驚き、失敗しないことではなく成功の数が評価へとつながっていくのだと実感しました。

本書での行動の早さとは主に「行動量」のことを指していると思います。
その違いを労働時間を長くして生むものではなく行動の早さで得るということから「行動の早さ」というキーワードに設定しているのだと思います。
そしてその行動の早さは、『今やるか、後でやるか』ということと『必要なことをやるかどうか』という観点で取り組むことで大きく違いが出ているということです。

その前提にあるのは全部やるという考え方で、その点もまた驚きでした。
しかし、それは言いかえればマルチタスクというもので当り前の考え方であり腑に落ちます。
そのやり方は必要でないものを決め、やると決めたら最長半年までの短期目標を設定し、完璧でもなくてもどんどんアウトプットしていくというやり方で、不足があれば都度修正という必要なことはすぐ実施する「行動の早さ」に支えられたものです。

そして、仕事以外の時間の使い方も本書には書かれており、有意義な仕事の時間を作り出すための方法であると同時に、本書の考え方をもとに日々の目標や生活の目標や楽しみに取り組むことは人生を楽しく有意義なものにすることにもつながるものであると感じ魅力的でした。"

新社会人や入社間もない人におすすめ

本書はタイトルに『入社1年目から差がついていた!』とある通り、入社間もない新人にとっても行動の早さを身につける習慣や考え方が書かれているものとなっています。スタートは早い方がいいので、これから働く人や入社間もないころの人にとっては、本書を良い見本として活用していくことで変更の無駄やストレスなく、よい習慣を身につけていくことに役立つと感じます。

また行動の早さは考え方などに基づくものであるので、いつから始めても遅すぎるということはありません。従って、働き始めたけど効率が上がらないという方や仕事の成果で周りの人との差を感じてしまうという方にも自身の仕事を見直す一助となり得るものであると思います。

行動の早い人と出遅れる人の差は、先をみることができているかどうかも大きいと書かれています。

相手への気遣いが先回りしてストレスを減らす配慮を生み出したり、チームプレイであるビジネスの円滑化を進めていくことになります。
したがって、今は自分のことで精いっぱいだと感じている人や、どうも周りと自分を比べてしまうなという人、目の前のことを仕上げる間ほかのことは後回しにしてしまっているなと感じている人にとってはよりよい情報が詰まっていると言えます。

その他、本書は時間を基準に仕事量を決めるのではなく、仕事を先に決めて限られた時間内でやりくりするという考え方にシフトしていくことを助けてくれるものとなっているので、時間に追われてタスクが進まないという人にとっても自分の仕事の仕方を見直すきっかけになるのではと感じます。

www.goodbyebluethursday.com

入社1年目から差がついていた! 行動が早い人の仕事と生活の習慣 【入社1年目シリーズ】

入社1年目から差がついていた! 行動が早い人の仕事と生活の習慣 【入社1年目シリーズ】