読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス書籍紹介日記

ビジネス関連書籍の紹介日記です

一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」 中野裕哲

ビジネス書籍

著者の中野裕哲さんは、起業コンサルタントして起業家の支援をライフワークとしており、起業準備から起業後まで窓口ひとつで支援することをビジョンとしている、「まるごと起業支援ドットコム」を主催されています。

そんな中野さんが書かれているこの本は、本のタイトル名からも分かるように、これから起業を考えている方向けの内容となっています。

起業に対する心構えから、ビジネスプランの決定方法、起業資金の検討方法についても述べられています。

その他にも、一番大切な集客の方法についても書かれています。

おおまかに「オンライン集客」と「リアル集客」とに分かれており、それぞれ何種類もの集客方法についてこと細かく書かれているので、自分にはどの方法が当てはまるのか見分けることができ、とても分かりやすいです。

起業は一人では限界に感じることがたくさんあるかと思います。

ビジネスパートナーや従業員の選定の仕方から、その従業員に対して採用後の手続き方法についても詳しく書かれていました。

また、多数いる専門家についても、どのような専門の分野をどの機関のどの専門家に相談したらよいか一覧にして表示がされていました。

初心者は、分からないことがあると手っ取り早くネットを使用して調べてしまいがちですが,そこには必ずしも正しい情報があるとは限りません。時には起業すると分かった途端に、色々な人が声をかけて近付いてくる場合があります。

隙だらけで利用してやろうと考える人間もいるということです。

起業に関して不安だらけの状態でも、自分にとって相手はメリットのある人物かどうか見極める力も必要です。

起業に関しての基礎はもちろん、前述のようなメンタルな部分に関してアドバイスをくれる本かと思います。

そして最終章には、起業に関するよくある質問についても記述されています。
起業を考えている人が必ずと言っていいほど質問してくる内容について、解答しています。

 事業計画書のテンプレートがダウンロードできる起業の説明書

私は最近、数ヵ月前から起業を考えるようになりました。

具体的に「こういうことがしたい!」というようなプランは強くあるものの、経営に関するノウハウがあるわけでもなく、これまでの人生で人に自慢できるようなスキルや経歴もありません。

もちろん、何から始めていいのかもわからなくインターネットで調べても起業のコツやまとめ記事のようなものばかりで、何が正しいのか、何を信じていいのか逆に不安になるばかりでした。

私が知りたかったのは、始めて起業を考えている人向けの説明書のようなものでした。起業を考えたその瞬間から、実際に動き出すまでに何をしたらいいのか出来れば手順通りに知りたかったのです。

この本は、それを的確に説明してくれて初心者にもわかりやすく説明してくれています。特に役立ったと思う内容はいくつかあるのですが、特に役立ったと思うのは「事業計画書」のテンプレートです。

この本の中に、事業計画書のテンプレートがダウンロードできるURLが記載されているので無料でダウンロードできます。

しかも、起業支援をライフワークとしている著者が実際に使用しているものです。日本政策金融公庫の融資申し込みの際に、提出して審査が通っている実践的なフォーマットの物なので、とても参考になると思います。

それから、起業をする際のスケジュールの中にも役立つものがありました。

起業までの初期段階で、創業融資を必要とする場合にはタイミングが重要とのことでした。起業場所を不動産会社などで決めた場合、創業融資の審査が終わり、実行後に不動産の契約になります。

仮に自己資金があり、その中で不動産契約に関する初期費用をまかなえたとしてうっかり契約してしまうと、融資の審査に落ちてしまった場合にその後の工事費用や運転資金を支払うことができず大変なことになってしまいます。

そうなることを防ぐためには、物件探し、創業融資の準備は並行して行った方がいいことがわかりました。

これから起業を考えている人におすすめ

この本は、やはり起業をこれから考えている人におすすめしたいと思います。

初めて起業を考える人は、何をしていいのか、何から始めていいのか分からない人がほとんどかと思います。

インターネットが普及している今の時代、調べることは簡単ですが間違った情報に振り回されることも珍しくありません。

知識のない私のような人にとっては、起業は一大決心ですし間違った情報で進めてやり直せるほど簡単なものではありませんので、起業に関する情報がこのように順を追って説明されている本はとても参考になりました。

起業したからといってそれがゴールではなく、起業してから軌道に乗り落ち着くまでは気が抜けません。

せっかくの自分のやりたい事業が失敗しないためにも、起業までの準備不足に陥ることがないよう、この本を参考にして慎重に進めていこうと思います。

また、起業したばかりの人にも役立つ情報が書かれていると思いますので、ぜひ参考にしてほしいと思います。

baitalk.jp

一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」 (アスカビジネス)

一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」 (アスカビジネス)