ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする グレッグ・マキューン

著者のグレッグ・マキューン氏は、シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEOです。アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッターなどの有名企業でアドバイザーと務めています。また、エッセンシャル思考の生き方を広めるために、世界中で講演、執筆を行っています。

本書はより多くの仕事こなすノウハウ、テクニックを紹介する本ではありません。「何もかもやらなくては」という考え方をやめ、本当に重要なものは何かを見極め、それに集中する方法、考え方が紹介されている本です。本書のタイトルでもあるエッセンシャル思考は「より少なく、しかしよりよく」を追求する生き方です。

忙しすぎてすり減っている。働きすぎなのに成果が出ない。どうでもいい作業に追われて仕事ができない。このように感じるなら、エッセンシャル思考を試してみてほしいと書かれています。

多くの人はたくさん抱えている仕事、やらなければいけないことに必死になっていて、全部やらなくてはいけないと考えています。そして、全部こなす方法はないか、どうすれば効率よくこなせるかを考えています。しかし、本書はその考えを否定します。全部やるのではなく、大事なことはなにか、何を捨てるべきかを考えることで、優先順位が明確になり、本質的なことに集中できる。それが成果につながる。これがエッセンシャル思考の考え方です。

本書の構成は、まずエッセンシャル思考についての説明から始まります。エッセンシャル思考の考え方や得られる成果、採用すべき理由などが書かれています。その後は、多数の中から自分にとって重要なものを見極める技術、多数の中から不要なものを捨てる技術、努力ではなく、自動的にエッセンシャル思考を実現するためのしくみ化の技術について、詳しく説明されています。その内容は、多数から重要なものを選択する重要性やその基準、環境づくりや睡眠などの生活環境、目標設定や人付き合い、習慣や集中する方法など、実にさまざまです。がんばって努力するという根性論でなく、エッセンシャル思考を身につけ、実践する方法が論理的に説明されているので理解しやすいでしょう

。多くの仕事を効率よくこなす方法が知りたい人は、本書の考えに違和感を覚えるかもしれません。しかし、今の働き方、忙しい生活をシンプルなものに変え、重要なものに集中することで成果を出したいと考えている人には非常に役に立つ内容です。リーダーシップにも触れられているので、リーダー的立場にいる人にも参考になるでしょう。

 重要でないことは切り捨て、重要なものをよりよく取り組む

本書の内容で特に役立ったものが3つあります。
1つ目はエッセンシャル思考の考え方です。忙しい、結果が出ない、消耗すると感じると、効率よくこなす方法を検討しがちです。私もたくさんのことをどのようにこなせばいいかばかり考えていましたが、本書を読んで、その考え方自体が間違っていたことに気づくことができました。多くのことをこなそうとするのではなく、自分にとって何が重要なことなのかを見極める。重要でないことは思い切って捨てる。それを努力ではなく、しくみ化することで無理なく達成していく。

この考え方は衝撃的でしたし、とても参考になりました。仕事はもちろん、プライベートでもエッセンシャル思考を意識すれば、人生がシンプルになり、幸せや豊かさを感じることができると思います。常に意識したい考え方です。

2つ目は遊びの重要性に気づけたことです。本書では遊びについて一つの章で説明されています。エッセンシャル思考は「より少なく、しかしよりよく」という考え方なので、まさか遊びの重要性が書かれているとは思いませんでした。大人になると、遊びを軽視しがちですが、本書によると、遊びが脳の柔軟性と順応性を高め、創造的にしてくれるのだそうです。今までこの視点はありませんでした。意識して遊びを取り入れることで、それまで気づかなかった可能性に気づいたり、ストレスを軽減してくれたり、脳が活性化すると書かれていました。

遊ぶことに罪悪感を持つ必要はなく、むしろ遊んだほうがいいとわかったのは大きな気づきでした。これからは遊びを軽視せず、積極的に遊びの時間を作るようにしたいと思いました。

3つ目は断ることの大切さです。他人からのプレッシャーに負けず、きっぱりと上手に断ることは、エッセンシャル思考の必須スキルであると同時に、もっとも難しいスキルであると書かれています。頼まれごとを断ることに、多くの人は抵抗を感じるでしょう。チャンスを逃したくない、相手にどう思われるかなど、断るときには様々な感情が湧き上がってきます。

しかし、重要なことだけに集中するには、断る勇気を持つ必要があります。本書では断ることの重要性や考え方、上手な断り方が詳しく書かれていたので、とても参考になりました。

中でも、断り方のレパートリーのところは、たくさんの事例が紹介されていたので、すぐに実践することができると思いました。ときにははっきり断るほうが相手のためになるという考え方もとても参考になりました。相手からの信頼を得るためには、あらゆる依頼を受け入れ、それをこなす必要があると考えていましたが、重要でないことは断ることが必須スキルであり、それが成果につながるとわかったのは大きな収穫でした。


やることが多すぎて優先順位の付け方がわからない方は必読です

やることが多すぎて、何から手を付けたらいいかわからない。がんばっているのになかなか成果につながらない。もっと時間が欲しいが、忙しくて時間がない。このような悩みを抱えてる人におすすめできる本です。

常に何か追われていると感じている人は、たくさん抱えすぎています。そして、その中には重要でないものがたくさん含まれています。本書を読むことで、現状を変えるための考え方や、行動するべきことがわかります。時間がない、忙しい、結果が出ないと悩んでいる人の多くが「すべてをやらなければいけない」と思っていますが、その考え自体が間違っていると気づくことができるでしょう。

そして、自分にとって本当に重要なこと、大切なことは何かがわかれば、少しずつ、状況は好転していくはずです。

また、人生や生き方をシンプルにしたい人にもおすすめです。エッセンシャル思考の考え方は「より少なく、しかしよりよく」です。多くのものを求めず、自分に必要なものだけに囲まれて、豊かさを感じながら生きていきたい人にとっては、とても参考になる内容だと思います。自分にとって本当に重要なことは何か、優先順位が高いものが何かがわかれば、よりシンプルで、豊かな生活をおくることができるようになるでしょう。私も余計なものを捨て、自分に必要なものだけを所有して生きていく、シンプルな生活にあこがれています。本書の内容を実践すれば、今の生活をよりシンプルに、より豊かなものに変えていけると感じています。

gigazine.net

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする