ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

ビジネス書籍

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎 古賀史健

アドラー心理学研究者の岸見一郎さんのお話を、ライターの古賀史健さんが読みやすく感情移入しやすい物語仕立てにした著書です。続編の『幸せになる勇気』とともに、長い人生を精一杯楽しく生きる上での大きなヒントを学べる内容になっています。或る日、哲…

入社1年目から差が付いていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣 野呂エイジロウ

本書「入社1年目から差が付いていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣」は野呂エイジロウ氏による著作です。野呂氏は『天才!たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家としてデビューしその後『ザ!鉄腕!DASH!!』や『奇跡体験!アンビリーバボー』など数…

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする グレッグ・マキューン

著者のグレッグ・マキューン氏は、シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEOです。アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッターなどの有名企業でアドバイザーと務めています。また、エッセンシャル思考の生き方を広めるために、世界中で講演…

コンサル1年目が学ぶこと 大石哲之

書かれている内容としてはコンサルというタイトルがあるものの、コンサルティング業界だけでなく、職業・業界を問わずに今後も長い期間役に立つ普遍的なスキルが理解できるような内容の本になっています。 少し絞った例を下記に挙げさせていただきます。・結…

マンガで分かる!マッキンゼー式ロジカルシンキング 赤羽雄二(著)他

この本は1983年にスタンフォード大学に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了後、1986年に世界最高のコンサルティング会社、マッキンゼーに入社した赤羽雄二さんの文章と、大舞キリコさんの絵による漫画で構成されている、企画、営業、プレゼンなど仕事…

戦場カメラマンの仕事術 渡部陽一

とてもスローなしゃべり方で有名な戦場カメラマンの、渡部陽一さんが書いた本です。この本は第一部と第二部に分かれています。第一部には、渡部さんが戦場カメラマンになるまでの生い立ちや、実際に活動するようになってからの奮闘ぶりや仕事術、営業術が書…

仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい ANAビジネスソリューション

この本は、ANAで20年以上勤める社員さん達や、OBの方々に話を聞いて、「気づかい」のコツをまとめたものです。本は7つの章 (チャプター)に分かれていて、チャプターはさらに5~7つの項目に分かれています。まず最初の章(チャプター)では、「気づかい…

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 内田和成

元ボストンコンサルティンググループで現早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成さんが書いた本です。問題発見・解決を効率的に行うための仮説思考について書かれた本です。問題解決に取り組む際に、完璧に情報が揃っていることはまずないでしょう。 そん…

マーケット感覚を身につけよう-「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 ちきりん

この本はアメリカの大学院留学のあと、外資系企業勤務を経て、2011年から文筆活動に専念されている、ブロガーちきりんさんが書いた本です。ちきりんさんのブログ「Chikirinの日記」は日本で有数のアクセスと読者がおり、多数の本も出版されています。 この「…

20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

この本は実際にライターとして生計を立てている古賀史健さんが、文章を書くためのノウハウを紹介したものです。古賀さんはライター歴15年のベテランで、「読まれるための文章」を書いてきたエキスパートです。その古賀さんが一番はじめに訴えるのは、「話…

日本3.0 佐々木紀彦

こちらの本は、元東洋経済オンラインの名物編集長で、現在は、急成長中のNewsPicks(ニュース共有サービス)で編集長を務める佐々木紀彦氏が書いた作品です。佐々木氏は、私(35歳)と同年代ながら、東洋経済オンラインをビジネス系サイトのトップに押し上げ…

マッキンゼーが予測する未来 リチャード・ドッブス(他)

これからのビジネスはどうなっていくのかを、あのマッキンゼーが分析し、予想する本です。ロンドン、サンフランシスコ、上海をベースとしている、マッキンゼーのシニアパートナーであるリチャード・ドッブス、ジェームズ・マニーカ、ジョナサン・ウーツェル…

チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン

チーズはどこへ消えた?」は、アメリカ合衆国の医学博士で心理学者でもあるスペンサー・ジョンソン氏による全世界で累計2400万部を超える売り上げを記録したビジネス本です。 この本は、1998年にアメリカで出版され大ヒットを記録すると、その人気は瞬く間に…

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である 中島聡

本書はすべてのビジネスマンにとっての仕事の基礎中の基礎である「時間術」について書かれたビジネス書です。 どうしたら与えられたタスクを時間通りにこなすことができるのか、ほとんどの人が働く上で直面したであろう課題について、著者の経験や得た知識を…

伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニー

「伝わる・揺さぶる!文章を書く」は進研ゼミで有名なベネッセコーポレーションで小論文の添削などの仕事に携わっていた山田ズーニー氏の書籍になります。小論文と言う人に説得力ある意見を伝える力を養う科目を担当していた筆者が小論文の指導の中で感じた…

大資産家になるためのアジア副業マニュアル100万円から実現できる人生改革 澤木恒則

大富豪になるためのアジア副業マニュアルはセブ・バンコクに拠点を構え、アジアのビジネスで大成功した澤木恒則氏の著書です。この大富豪になるためのアジア副業マニュアルが主張しているのはこれから起業を考えたいならアジアに目を向けろと言うこと。 なぜ…

ストックビジネスの教科書 大竹啓裕

「ストックビジネスの教科書」という本はレンタルオフィスを経営している大竹啓裕氏によって書かれたビジネス書でストックビジネスというものの大切さについて述べられています。 著者はビジネスには2つのタイプがあると主張しています。それがフロービジネ…

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方 宇都出雅巳

人はなぜミスをするのか?ド忘れや勘違いはどうして起きるのか?この本では、著者の宇都出雅巳氏が記憶術や脳のメカニズムに沿って仕事上のミスがどうして起きていくのかを分析していきます。 例えば、メールの誤字脱字、宛先の間違え、ちょっとした頼まれご…

プロフェッショナルマネージャー・ノート ハロルド・ジェニーン

本書は、15万部を超えるヒットセラーとなり未だに売れ続いているプロフェッショナルマネージャーのエッセンス本です。原書が339ページというボリュームであるのに対して、こちらのエッセンス本は実質100ページ強というボリュームで、超訳・速習・図解・キー…

相手に「伝わる」話し方 池上彰

1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年NHK入局。2005年までの23年間、報道記者といて、様々な事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当。1994年から2年間は、「週刊こどもニュース」のお父さん役を務め、現在はフリージャーナリストとし…

仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン

デイル・ドーテンの「仕事は楽しいかね?」です。仕事をしていく中で、目標を定めたり、予算を設けたりすることは多々あるかと思います。昨年の自分の成績を超えるようにしよう、予算はいくらだからその範囲内でどこまでできるか試してみようなどなど、挙げ…

ほったらかしでも月10万円!ミニサイトをつくって儲ける法 和田亜希子

この本の著者である和田亜希子は、早稲田大学政治経済学部卒の国内初アフェリエイト専門情報サイトの設立者の1人。1998年頃からサイト運営・アフェリエイトを開始し、2004年にはアフェリエイト関連書籍を多数出版。2009年以降は「ミニサイトづくり職人」と…

経営者の心得 新将命

経営のプロフェッショナルとして日本、ヨーロッパ、アメリカの企業の第一線に携わり、社長、副社長を務めてきた新将命(あたらしまさみ)による著書。講演や研修、執筆も多数行っており、「リーダー人材育成」に尽力している。 前半の内容は、「経営者にとっ…

マンガでわかる!マッキンゼー式リーダー論 赤羽雄二

「マンガでわかる!マッキンゼー式リーダー論」は赤羽雄二著のビジネス書籍です。ビシネス書は、文字ばかりで堅苦しくなりがちですが、こちらの本は、文字6・マンガ4くらいの割合で書かれており、普段、文字を読むことに抵抗がある人でも、難なく、気軽に…

バカでも年収1000万円 伊藤喜之

本書は、学歴や資格を強みとしているエリートに対して、そのような強みのない「おバカ」が逆転するための方法が書かれているビジネス書です。そしてこの本は、自らを「バカリーマン日本代表」と呼んでいる、ベンチャー企業取締役の伊藤喜之氏によって書かれ…

イノベーション・オブ・ライフ クレイトン・M・クリステンセン(他)

この本は「仕事とは何か?」を教えてくれる本です。今の時代にぴったりな本です。働き方を変える、残業を減らす、ということにフォーカスが当たっていますが、それには「仕事とは何か?」を定義し、仕事の形や枠組みを把握する必要があります。それには「仕…

なぜアムウェイを選んだのか―自分のための働きかたを実現した人々 峰如之介

峰如之介氏が書かれた本で1959年にアメリカのミシガン州エイダで創設したアムウェイ・コーポレーションでビジネス活動をしている人たちを何人かピックアップして書かれてある本です。 まず、本の内容から説明するとアムウェイとは1959年にリッチ・デブォスと…

ドリルを売るには穴を売れ 佐藤義典

本書の著者の佐藤義典氏は、NTTの営業部門勤務からアメリカに留学しMBA取得後、再び日本でマーケティングの現場に戻り外資系メーカーでのマネジメント実績を積み、2006年からマーケティングコンサルタント会社を設立し社長に就任しました。 大企業の巨大…

テクノロジーは貧困を救わない 外山健太郎 松本裕

この本は元マイクロソフト技術者の外山健太郎氏が書いた、テクノロジーと貧困の関わりについての本です。外山氏は、現在のメインテクノロジーであるデジタル端末を長年扱っているマイクロソフトの元技術者であり、テクノロジーが貧困問題について何ができる…

アフィリエイトで<得する>コレだけ!技 BEST100 リンクアップ

この本は一人の著者が書いたものではありません。「リンクアップ」というパソコン書籍の企画や作成を手掛けるプロジェクトチームによるものです。他にも「ヤフオクで得するコレだけ!技 BEST 100」という同シリーズが出版されています。このアフィリエイトの…

「できる人」が会社を滅ぼす 柴田 昌治

この本の著者は柴田昌治さんという方です。ドイツ語の先生をしたのち、ビジネス教育の会社を設立しました。働き方改革や組織風土の改革に取り組んでおられます。 会社の改革に関する本をたくさん書いておられますが、その中でもこの本は時代の変容や組織の特…

トークいらずの営業術 メンタリスト DaiGo

人の視線の動きや筋肉のこわばり等を見抜いて、考えを当てる事で有名になったメンタリスト・DaiGoさん著作の本です。 書籍記載のプロフィールによれば、現在は企業のコンサルタントとしても活動されています。 本の内容は、特別な話術なしに営業を成功させる…

儲けたいなら科学なんじゃないの?堀江貴文 成毛眞

ホリエモンこと堀江貴文氏と元日本マイクロソフトの代表取締役社長成毛眞氏が、サイエンスをビジネスにする話をしています。専門用語が頻繁に出てきますがネットで検索すればわかるので、サイエンスに馴染みがない方はサイエンスを知るいいきっかけになりま…

問題解決フレームワーク大全 堀公俊

この本の著者である堀公俊は、大阪大学大学院工学研究科修了のコンサルタント。様々な組織において変革や企業合併、教育研修などを行っており、多彩な分野でファシリテーターを行っておりました。 2003年には有志とともに日本ファシリテーション協会を設立し…

起業家の本質 ウィルソン・ハーレル

著者のウィルソン・ハーレル氏は、アメリカの起業家。アメリカのビジネス誌『Inc.』元発行人でCEOの全米組織「成長企業協議会」の創立者であり名誉会長です。 起業家の成功体験から、新たに起業する方へのメッセージとしています。 ハーレル氏の活躍はめざま…

入社3年目までに勝負がつく77の法則 中谷彰宏

この本はタイトルからわかるように、入社3年目までの仕事の取り組みに関する「心構え・考え方」や「具体的なアドバイス」について書かれた本です。著者は、これまでの出版冊数が1000冊をも超える中谷彰宏氏で、特にこの本は比較的初期に書かれた本です。中谷…

完全ひとりビジネスを始めるための本 右田正彦

本のタイトルである「完全ビジネスを始めるための」の通り、この本は仕事をしながらでも出来る副業として、ブログを基点としたビジネスのやり方について書かれている本です。 著者である右田氏は、大学卒業後、大手生命保険グループでシステムエンジニアとし…

起業家 藤田晋

サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏が書いた本で、自身の起業家としての歩みを、ネットバブルの崩壊から1年半後の2001年秋より、告白体の文章で赤裸々に綴ったノンフィクションです。 会社の買収危機を乗り越えるまで、堀江貴文氏との交流やどん…

影響力の武器 実践編 「イエス!」を引き出す50の秘訣 N.J.ゴールドスタイン他 共著

心理学者であるノア・J・ゴールドスタイン博士、コンサルティングサービスや研修を行っているスティーブ・J・マーティン氏、心理学者でありマーケティング指導教授であるロバート・B・チャルディーニ博士の共著です。人を説得するとき、人が承認するときにど…

プロフェッショナル・ミーティング 長田英知

この本の著者である長田英知は、東京大学法学部公法学科を卒業後、政治家やコンサルタントといったキャリアを積みました。コンサルタントと政治家という一見違うようにみえて「ファシリテーション能力が問われる」という共通項を武器に、ミーティング・ファ…

レバレッジ・リーディング 本田直之

コンサルティング会社の代表取締役の方が書いた本で、この方は本一冊を1時間程度で読み年間300冊以上の本を読むかなりの愛読家です。 この本を私の解釈で一言で表すとすれば「読書の教科書」です。本を読むためには一体何が必要なのか、なぜ本を読むのか…

できる人は超短眠! 堀大輔

「できる人は超短眠!」の著者は掘大輔さんという方です。現在は「社団法人日本ショートスリーパー育成協会」の理事長をされている方なのですが、睡眠については専門家ではありません。大学で睡眠研究をしていたわけでもありません。 しかし、多才な方で音楽…

伝えることから始めよう 髙田明

この本は、ジャパネットたかたの創業者、髙田明さんの自著です。そして、商売をしていくうえでもっとも大切だと髙田さんが考えておられる「伝える」ことについてまとめられています。テレビショッピングで家電やパソコンなど、様々な商品を売り続けてきた髙…

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考 江上治

この本の著者は富裕層を専門としているカリスマ ファイナンシャルプランナーです。著者は株式会社オフィシャルの代表取締役、株式会社企画塾顧問、株式会社MMCコンサルティング顧問、ゴールドスター・アセットマネジメント株式会社執行役員という肩書を持っ…

伝える力 「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える 池上彰

このビジネス書の著者はテレビでもご活躍されている「池上彰」氏です。ビジネス場面で、どのようにして物事をわかりやすく的確に相手に「伝える」ことができるのか、そのコミュニケーション術について書かれているビジネス本になります。 その「伝える」手段…

一日も早く起業したい人が「やっておくべきこと・知っておくべきこと」 中野裕哲

著者の中野裕哲さんは、起業コンサルタントして起業家の支援をライフワークとしており、起業準備から起業後まで窓口ひとつで支援することをビジョンとしている、「まるごと起業支援ドットコム」を主催されています。 そんな中野さんが書かれているこの本は、…

MEDIA MAKERS 田端信太郎

著者の田端信太郎さんは自らを「メディア野郎」と称するように、長年メディア業界一筋で常に第一線に身を置いている方です。 リクルートでは「R25」の立ち上げに関わり、livedoorでは「livedoorニュース」を担当し、あのlivedoor事件を社内で経験しています…

プロフェッショナルセールスマン 「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向 神谷竜太

プルデンシャル生命でトップセールスを独走していた、甲州賢という方のセールスノウハウについての本です。顧客や顧客の社員の徹底的に幸せにする為の、最適プランを提案するため、甲州賢さんがいかにその場を切り抜けて、事前の準備に怠らないかを詳しく記…

プレゼンテーションzen Garr・Reynolds(ガー・レイノルズ)

著者であるGarr・Reynolds(ガー・レイノルズ)とは、過去に住友電気工業や米アップルにて勤務し、文化・哲学を研究し続けている方です。 米アップルで勤務していた経験を活かして、スティーブ・ジョブス流のプレゼンテーション方法に、日本文化である「禅」…

パリピ経済 パーティーピープルが市場を動かす 原田曜平

この本は若者について研究をされている原田曜平さんが書かれた本です。 著者の原田さんはこれまでも若者の生態を研究されていて、さとり世代やゆとり世代といった若者世代についての著書を数多く出されています。 また、そう言った若者がどのように消費をす…