読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

ほったらかしでも月10万円!ミニサイトをつくって儲ける法 和田亜希子

この本の著者である和田亜希子は、早稲田大学政治経済学部卒の国内初アフェリエイト専門情報サイトの設立者の1人。1998年頃からサイト運営・アフェリエイトを開始し、2004年にはアフェリエイト関連書籍を多数出版。2009年以降は「ミニサイトづくり職人」と名乗り、ミニサイト制作・運営に注力しています。実際にこの本の中にも、彼女が作成したサイトがいくつか紹介されておりました。

この本は、端的に言えば「副業したい人向け」の「アフェリエイトでの稼ぎ方概要書」です。その中でも「ブログ形式」ではなく「ミニサイト」について取り扱った本になっています。

 中には「ミニサイトって何?」という方もいらっしゃると思うので本書の言葉を借りて説明すると、ブログは常に更新が必要であるのに対し、ミニサイトは完結型のコンパクトサイズのコンテンツとなっています。そんなミニサイトの作り方を「入門編」、「実践編」、「制作編」、「マネタイズ(収益化)編」、「発展編」の順で説明しているのが当著書です。テーマ設定や必要なコンテンツを説明するだけでなく、ミニサイトを制作する上で必要な無料ブログサービス、ブログ構築ツールであるWordpressなども紹介しています。

また、実際にテーマ設定をした後で必要となってくるタスク管理の方法や目標設定の方法にも触れているので、マネジメント方法も知ることができます。

それだけでなく、マネタイズ編で収益化の仕組みからおすすめの広告まで説明されており、初心者から上級者まで参考になる情報が多く組み込まれているのが特長です。まさに、この本を読めば成果があがるミニサイトづくりに必要なことがすべてわかるのです。

本自体のページ数も200ページ前後であり、図や写真を使用しながら説明しているため、時間がなくて普段本を読むのが面倒くさい方にも優しい作りとなっていました。お金に困っている方、小遣い稼ぎにちょっと1事業を始めてみたい方、普段の疑問をお金にしたい方は絶対に読むべき1冊です。

サイトのテーマやターゲット設定の方法がわかりやすく書かれている

まずはじめに、「テーマ/ ターゲット設定の仕方」の記載があります。この箇所は、本著書の中でも1番注力を置いている印象がありました。テーマ設定は「ニッチでありながらこの情報ほしかった」と思えるものが良いということです。自分はライティング経験があるのでコンテンツを企画する際ターゲットをペルソナとして意識していましたが、当著書ではそのサイトのテーマやターゲット設定の方法を細かく説明しています。例えば、テーマを絞るのに必要なことは「オンリーワン」「未開の地」「たくさんの?を大事にする」などがありました。さらに「かけ算」でテーマを絞り込むことによって、上記の必要事項を絞り込むことが可能となります。ペルソナする際に参考になる情報が多くありました。
テーマとターゲットを決めたらサイトの作成が必要になります。著書では「ミニサイトの魅力」も述べられています。これまでブログは経験したことあってもサイト作成を経験したことのある方は比較的少ないかと思います。しかしミニサイトは、作成者も更新の必要がなく、訪問者もコンテンツが整っているため見やすいというウィンウィンの関係が成り立っているのです。当著書ではそのような「ミニサイトの魅力」に触れながら、なぜミニサイトが今求められているのか詳しく説明してありました。

ブログサービスの種類として、著書では「ライブドアブログ」「Wordpress」「Movable Type」「Jindo」「WIX」といった無料でサイトを開設できるブログサービスを紹介しています。それだけでなく、レンタルサーバーまで紹介しているのが本著書の優しいところ。今の自分にあったブログサービスを選ぶのに参考になる情報が書かれています。

また、個人的に新たな発見であったのが電子書籍の出版を簡単にできるということ。Amazonの「Kindleダイレクト・パブリッシング」というサービスを利用することでできるそうです。実際にニッチなテーマでサイトを作ってみると、それについての著書ないしは情報が世の中にあまりデマ話いないこともあり、たかが素人でもオンリーワンにしてナンバーワンを獲得する可能性があるようです。本著書では、ミニサイトと電子書籍を両方利用することのメリットや、電子書籍出版の魅力を説明しています。

アフェリエイトでお金を稼ぎたいと思っているはおすすめ

副業でお金を稼ぎたいと思っている方、アフェリエイトの仕組みはわからないけど興味がある方すでにアフェリエイトでお金を稼ぎ、新たにサービスを始めたいと思っている方には特におすすめの書籍です。
当著書はすでに述べたように入門編から発展編まで網羅されているので、アフェリエイトの仕組みすら知らない人でもこの本1冊で理解できると思います。特にテーマの設定方法なども逐一細かく説明しているので、とても初心者に優しい著書です。またマネジメント方法やマネタイズ方法まで書いてあるので、経営に必要な分野を実践的に学びたい人にも良いのではないでしょうか。

一方で、すでにブログなどでアフェリエイトをしている方にとっても、そのブログの中から新たなテーマをスピンアウトさせて独立させる方法が書いてあるので、有益なことも多いかと思います。これまで「アフェリエイト=ブログ」というイメージが強かった自分ですが、これからの時代はミニサイトがその座を奪っていってもおかしくはないなと思える1冊でした。

lifeiscolourful.hatenablog.com

ほったらかしでも月10万円!  ミニサイトをつくって儲ける法

ほったらかしでも月10万円! ミニサイトをつくって儲ける法