ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない 野口悠紀雄

著者の野口悠紀雄氏は、超「勉強法」や超「整理法」などから始まる「超」シリーズの研究者です。既に75歳のご老体ではありますが、講演やシンポジウムでの思考反応のスピードや舌鋒の鋭さを見ると働き盛りの青壮年という印象を受けます。

実際、次々と近いテーマで著作を出していますがどれも非常にタイムリーで論理に飛躍がありません。
また、野口氏に初見で興味を持った方はyoutubeなどで公式動画を観ることもおススメします。なにしろ教育者歴も長い人なので、口頭の理論解説も素晴らしく理解しやすいです。

 さて、本作に関してですが、いま金融界でもっとも耳目を集めているトピックのひとつであろうビットコインについて、概要を説明した後、原理やこれに関わるプレイヤーを紹介していきそのメリットに触れ、最後に未来の社会をどう変えていくということについて満遍なく触れ、いずれ通貨としての主役の一端を担うと断言しています。野口氏が本著を上梓したのは2014年ですが、経過は彼の言った通り、ビットコインの取引代理業者の持ち逃げなど事故はあっさり乗り越え対ドル相場は上昇し続けてきました。

 本著の圧巻はやはりビットコインの仕組み解説部分です。私は私大の法学部出身なもので常に数量経済学や金融工学に苦手意識を持っているのですが、野口氏は常に専門的な数式の一歩手前で理論を理解させてくれます。この本でも例にもれず、なぜビットコインは権力による監視や摘発が無くても効率的に善人同士の取引が可能なのか平易に解説してくれています。

そして、マイニングというワークビットコインシステムを性善説で完結させることができる最大の根拠についても非常にわかりやすく解説しています。最終的には送金コストや取引コストを極限までゼロに近づけることによって、グローバリズムも極限まで進み、それは富の再分配にも寄与するであろうということです。

最後に、ビットコイン以外の仮想通貨にも触れさらに付録で暗号化システムについて触れらています。よくもこれだけの事象を盛り込んだものだと驚嘆です。

基本的な「通貨」の概念を見直すことができる

正直なところ、マウントゴックスの事件で日本中が騒ぎがなった時点で、マスコミも私を含む一般大衆もビットコインは終わったと思ったはずで、マーケット全般に毎日目を通している私は、野口氏の本著に出会うまでは(正確にいうと動画サイトの氏の主張も含めて)何故あれほどの金額の盗難を許すようなシステムが存続しているのか不可解でした。

その疑問は本著の解説を読んで氷解しました。「個人情報は個人が責任もって管理しなければならない、その部分だけは他人に委託できない」マウントゴックスのユーザーの方たちはセキュリティの最後の鍵まで他人に預けてしまったのだと理解できました。

ざっくりと言えば、金庫屋さんで金庫を買って、ダイヤル鍵番号を変えるように注意されているにも関わらずそのまま使っていたのだなと。そしてそれに気づいた悪人の犯罪を誘発してしまった。(もしかすると初めから誘導があったかもしれませんが)

 それから社会構造の問題として、インターネットで通信は世界中が数秒でつながっているのだから、お金や知的労働に関してもゼロに近づけば人間はもっと幸福になれるという野口氏一流の持論も展開されてゆきます。

 ユーザー同士の取引が正しいものであることを証明するマイニングを競争的にユーザー同士に常時行わせて賞金的な手数料をはらうことによってズルい介入者を100%排除できるシステムであり努力すれば不労所得にもつながるマイニングはもはや、人間を善に導く技術ですらあると私には思えました。

 ビットコインを初めとする仮想通貨を、一部の専制国家が規制しようとしても国内において実体のあるものを買えないだけであって、電子証券化もできるし、数字の羅列である鍵を記憶していれば規制不可能です。

いわば政治体制の民主化まで、たかがコンピューター内の仮想通貨にそこまでの変革性もありおそらくはネット上の仮想通貨で決済するのが常識になった未来では「昔は紙とかまるい金属に経済的価値があった」と歴史の教科書に書かれるのだと思います。

 数学的な発想が苦手な人におすすめ

野口悠紀雄氏は元々は金融が専門だと思いますが、世に知られるきっかけになった、超勉強法や超整理法は、ジャンルを問わず、学生やビジネスマンや研究者に思考の仕方や、時間の使い方を教えたものであります。

そしてそういった著作の中でも、常に野口氏は最高の効率を持って情報を伝達しようとされています。理系の学生や若い研究者の中にはこの本を読んでたちどころに全て理解できる人がいるでしょう。

まず20代の人には野口氏のこの柔軟性を味わってもらいたいです。私は40代の男性ですが、70代の野口氏の新しいものに対する柔軟な学習力そして理解した後の説明の精微な巧さに驚嘆します。また文科系の学生さんたちには野口氏の論はいささか難しい場合もあるかもしれませんが

数学的な発想が苦手な人にほど、仮想通貨の理論に親しんで、効率の高い社会を志向するベクトルを持っていただきたいと思います。中高年で理数系の私にとっては野口氏のこの著作は金融工学から差し伸べられた細く強い糸です。

ascii.jp

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない