読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

勝ち続ける意志力 梅原大吾 

17歳にして世界一になり、2010年8月「最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネス・ワールド・レコードに認定された、職業、プロ格闘ゲーマーである、梅原大吾が執筆した、『勝ち続ける意志力。』という本です。

梅原大吾は2004年カルフォルニアで開かれた1年に1度、世界中の猛者ばかりが入り道に解する、世界最大にして世界最高峰の格闘ゲームの祭典「Evolution 2004」通称EVOをに参加しました。この大会は全世界の格闘ゲームファンが注目するこの大会の「STREET FIGHTER 3rd STRIKE」部門の準決勝で、アメリカ最強と言われるジャスティン・ウォンを相手と対戦しました。

事実上の決勝戦であったこのバトルで梅原は後に背水の逆転劇や37秒の奇跡と呼ばれ、今でもさまざまなプロゲーマーから崇められるような勝ち方をしました。当時彼はまだ17歳でした。
この一戦はネットでも大きな話題をよび、配信された対戦動画の総視聴回数は全世界で2000万回超えにまで達しています。

そんな彼が執筆したこの本は彼の生い立ち、どうしてプロゲーマーになろうと思ったのか、そして一度プロゲーマー界を退いた彼がなぜ麻雀を極め、介護のしごとを初め、そして再びプロゲーマーに舞い戻ってきたのかということが余すことなく書かれています。いわば自伝録とも言える一冊です。

そして、彼の実体験に基づく彼のなりの世界一になる方法、勝負事で勝つ方法、勝つための努力の仕方、さらに自分自身がかてるようになった過程で学んだことについて深く考察が加えられています。またとりわけこの本にかかれていることは、ただ1発の勝負に勝つのではなく、「勝ち続ける」ことに主眼が置かれているということです。勝つということと、勝ち続けるという両者は似て非なるもので、時としては相反するほどに大きな違いがあるので、その違いを彼なりの解釈で説明してくれています。

また、現実において勝ち続ける人間というのは、極めて稀な存在です。その極めて稀な存在になった彼が、何をどう考え、どう実践していったのかということが書かれています。たかがゲームの世界だろうと、受け付けなくなってしまう人も中にはおられるかと思います。しかしどの分野においても、トップに立つということは大変なことです。生半可な覚悟ではなれないのです。そしてトップに立っている人達の言うことはすべからく共通している部分が多いのです。ゲームだからと、侮って最初から読むのを拒否するのはもったいないと思えるような内容が書かれています。

結果を出すためには己に克つこと

結果を出し続けるということに対する彼の答えは、「勝つことに執着している人間は勝ち続けることができないということだ」ということらしいのです。一体どういうことなのでしょう。彼はだれかからゲームのテクニックを教わって世界一になれたのではなく、つねに、自分で格闘ゲーム界という未踏の正解で道を開き続けてきました。

当時も今もだがあまりゲームの大会に関して日本には浸透していない状況。(欧米では世界的な企業にスポンサーがつくことも珍しくないため優勝賞金6億円という破格の大会もあるぐらいだそうです)

そんななかで彼はいつも一人で考え、一人で練習をしてきた。監督やコーチがいないため責任はすべてじぶんにかかってきます。よって自分をどこまで信じられるか?という自問を常にし続けてきたといいます。そのなかで彼が生み出してきた方法論は、練習においてすべての可能性を試していくという取り組み。必勝法などはないと割り切り、次から次へと手を変え、品を変えていきます。できることを片っ端から試していくいわゆる力技とも呼べる方法でしょう。

普通、人はこっちの方向に何かあるはずだと当たりをつけて進んで行くものであるが、梅原氏は違うのです。どんなに遠い道のりでも自分の足で全方向に歩いて行く。せいかいがどちらの方向にあるのか迷う必要性すらない。消去法で試していって、残っていったものが、答えだという、方法論です。私たちは何かと限られた条件のなかで企画だったり、試験だったりを成功させなければならないため、すべての方法論を試すということはなかなかやらないし、仮にできる環境があったとしても実行するのは難しい。でも彼はそれをやり遂げてみせました。それは彼が自由にゲームをできる環境にあって、かつ彼自身の無尽蔵ともいえる精神力合ってのことなのでしょう。

彼自身この方法論に自信をもっているよう。というのも、この方法論で麻雀を極め、トップクラスまで上り詰めたのです。彼のスタイルは一行に変わらず、いわゆる正攻法、王道なのだと思います。そして彼はとどまることを知りません。常に変化を求めていくスタイル。彼いわく、みんなが使用しているようなありふれた方法で勝ち進んでも意味がない。自分のスタイル、自分がこだわってきたスタイルで勝ってこそ意味があるのだといいます。
つまり彼は単純な勝負の勝ち負けで戦ってなどいないのです。もちろん対戦する相手は目の前の敵なのだが、彼は彼自身の決まりというか一定のルールがあって、そこで勝負をしているのです。

トップをめざしたいと考えている人には学ぶべきものが多い本

彼いわく、ただ勝つことに執着している人間は勝ち続けることができないということなのです。勝つことに執着しているということは勝つことを目的にしている。ということです。勝つことが目的ならば、それを達成した瞬間、もうそこで成長が止まってしまいます。
勝ち続けるためには自分は成長し続けなければなりません。自分で成長し続けるということは、自分でルールを考え、そのルールを守り、達成していかなければなりません。世界チャンピオンになるということ、各々の分野でトップに立つということは、そういうことなのでしょう。

もっと飛躍した言い方をすれば、本当の強さというのは、大会だとか、テストだとかによって決められるということではないのです。要は自分の中にある、自分流のルールにいかにストイックにしたがうことが出来るか?ということです。

そしてその結果ついて力が、その人の真の力になりうるのだろうと思います。。この本はなにかの分野でトップをめざしたいと考えているひとが読むべき本であると思います。ゲーム界で勝ち続けてきた努力の天才から、学べることは非常に多いです。ぜひ、余すとこなく熟読してほしいと個人的におすすめします。

ちなみに梅原氏には彼女がいるそうです。何故かこの情報がプロフィールによく記載されていることが多いのですが。つまり、この方法論を応用すれば、彼女の1人や2人作れるのでしょうか。彼女募集中の男子にもぜひ読んで貰いたい一冊です。

bukupe.com

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)