読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

伝える力 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える 池上彰

このビジネス書の著者はテレビでもご活躍されている「池上彰」氏です。
ビジネス場面で、どのようにして物事をわかりやすく的確に相手に「伝える」ことができるのか、そのコミュニケーション術について書かれているビジネス本になります。

その「伝える」手段として、「話す」こと「書く」ことの重要性を述べていますが、池上氏は、これらの手段には更に「聞く」ことも「伝える」手段の一つであると位置づけています。様々な「コミュニケーション」方法に関しての重要性だけでなく、どうすればそれらの技術が向上するのかを学ぶことができる本です。

こちらの本のターゲット層は40代以下のビジネスマンということで、内容自体は基本的なものですが、その分若い世代にもオススメできるビジネス本ではないでしょうか。

池上氏はニュース番組に長らく出演してきた経験から、難しい話題や問題をいかにして分かりやすく他者に伝えることができるかを試行錯誤してきました。その池上氏が指摘するコミュニケーション術は説得力があり、なるほどと思わせてくれる内容で溢れています。
他者に分かりやすく物事を伝えるには、まず自分自信がそのことについて深く知っておく必要がある。このように本の中では述べられています。

そして、伝えようとしている物事を伝える場面では、抽象的表現は使用しないことも必要なことだと述べています。

抽象的表現としての「?的、?性」といった表現、あるいはイメージが湧きづらいカタカナ語はなるべく使わないようにすることが大切であるということです。そして自分が相手の立場に立って、難しいことでも理解してもらえるかをしっかりと考えて話すことが必要です。

また、話をする際にははじめの「つかみ」が大切であり、相手に興味を持ってもらうためのテクニックを学ぶことができます。

その他にも、ビジネス文書における伝え方のコツや、文章力を向上させる方法など、ビジネス力を更に上げるうえで欠かせない情報が満載の本です。"

ビジネスでの「伝える」力を向上できる

この本からは、他者に何か物事について伝えたいと思うときや、伝えなければならない必要性があるとき、どのようにすればしっかりと内容を相手に伝えることができるかを学ぶことができました。

表面的ではなく、具体的に相手に「伝える」ことが求められるビジネス場面では、まず誰よりも自分が「伝える」内容について理解・把握しておく必要がある。このことが必要不可欠であると理解できました。

私は仕事柄、他者に対して説明をする機会が多いのですが、この本を読んでからはより一層業務に関する知識を深めることを目指し、業務知識の幅を広げることができました。そしてその知識を単なる知識として終わらせず、

専門用語があるものなどは、誰でも分かりやすい言葉に言い換えながら説明を心掛けています。これを実践するようになってから、以前よりも説明後に他者からの質問が減少しました。つまり、相手に理解してもらえる場面が増えたということです。

これは「伝える」力を向上させることができたからではないでしょうか。相手を高圧的に無理やり説得するのではなく、相手の立場に立った上で理解させること。この心掛けで、これほどにも「伝わる」ようになるのだと驚いています。

そして、メールや電話、報告書の作成など現場で日常的に行われている業務において、この本で述べられていた「話す」、「書く」、「聞く」というコミュニケーション手段のポイント実践することで、業務が円滑に進んでいくようになったと感じています。

特にメールや報告書などの文章作成の際に気をつけていることは、もう一人の自分を作り出して作成した原稿をチェックするということです。

自分自身を客観視する意識。この部分が私には欠けていた部分です。しかし、相手に伝わる良い文章を書く能力がまだまだ未熟だと実感しているので、新聞などの優れた文章の書き写し練習を行うことを実践し、文書のフォーマット能力を身に付けていきたいと思います。

コミュニケーションスキルに不安をもつ若い世代におすすめ

この本は、コミュニケーションスキルに不安を持つ若い世代にオススメできるものです。コミュニケーションスキルはビジネス場面だけでなく、学校や職場、日常生活において、物事を円滑に進めるうえで欠かせない能力だと言えます。

若い世代で自分自身のコミュニケーション能力が欠けてることを自虐的に表す「コミュニケーション障害=コミュ障」という言葉が流行していますが、それだけ今の若い世代において、コミュニケーションスキルに不安を抱えている人が増加しているということでしょう。

しかし、そのようなコミュニケーション能力に不安を持つ世代は、自分自身の資質や性質がそうであるということではなく、単にその方法を知らないだけではないかと思います。
その意味で、「話す」「聞く」など「伝える」ための基本的スキルの重要性やポイントを学べるこの本はオススメできるものです。

また、面接や試験を通じて、企業に自分自身を「伝える」必要がある就職活動中の学生にもこの本はオススメではないかと思います。

yamayoshi.hatenablog.com

「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! 伝える力 (PHPビジネス新書)

「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! 伝える力 (PHPビジネス新書)