ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

入社3年目までに勝負がつく77の法則 中谷彰宏

この本はタイトルからわかるように、入社3年目までの仕事の取り組みに関する「心構え・考え方」や「具体的なアドバイス」について書かれた本です。著者は、これまでの出版冊数が1000冊をも超える中谷彰宏氏で、特にこの本は比較的初期に書かれた本です。中谷氏自身も、独立するまでは広告会社で働いており、そこで学んだことをベースにして考え方が展開されています。

 まず、入社3年目までの心構えとして、その期間は死に物狂いで働かなければならないと主張しています。そこでついてしまった差は、一生取り戻すことができないと厳しい視点で述べられているのです。

しかし、最初の3年というのは当然のことながら面白い仕事など任せてもらえないので、どのように努力をすればよいのかが気になるところです。そこで中谷氏は「まずは仕事の量をこなすこと」や「自分自身の面白いと思えるやりがいを見つけること」などの具体的なアドバイスを挙げています。

特に「とにかく量をこなす」という考え方は、中谷氏の他の著書を見てもわかるのですが、彼の最も中心的な主張の1つだと言うことができます。このように量をこなすのが良い理由としては、新人のうちは何が効率の良い方法なのかはわからないので、とにかく量をこなす中で自然と効率の良い仕事の仕方が身につくと考えています。また、仕事というのはそもそも面白くないと気付くことが肝心で、それを踏まえた上で、自分なりのやりがいを見つけていくべきだというのも面白い仕事観と言うことができます。

一方、仕事に関する具体的なアドバイスとしては、「叱られた時こそお礼を言う」ことや「師匠を持つ」ことの大切さが述べられています。このような教えは、仕事についての考え方というよりは、すぐに実践できるタイプのアドバイスとなっています。
 このように、本書では仕事の心構えから始まり、また苦しい時には背中を押してくれるようなアドバイスも書かれています。そして、すでに述べたようにこの本は中谷氏の中心的な考え方のエッセンスが多く含まれており、その考え方を知るにはおすすめの1冊です。

仕事を覚えるためにはとにかく量をこなすこと

この本で書かれている、仕事を覚えるためにはとにかく量をこなすという考え方は、古典的でありながらも非常に大切な考え方だと思います。最近ではもっとスマートな、「効率化」や「ロジカルシンキング」のようなものが注目されているようで、書店などに足を運んでも、そういった考え方が流行っているのだと実感します。

しかし、特に入社したばかりの頃は、一見古典的にも見えるこのような考え方を取り入れることが必要だと私は考えます。というのは自分自身の経験を振り返ってみても、やはり一定量をこなすことは必要だと実感しているからです。

例えばTOEICのテストを考えると、今となっては自分でも満足できる点数が取れるようになりましたが、そこにたどり着くまでには実際には膨大な量の勉強をしました。巷では「たった3日ですらすら喋れるようになる」や「○○するだけで、聞き取れるようになる」と言った勉強法が紹介され、事実そのようなものに飛びつく人が多いと感じます。楽をしたい気持ちはよくわかるのですが、やはり英語を身に付けるには、ある一定以上の分量を勉強するしかないと、自分の経験を踏まえて今では考えるようになりました。

その他にも、読むと元気がもらえるという点でも本書は役立っています。結果が付いてこなくて苦しい時も、長期的な視点を取り戻して頑張ろうという気にさせてくれます。具体的には「机をたたき割りたくなったら一人前」という内容のところは大いに励みになりました。

つまり、頑張っている人ほど、結果が付いてこないと悔しいということを言ってくれているのです。頑張っていればいるほど、自分の提案が通らなかったときなどは誰でも悔しいものです。

しかし、新人のうちは経験も浅く失敗の方が多いわけですから、そのような悔しさをバネにして努力し続けることが重要です。ここで書かれている、著書自身が机をたたき割りたくなりながらも努力を続けていた話を知ることで、自分も頑張ろうという気にさせてくれます。

これから新入社員として働く人に一読してほしい本

この本は大学を卒業し、入社したばかりの人に対して書かれています。すでに説明したように、書かれた時代も古いので、多少古典的な考え方に感じる人もいるかと思います。いまではIT化やグローバル化によって、効率化が進められ、活躍の舞台も広くなりました。
しかし、仕事とはどのような心構えで行うべきかといったような基本的なことは時代の変化で変わるようなものではなく、そのような考え方を学ぶには、むしろ本書は有効だと思います。そういった意味ではこれから新入社員としては働く人、あるいは入社して数年働いている人にも是非おすすめしたい1冊です。

また、仕事をする中で結果が出なくて悩んでいる人には、新人ではなくても参考になる部分が多いと思うので一読をおすすめいたします。

また、もし本書を読んで中谷氏の世界観に興味を持った人がいれば、『大学時代にしなければならない50のこと』もおすすめです。こちらの本では、物事を学んでいく姿勢が書かれており、大学生でなくても多くを学べるように書かれています。あわせて読んでみると大いに役立つと思います。

www.outward-matrix.com

入社3年目までに勝負がつく77の法則 (PHP文庫)

入社3年目までに勝負がつく77の法則 (PHP文庫)