読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

堅実な人のためのドイツ式成功術 エーリッヒ・J・ルジューヌ

この本はドイツ人の経営者が書いた本です。「堅実な人のためのドイツ式成功術」とタイトルにあるように、ドイツ人には堅実なイメージがあります。

著者は貧乏のどん底から成功した人物で、ドイツの年間最優秀経営者に選ばれたこともあるそうです。ブックカバーの裏表紙の説明を見ると、この本の他にも著書があるらしいのですが、残念ながら日本語に訳されたものは通販で探した限り、他に見当たりませんでした。

著者は何によって大成功したのか。それはマイクロチップ販売です。成功は一昔前のことで、きっと時期や需要の点で言っても目のつけどころが良かったのでしょう。本書にはその経緯については、ほどんど書かれていません。その代わりに日ごろの心の持ち方についてのアドバイスが150項目にわたって述べられています。

 主に自分に自信を持ってあきらめずに行動するよう励ます言葉です。なかにはどんな人が成功するのか、どう行動すべきかなど、エピソードを例に具体的に示された箇所もあります。
簡単に稼ぐためのテクニックをうたったものではなく、目標に向かって努力を惜しまなければ誰でも才能を発揮できる、また発揮させるべきだという信念に基づいて、常に一貫して幸せになる方法を説いています。

150項目の記述は6つの大見出しに分類されています。まずは踏み出す勇気。そして日ごろの生活習慣、努力、幸せな気分を保ち続けるためのアドバイスなど、いろいろな点に細かく触れています。

私と大きく異なるのは著者が人好きである点。人との縁をつなげることが、成功や幸せの鍵となるようです。成功したからと言って華々しい生活をしている雰囲気は本の内容からは感じられません。健康を気遣い、ストレスを減らし、後ろ向きにならずに毎日を楽しく過ごしている様子です。それでいて努力と向き合い、困難を乗り越えていくためのアドバイスもしてくれています。著者の写真を見たわけではありませんが、その主張から紳士的なイメージを持ちました。

直感を信じて信念に基づいて行動する

いろいろと勇気づけられる本です。一番元気づけられたのは、誰にも何かしらの才能があり、知能指数とは関係ないという所。著者は知能指数が高くても生活力がない人をたくさん知っているそうです。

これだけ堅実を貫いている著者が、ときに論理ではなく直観を信じろと言うのにも興味が湧きます。確かに直観は大事です。

私もバイト探しで直観が当たったことがあります。面接のときからどうも自分の雰囲気に合わないような予感がしていたのですが、いざ働きはじめてみると、やはり職場に馴染めず、すぐに後悔しました。

この本を読んで実践してみたこともあります。チャンスは偶然でなく、努力を続けることでつかめるという教え。

大した例ではないのですが、私の場合ヤフーオークションに当てはめてみました。落札の締め切り時間に迫ると急に高値になるので、とても手が出ず、もう1か月も買いそびれて時間ばかり無駄にしていたのです。そこであきらめずに本腰を入れてみようと……。真剣にオークションに取り組んだ結果、早い者勝ちで落札できる商品を見つけ、ようやく決着をつけることができました。

なかなか実行できないこともあります。私は著者と違って人付き合いが苦手な方なので、すぐには取り組む気にはなれません。でも確かに知り合いが多ければ、自分の知らないジャンルについて生の声を聞くことができるメリットはありそうです。

自分の人生にうるおいを与えるのに人付き合いは欠かせないのでしょう。特に私は日ごろから狭い世界でしか物事を見る機会がないので、もっと広い分野や人の言うことに耳を傾けつつ、自分を信じていきたいと思いました。

他に気に入った所は、時間を有効に使う=あくせくすることではない。集中のあまり時間を忘れる瞬間こそが充実しているという考え。自分の一日の生活を見直す必要を感じたのと同時に、人よりマイペースなところがある私は少し気が楽になりました。
それから自分の環境を受け入れるという教え。何かぞくっとするものがありました。物事には悪いこと、良いことの両方があり、暗い過去だって一筋の光に輝かすこともできるというのです。

「華々しいサクセスストーリー本」に飽きてしまった方におすすめ


特別な才能を持ち、睡眠時間が短くても疲れを感じない経営者のサクセスストーリーや、あっという間に楽に儲けられる話にうんざりしている人におすすめの一冊です。

私自身はどん底生活から這い上がるヒントが何か一つでも見つかればといいなと思って読みました。貯金の目標額を設定するなどすぐに実行できる事柄から、満足のいかない生活は打ち切るといった少し考えさせられるような内容のものまであるので、読み捨てにするのはもったいない感じです。1項目は短いですので、パソコンが起動するまでの間に読めてしまいます。娯楽として読むのもいいですし、モチベーションを維持するのにも役立ちます。

ビジネス用語が出てこないので読みやすく、素敵な充実ライフを送るための指南書としても楽しめます。ビジネスマンや経営者を志す人はもちろん、主婦やフリーターの方でもちょっと気分が落ち込んだときや壁にぶち当たったときに、気分を切り替えるのにおすすめです。読んだだけだとすぐに忘れてしまうので、実際に1日1項目ずつ実行する目標を立てるとなお良いと思います。

anond.hatelabo.jp

堅実な人のためのドイツ式成功術

堅実な人のためのドイツ式成功術

  • 作者: エーリッヒ・J.ルジューヌ,畔上司
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2001/11/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る