読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

レバレッジ・リーディング 本田直之

コンサルティング会社の代表取締役の方が書いた本で、この方は本一冊を1時間程度で読み年間300冊以上の本を読むかなりの愛読家です。

この本を私の解釈で一言で表すとすれば「読書の教科書」です。本を読むためには一体何が必要なのか、なぜ本を読むのか、そもそも本とは何なのか。といった切り口から話が始まり、主に「多読術」について、本をたくさん読むためには一体どのような方法をとればよいのか。多読と速読は何が違うのか?という内容がメインとなっています。

 今まで時間をかけて読んでいた本が、こんなにも簡単に、そして大量に読むことができるようになるのか、と一種の驚きを覚えるそんな内容です。また内容が素晴らしいのはもちろんのことなのですが、本の書き方も読み手を意識した非常に読みやすい構成となっています。

これは、この本の筆者自身がかなりの愛読家であるからこそ成せる書き方だと思います。章ごとに最後のページには「まとめ」が記載されており、本文を読み、理解を深めたあと、そのまとめで復習することが可能で本の内容を自分自身に非常に落とし込みやすいです。
また、この本では書籍を購入することは「自己投資」だと考えられています。主に経営者もしくはビジネスマン目線の内容構成なっており、自分自身のこれからのキャリアに読書をどのように活かしていくべきか、また何をすれば活かすことができるのかという内容がわかりやすく書かれています。

そして本のタイトルにもなっている「レバレッジ(てこ)」を用いて読書を効率的にする方法、が筆者が最も重視しているないようであり、レバレッジを用いるための本選びのコツや、本の活用法、またそこから生まれる投資のリターンについても詳しく述べられています。

この本を読むことによって今すぐ書店に駆け込んでビジネス書を買いあさりたくなってしまう。そんな内容の本であると私は感じました。まさしく「読書の教科書」が内容を一言で表す一番的確な表現だと私は思います。

いかに短時間で本を読むのかという「多読術」をを学べる

「本の読み方」を学ぶことができました。私は今までファンタジー小説や、物語小説を多く読んでおり、ビジネス書や経営指南書等は全く読んでいなかったのですが、この本と出会って今ではほとんどビジネス書しか読んでいません。

それも全てこの本から学んだ「ビジネス書の購入は一種の”投資活動”である」といった考え方に非常に感動したからです。この本によるとビジネス書への投資は100倍で返ってくる。1500円の本を購入すれば15万円のリターンがある。読書するだけでこれだけのリターンが得られると思えば読書がいかに素晴らしいかといったことに気づけるはずです。私自身それに気づき、今では読書の虜になってしまいました。

よく本を読まない人は「本を読む時間がない」と言います。しかし、それは「本を読まないから読む時間がない」この考え方も非常に素晴らしいものだと思いました。本というものは、その筆者の何十年と重ねてきた経験をわずか数時間で体験することができる素晴らしいツールである、

その体験から得た失敗と成功を自分の人生に反映させることによって人生数十年分の短縮が可能なのです。本を読む時間をつくるために読書をする。これによって私の電車の時間は投資活動の時間になりました。

またその読書を行うための方法もしっかりと記されているため無駄なく多くの本を読むことができる。まさしく私の読書に革命を起こしました。いかに短時間で多くの本を読むか、その「多読術」をこの本からしっかりと学べました。

本の選び方も非常に参考になるものでした。まずは本を購入する場所です。私は今まで気になるタイトルの本をネットで検索し、購入していましたが、この本に書かれた本の選び方によると、まずは目的を定めて本を購入する場所を選びます。

タイトルがわかっている場合は本屋にいって直接購入します。するとその本と同じジャンルの本が近くにたくさん並んでいるため、次に購入したい本や、一緒に購入する本をその場で発見することができます。

これも時短の一つであると私は解釈しました。また漠然とこんな本が買いたいと思った時はネットショッピングを用いた購入を行います。

ジャンル検索をすることにより、これも本屋の時と同じように時短につながります。この「レバレッジリーディング」に書かれていた内容のおかげで本を購入するときでも困らず、また本を効率的に読め、そしてすぐ次の本に移れるといった最高の読書サイクルを作ることができました。

時間のある大学生に是非おすすめしたい本

時間を持て余している大学生に是非おすすめしたいです。社会に出る最終準備段階である「大学生」という時間を使って、いかに社会人になるまでにアドバンテージを得ることができるか、その後の人生に大きく関わってくると私は考えます。

そんな大学生にとって読書とは最高のスキルアップツールだと考えます。先人たちの知恵を読書をすることによって自分自身の経験とし、社会に出たときにどのような行動をとりたいのか。そんな思いを持ちながら社会人になればきっと素晴らしい成果を上げる、世間から必要とされる人材になれると思います。そのためにまず、「本の読み方」を学んでほしい。本を読むことによってどんな素晴らしいメリットがあるのか、読書の素晴らしさに気付いてほしい。

大学生で本をたくさん読む人は少ないと思います。だからこそ、本をたくさん読んで周りに差をつけることによって成功への一歩を踏み出してほしいです。

本を読んだからといって必ず成功するわけではないです、しかし本を読まずに成功したひとなんていません。だからこそ読書をしてほしい。そのきっかけとして、この一冊をおすすめしたいです。

www.biztikara.com

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング