読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

うまくいっている人の考え方完全版 ジェリー・ミンチントン

ジェリー・ミンチントンの「うまくいっている人の考え方完全版」です。

人生の中で1度は弱気になってしまったことがあると思います。
自分の人生の選択から逃げてしまっている弱い人間だ、自分は不完全な人間でありみんなより劣っている、自分は欠点ばかりの人間なんじゃないか・・・などなど。

人間は窮地にいるとき弱いところにばかり目がいってしまう生き物です。
また、他者とのコミュニケーションをとるときに思いがけず不快な思いをしてしまい、その原因が自分にあると思い込んでしまうと、自身を責めていくロジックが出来上がってしまいます。

 自身を責めてしまうロジックが一旦出来上がってしまうと、何が起きても自分が悪い、自分に何かが不足しているんだ、とさらに自分の中に欠点を見つけようとしてしまいがちになります。

そんなときは、うまくいっている人はどういう考え方をしているのか、どんな生き方をしているのかを参考にしてみると意外と歯車が?み合ったかのようにすんなりうまくいくかもしれません。
著者は、自分の弱いところばかりをみてしまう考え方を変える第一歩として、『自尊心を高めるために』というキーワードを掲げています。

自尊心を高めるとは、どういうことなのか。著者は、自分自身を肯定的に受け止めること、他人と同じように自分自身にも他人と同じように素晴らしい人生を創造する価値がある人間だと捉えることだと本書で言っています。

本書の中で、1~100までの項目でネガティヴな言動・行動をいかにポジティヴな言動・行動に変えていくかのヒントが散りばめられています。

今までの人生で培ってきた固定観念を一度別の視点からとらえ直し、新しいセルフイメージを抱くこと。ほんの少し考え方を変えるだけで、人間的に大きく成長し、はるかに幸福な人生を歩むことが可能である、と結んでいます。今の自分自身に自信がない、他人よりも劣っていると感じてしまっているもったいない方にこそ読んでほしい一冊となっています。

自分が重要な存在だと思い、自分の価値観を大切することが重要

私がこの本に出合ったのは、会社の社内勉強会でのことでした。経営コンサルタントの先生が次回の勉強会の題材に本書を指定したため、購入しました。

その際は、私の会社での業績がうまく結果として出ずに、思い悩んでいる時分でした。何をやってもうまくいかない、結果に出ない。行動をおこしてみても結果に繋がらない。でも、社内の他の人間は結果を出して表彰されている。何か自分に原因があるのではないか、何か自分に不足しているところがあるんじゃないか、とまさに冒頭で挙げた自分自身の欠点を探してしまっている状態でした。

勉強会当日までに読み進めておこうと、本書を開くと冒頭の見開きに『自尊心の欠如』という文字があり、些か驚きを隠せない状態でした。そこからは読み進めれば読み進めるほど自分自身の事を言われているんじゃないかと思うほど当てはまることが多すぎて恥ずかしさを覚えたほどです。
読み進めた際に心に響いた項目2点を挙げると、『自分が重要な存在だと思う』、『自分の価値観を大切にする』になります。

『自分が重要な存在だと思う』に関しては、冒頭の通り、自身にコンプレックスを抱いていた身としては目から鱗の状態でした。存在しているだけで意味がある、ただ生きて生活をしているだけで社会を経済を回している人間なんだ、と本書では挙げられていましたが、確かに大局的な見方をするとそうとも言えるな、と納得してしまいました。どうにも人間は窮地に追い込まれたとき視野が狭くなりがちなようです。

また、『自分の価値観を大切にする』という項目では、人並みに暮らしたい症候群という珍妙な症状について書かれています。他人が持っているから自分も購入しよう、他人から良く見られたいから購入しよう、というのは、モノありきの考え方になっているのではないか、と著者は言っています。言い換えれば、自分自身の価値観を曲げない=自分に自信を持つ、ということに繋がります。視点を変えれば、裏を返せばなど、今の自分でも納得でき、実践できそうな項目がいくつか挙げられており、自分にも価値があるかも?という感情が芽生えてきました。自分自身に自信を持つという勉強会の目標は本書の読破後達成されました。

自分に自信ない人におすすめ

本書はとにかく自分自身に自信のない人、欠点ばかりだな、と思っている人にオススメです。とはいえ、本書を読んだからといって、すぐに結果が出る訳でもましてや考え方ががらりと180度回転する訳ではありません。実際に読んでもきっかけになる程度だとは思います。

しかし、視野が狭くなっている人にはそのきっかけにすぎない小さなとっかかりが大事なんだと思います。こんな考え方があったのか、こういう風に思っている人がいるんだ、と1~100の項目の中で1つでも2つでも何かを学ぶことができたら成功だと思います。
反対にやたらと斜に構えている人にはオススメできません。本書のタイトル通り、うまくいっている人は1~100の項目でどれかを実践していて、実際に結果を出していると思います。今、自分自身に自信の無い人、成功している他人をうらやましく思っている人は是非、自尊心を高めるところから自分を高めていってください。自分自身を変えるアシストとして本書をご紹介いたします。

thechange.jp

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)