ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

この本は実際にライターとして生計を立てている古賀史健さんが、文章を書くためのノウハウを紹介したものです。古賀さんはライター歴15年のベテランで、「読まれるための文章」を書いてきたエキスパートです。その古賀さんが一番はじめに訴えるのは、「話すことはできるのに、文章が書けない人が多い」ということです。

本の教育では、国語の授業の中で小説や物語といった文章の内容理解は教えますが、あまり「文章の作り方」というのは教えていません。作文の授業はありますが、その授業内容といえば内容の添削はあっても、文章の章立てや文節などの推敲、どうしたら読みやすくなるか、といった「文章を書くための技術」についての指導はほとんどないと言っても差し支えないほどです。

 社会人になればライターでなくとも文章を書く機会はぐっと増える上、ともすれば文章の出来によって、仕事の出来が左右されることだってあります。仕事のスキルは高いのに、文章スキルが低いために仕事の評価が下がってしまうという事態にもなりかねません。そういった問題を解決するために、この本では「読まれるための文章の書き方」を紹介しています。文章を書く上で一番最初にぶつかるのが、「思っていることをうまく文章にできない」という問題ですが、これに対するスムーズで分かりやすい解決方法を解説しています。

そして、文章を書くための基本ができたら、次にテクニックです。読んでいてスムーズな文章の書き方、文章を読みやすくするためのテクニック、読んで気持ちのいい文章を書くためにはどうしたらいいのかを解説しています。それから、より良い文章にするために必要となる、「推敲」の作業についても言及されており、自分の文章にメスを入れることの必要性や、読み手の立場に立つべき理由なども開設されています。

もちろんこの本は「読むだけで文章がうまくなる!」というような都合のいい本ではありません。何事も練習が必要なように、この本も読んで理解した内容を実践していくことによって、文章が徐々にうまくなる手助けをしてくれるのです。

本の中でも、実践や練習を繰り返すことを勧めています。一朝一夕に文章のスキルは身に付きませんが、この本を読んで書き方を練習することによって、闇雲に文章を書き続けるよりも、もっとスムーズに人に伝わりやすい文章を書くコツを知り、より良い文章スキルを身に着けることができるでしょう。

読みやすい文章をどのように書いたらいいのかを学べる

この本で得られるのは、やはり「読みやすい文章の書き方」という一言に尽きます。もう10年以上小説という形で文章を書いていたので、そんなに役に立つと思わずに読んだ本だったのですが、そこは素人の上、闇雲に文章を書き、スキルを上げるための手立てを整えずにきたので、この本全体的に目からウロコの連続でした。

文章を書く上で、一番最初につまづくのが、伝えたいことはあるのに、それがうまく文章に書き起こせないことです。しかし、その書きたいことを文章にするのではなく、「翻訳する」という着眼点は、目からウロコでした。よく書きたいことは頭に浮かんでいるのに、文字に起こすことができなくて、パソコンの前で固まってしまうということが度々ありました。でも、この本の翻訳するための練習を繰り返すことによって、書けなくてフリーズすることがかなり減りました。どうしても書けない時はありますが、それは書きたいことに対する理解が及んでいなかったためだ、ということにも本を読むことによって気づけました。

このため、どうしても書けない時は、更に調べる、ということを繰り返して文章を書きやすくしました。また、以前から文章を書く際には、読んだ時のリズム感としての印象を意識して書いていましたが、そのためには実際に読み上げて、読みやすいかどうかをチェックする、という方法には驚きました。

文章を読む際、声には出さなくても頭の中で文章を再生しているので、自然と句読点の位置が息を切りやすい部位に打ってある文章は読みやすいことが分かりました。それを確認する方法として、実際に自分が声を出して読む、ということは一見時間がかかって無駄なように思えますが、読み上げることは読みやすいリズム感をチェックするのにとても役に立つということが分かりました。

また、文章を推敲するということは、せっかく「良い」と思って書いた文章を切り捨ててお蔵入りにしたり、書き直したりする作業なので、今まであまり好きではありませんでした。読み返してみると、どう考えても文脈に合わない文章だけど、とても気に入っていて切り捨てることのできない文章があったりして悩むことが多々ありました。

実のところ、この本を読む前は推敲の作業自体、ほとんどしていなかったんです。でも、推敲の重要性、書かないことの大切さ、切り捨てる勇気がより良い文章になることを学びました。これらのテクニックや心構えを頭の片隅に置いておくだけで、以前よりも文章がグっと書きやすくなった気がします。

ライターに限らず文章を書く多いビジネスマンにおすすめ

この本は、著者がライターであることからもこれからライターとして活躍しようと考えている人には、うってつけの本です。

しかしライターにだけではなく、文章を書く機会のある全ての人にお勧めしたいです。前述のとおり私は長年文章を書いてきましたが、早くこの本を読みたかったな、と思いました。文章というのは、小説や記事、メールなど媒体や目的によって、文章の長さや内容、目的は異なりますが、全てにおいて読みやすい方がより内容が伝わる、という点で共通しています。

文章を書く機会は、ほとんどの社会人にありますから、ライターに限らず、ビジネスマンにはぜひこの本を読んで欲しいと思います。そして、タイトルの通り、20歳前後の若い方にもお勧めの本です。文章を書くコツを知るのが早ければ早いほど上達は早いですし、役に立つ機会も多くなります。

また、社会人でなくとも、レポートをよく作成する大学生や専門学生にもお勧めです。レポートを苦手とする学生は多いですが、この本の「翻訳すること」を身に着けるだけでかなりレポートが書きやすくなる筈ですし、多くの人に理解をしてもらう必要のある論文などもより伝わりやすい内容になるでしょう。

論文を伝わりやすくするという点では、論文を書く機会の多い研究者や教授にもお勧めです。「文章を書くこと」は文明社会に暮らす以上、切っても切れないものなので、文章を書くコツを伝えるこの本は、本当に全ての人にお勧めしたい本です。

ayansstyle.com

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)