ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

金融書籍

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない 野口悠紀雄

著者の野口悠紀雄氏は、超「勉強法」や超「整理法」などから始まる「超」シリーズの研究者です。既に75歳のご老体ではありますが、講演やシンポジウムでの思考反応のスピードや舌鋒の鋭さを見ると働き盛りの青壮年という印象を受けます。 実際、次々と近い…

投資家心理を読み切る板読みデイトレード術 けむ。 

ブログライターのけむ。さんによって書かれた本です。このけむ。さんという人物を軽く紹介すると、株式投資の世界に入る以前はどこかのメーカーでご活躍されていたそうで、その後、パチプロの世界に入り、年収1千万円前後というという偉業を成し遂げました…

それをお金で買いますか――市場主義の限界 マイケル・サンデル

この本は「ハーバード白熱教室」や、「これからの正義の話をしよう」といった著書で有名な政治哲学者でハーバード大学教授のマイケル・サンデル氏の著書です。 特にハーバード白熱教室は、ハーバード大学の教授が行う講義と議論を味わえることや、哲学的アプ…

昭和恐慌と経済政策 中村隆英

この本は、東京大学の教授を務めた中村隆英氏が書いた本です。昭和42年に出版した「経済政策の運命」という本が底本となっています。 この本では、第一次世界大戦における日本経済の好景気から、昭和初期に発生した金融恐慌に至るまでの日本政府および日本銀…

仕手株でしっかり儲ける投資術 中原圭介

著者である中原氏は慶応義塾を卒業後、外資系金融機関、税務関係の仕事をした後個人事業主となっており、実際にサラリーマン時代に仕手株で100万円を7000万円にした凄腕の投資家です。 この本は、仕手株について書かれています。。仕手株は株の教科書などを…

歴代日本銀行総裁論 日本金融政策史の研究 吉野俊彦

日本銀行の理事、そして山一証券経済研究所の理事長を歴任した吉野俊彦氏が書いた本です。なお講談社学術文庫版では、近年の日本銀行総裁について日本銀行の理事と野村総合研究所の理事長を歴任した鈴木淑夫氏が捕捉を記載しています。