ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

1分間マネジャー―何を示し、どう褒め、どう叱るか! K.ブランチャード, S.ジョンソン

まず、仕事において何よりも重要な事は、「生産性」を上げパフォーマンスを最大化させる事にあるという前提に立っています。それは即ち、自身・組織・ともに働く仲間が気持ちよく働ける状況を作り上げる事と同義であるとしたうえで、本書ではそれを「1分間マ…

ひとりビジネスの教科書: 自宅起業のススメ 佐藤 伝

会社という組織を脱出して、ひとりビジネスを目指すための本です。著者の佐藤伝(さとうでん)さんはひとりビジネス習慣の専門家。習慣のエキスパートとしてテレビや雑誌で紹介されています。習慣に関する著作が累計100万部を突破しているミリオンセラー作家…

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎 古賀史健

アドラー心理学研究者の岸見一郎さんのお話を、ライターの古賀史健さんが読みやすく感情移入しやすい物語仕立てにした著書です。続編の『幸せになる勇気』とともに、長い人生を精一杯楽しく生きる上での大きなヒントを学べる内容になっています。或る日、哲…

入社1年目から差が付いていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣 野呂エイジロウ

本書「入社1年目から差が付いていた!行動が早い人の仕事と生活の習慣」は野呂エイジロウ氏による著作です。野呂氏は『天才!たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家としてデビューしその後『ザ!鉄腕!DASH!!』や『奇跡体験!アンビリーバボー』など数…

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする グレッグ・マキューン

著者のグレッグ・マキューン氏は、シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEOです。アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッターなどの有名企業でアドバイザーと務めています。また、エッセンシャル思考の生き方を広めるために、世界中で講演…

コンサル1年目が学ぶこと 大石哲之

書かれている内容としてはコンサルというタイトルがあるものの、コンサルティング業界だけでなく、職業・業界を問わずに今後も長い期間役に立つ普遍的なスキルが理解できるような内容の本になっています。 少し絞った例を下記に挙げさせていただきます。・結…

マンガで分かる!マッキンゼー式ロジカルシンキング 赤羽雄二(著)他

この本は1983年にスタンフォード大学に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了後、1986年に世界最高のコンサルティング会社、マッキンゼーに入社した赤羽雄二さんの文章と、大舞キリコさんの絵による漫画で構成されている、企画、営業、プレゼンなど仕事…

斉藤一人の道は開ける 永松茂久

永松茂久さんが2010年に出版された本です。文庫本で250ページ強の作品となっています。一言で簡単に内容をまとめますと、著者である永松さんが当時日本一の大実業家であった斎藤一人さんから学んだ「成功者になるためのポイント」について分かりやすくまとめ…

戦場カメラマンの仕事術 渡部陽一

とてもスローなしゃべり方で有名な戦場カメラマンの、渡部陽一さんが書いた本です。この本は第一部と第二部に分かれています。第一部には、渡部さんが戦場カメラマンになるまでの生い立ちや、実際に活動するようになってからの奮闘ぶりや仕事術、営業術が書…

仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい ANAビジネスソリューション

この本は、ANAで20年以上勤める社員さん達や、OBの方々に話を聞いて、「気づかい」のコツをまとめたものです。本は7つの章 (チャプター)に分かれていて、チャプターはさらに5~7つの項目に分かれています。まず最初の章(チャプター)では、「気づかい…

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 内田和成

元ボストンコンサルティンググループで現早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成さんが書いた本です。問題発見・解決を効率的に行うための仮説思考について書かれた本です。問題解決に取り組む際に、完璧に情報が揃っていることはまずないでしょう。 そん…

マーケット感覚を身につけよう-「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 ちきりん

この本はアメリカの大学院留学のあと、外資系企業勤務を経て、2011年から文筆活動に専念されている、ブロガーちきりんさんが書いた本です。ちきりんさんのブログ「Chikirinの日記」は日本で有数のアクセスと読者がおり、多数の本も出版されています。 この「…

20歳の自分に受けさせたい文章講義 古賀史健

この本は実際にライターとして生計を立てている古賀史健さんが、文章を書くためのノウハウを紹介したものです。古賀さんはライター歴15年のベテランで、「読まれるための文章」を書いてきたエキスパートです。その古賀さんが一番はじめに訴えるのは、「話…

本当にわかる為替相場 尾河眞樹

この本は、タイトル通り経済の為替市場にスポットを当てたものになっています。全十章からなっていますので、さらっとその章について説明していきたいと思います。第一章では為替通過ペア(ドル円、ユーロドル、ユーロ円)などの基本的な事柄から始まるので…

日本3.0 佐々木紀彦

こちらの本は、元東洋経済オンラインの名物編集長で、現在は、急成長中のNewsPicks(ニュース共有サービス)で編集長を務める佐々木紀彦氏が書いた作品です。佐々木氏は、私(35歳)と同年代ながら、東洋経済オンラインをビジネス系サイトのトップに押し上げ…

マッキンゼーが予測する未来 リチャード・ドッブス(他)

これからのビジネスはどうなっていくのかを、あのマッキンゼーが分析し、予想する本です。ロンドン、サンフランシスコ、上海をベースとしている、マッキンゼーのシニアパートナーであるリチャード・ドッブス、ジェームズ・マニーカ、ジョナサン・ウーツェル…

チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン

チーズはどこへ消えた?」は、アメリカ合衆国の医学博士で心理学者でもあるスペンサー・ジョンソン氏による全世界で累計2400万部を超える売り上げを記録したビジネス本です。 この本は、1998年にアメリカで出版され大ヒットを記録すると、その人気は瞬く間に…

世界を変えるエリートは何をどう学んできたのか? ケン・ベイン

著者であるケン・ベインはコロンビア大学の学務担当副学長を務め、本書にてハーバード大学出版局賞を受賞しています。本書の他には「ベストプロフェッサー」という著書で全米ベストセラーを獲得しています。共通するのは教育にかける情熱で、どのように学ぶ…

人生を変える習慣のつくり方 グレッチェン・ルービン

この本は、アメリカの作家グレッチェン・ルービン氏が執筆したもので、2016年12月に発行されたものです。タイトルにもあるように、「どうすれば人は変われるか?どうすれば人生が良くなるのか?」を考える上で、その人の日々の生活を形作る習慣について、筆…

英EU離脱 どう変わる日本と世界 経済学が教えるほんとうの勝者と敗者 安達 誠司

著者の安達誠司さんは外資系証券会社を渡り歩き、現在、丸三証券の経済調査部長をされています。現代ビジネスで経済コラムを書かれていて、経済学とデータを用いた分析に定評があります。また、日本経済の長期停滞(名目経済成長率0%、物価が下落し続ける現象…

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である 中島聡

本書はすべてのビジネスマンにとっての仕事の基礎中の基礎である「時間術」について書かれたビジネス書です。 どうしたら与えられたタスクを時間通りにこなすことができるのか、ほとんどの人が働く上で直面したであろう課題について、著者の経験や得た知識を…

海馬 脳は疲れない 池谷裕二 糸井重里

この「海馬 脳は疲れない」は、2017年3月17日に上場した株式会社「ほぼ日」の代表取締役社長でもあり、コピーライターやエッセイストなど多方面で活躍されている糸井重里さんと、現在は東京大学大学院薬学系研究科教授であり、日本薬理学会の理事などもされ…

伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニー

「伝わる・揺さぶる!文章を書く」は進研ゼミで有名なベネッセコーポレーションで小論文の添削などの仕事に携わっていた山田ズーニー氏の書籍になります。小論文と言う人に説得力ある意見を伝える力を養う科目を担当していた筆者が小論文の指導の中で感じた…

マネーの支配者: 経済危機に立ち向かう中央銀行総裁たちの闘い ニール・アーウィン

この本は、アメリカのニューヨークタイムズ紙の経済担当記者をしているニール・アーウィン氏が、2014年3月に日本で出版した本です。この本では、世界の主要国において中央銀行が設立された経緯から、2007年に発生したササブブプライムローンショックや、2008…

大資産家になるためのアジア副業マニュアル100万円から実現できる人生改革 澤木恒則

大富豪になるためのアジア副業マニュアルはセブ・バンコクに拠点を構え、アジアのビジネスで大成功した澤木恒則氏の著書です。この大富豪になるためのアジア副業マニュアルが主張しているのはこれから起業を考えたいならアジアに目を向けろと言うこと。 なぜ…

ストックビジネスの教科書 大竹啓裕

「ストックビジネスの教科書」という本はレンタルオフィスを経営している大竹啓裕氏によって書かれたビジネス書でストックビジネスというものの大切さについて述べられています。 著者はビジネスには2つのタイプがあると主張しています。それがフロービジネ…

世界大恐慌―1929年に何がおこったか 秋元英一

この本は、経済学博士の秋元英一氏が1999年に講談社から出版し、2009年に講談社から文庫化されました。 この本では、1929年10月にアメリカのニューヨーク株式市場で突如として株価大暴落が発生し、これをきっかけとして世界大恐慌が起こったプロセスを記して…

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方 宇都出雅巳

人はなぜミスをするのか?ド忘れや勘違いはどうして起きるのか?この本では、著者の宇都出雅巳氏が記憶術や脳のメカニズムに沿って仕事上のミスがどうして起きていくのかを分析していきます。 例えば、メールの誤字脱字、宛先の間違え、ちょっとした頼まれご…

プロフェッショナルマネージャー・ノート ハロルド・ジェニーン

本書は、15万部を超えるヒットセラーとなり未だに売れ続いているプロフェッショナルマネージャーのエッセンス本です。原書が339ページというボリュームであるのに対して、こちらのエッセンス本は実質100ページ強というボリュームで、超訳・速習・図解・キー…

シャーロック・ホームズの思考術 マリア・コニコヴァ

推理オタクなら誰もが憧れる人物、いや今なら一般人でもその名を知らない人はいないでしょう。アーサー・コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズシリーズ」の主人公であり、架空の人物。天才的な観察眼と推理力を持つ世界でたった一人の顧問探偵…

相手に「伝わる」話し方 池上彰

1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年NHK入局。2005年までの23年間、報道記者といて、様々な事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当。1994年から2年間は、「週刊こどもニュース」のお父さん役を務め、現在はフリージャーナリストとし…

勝ち続ける意志力 梅原大吾 

17歳にして世界一になり、2010年8月「最も長く賞金を稼いでいるプロ・ゲーマー」としてギネス・ワールド・レコードに認定された、職業、プロ格闘ゲーマーである、梅原大吾が執筆した、『勝ち続ける意志力。』という本です。 梅原大吾は2004年カルフォル…

仕事は楽しいかね? デイル・ドーテン

デイル・ドーテンの「仕事は楽しいかね?」です。仕事をしていく中で、目標を定めたり、予算を設けたりすることは多々あるかと思います。昨年の自分の成績を超えるようにしよう、予算はいくらだからその範囲内でどこまでできるか試してみようなどなど、挙げ…

ほったらかしでも月10万円!ミニサイトをつくって儲ける法 和田亜希子

この本の著者である和田亜希子は、早稲田大学政治経済学部卒の国内初アフェリエイト専門情報サイトの設立者の1人。1998年頃からサイト運営・アフェリエイトを開始し、2004年にはアフェリエイト関連書籍を多数出版。2009年以降は「ミニサイトづくり職人」と…

一瞬でYESを引き出す心理戦略 メンタリストDAIGO

この本の著者はパフォーマー、ビジネスアドバイザー、作家、講演家で知られる、自称メンタリストのDAIGOさんです。人の心を読み、メンタリズムを駆使し、人々を魅了できる日本唯一のメンタリストでもあります。 そんな彼が書いた本に『一瞬でyesを引き出す心…

金融の世界史 バブルと戦争と株式市場 板谷敏彦

本書の著者の板谷敏彦氏は、造船会社から社会人生活を始め、その後、証券会社に転職し海外勤務を経て、みずほ証券営業本部統括に就任し、2006年、退職しヘッジファンド(投資顧問会社)を作り独立しました。船舶関連業の実務、 投資に関するコンサルティング世…

経営者の心得 新将命

経営のプロフェッショナルとして日本、ヨーロッパ、アメリカの企業の第一線に携わり、社長、副社長を務めてきた新将命(あたらしまさみ)による著書。講演や研修、執筆も多数行っており、「リーダー人材育成」に尽力している。 前半の内容は、「経営者にとっ…

金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ

ロバート・キヨサキというアメリカの投資家、実業家の方が書いた本。著者は小さいころからお金の教育を受けて成功するために常に試行錯誤していた人で大学に入って卒業して就職してからも虎視眈々と自分のお金持ちになる計画を実行していった人でビジネスを…

堅実な人のためのドイツ式成功術 エーリッヒ・J・ルジューヌ

この本はドイツ人の経営者が書いた本です。「堅実な人のためのドイツ式成功術」とタイトルにあるように、ドイツ人には堅実なイメージがあります。 著者は貧乏のどん底から成功した人物で、ドイツの年間最優秀経営者に選ばれたこともあるそうです。ブックカバ…

「権力」を握る人の法則 ジェフリー・フェファー

スタンフォード大学ビジネススクール教授、ジェフリー・フェファーの著書で2011年に出版されています。この本では世の中のリーダーシップ本は、その本をかいた彼らがトップに上り詰めるまでにへてきた抗争や駆け引きには触れず、世の中は公正であり誠実で良…

マネーの進化史 ニーアル・ファーガソン

この本は、アメリカのハーバード大学で歴史学の教授を務めるニーアル・ファーガソン氏が書いた本です。マネーがどのような経緯で生まれ、貨幣として発達し、歴史的にどのような経緯をたどって膨張してきたかを解き明かす内容となっています。 この本では、ま…

マンガでわかる!マッキンゼー式リーダー論 赤羽雄二

「マンガでわかる!マッキンゼー式リーダー論」は赤羽雄二著のビジネス書籍です。ビシネス書は、文字ばかりで堅苦しくなりがちですが、こちらの本は、文字6・マンガ4くらいの割合で書かれており、普段、文字を読むことに抵抗がある人でも、難なく、気軽に…

はじめての人のための3000円投資生活 横山光昭

家計再生コンサルタントの横山光昭(よこやま みつあき)さんがお金の貯め方について書いてある本です。横山さんといえば数年前からお金についての本を、本屋でよく見かけるようになり、横山さんといえば貯金というイメージがつきました。 毎月3000円という…

バカでも年収1000万円 伊藤喜之

本書は、学歴や資格を強みとしているエリートに対して、そのような強みのない「おバカ」が逆転するための方法が書かれているビジネス書です。そしてこの本は、自らを「バカリーマン日本代表」と呼んでいる、ベンチャー企業取締役の伊藤喜之氏によって書かれ…

イノベーション・オブ・ライフ クレイトン・M・クリステンセン(他)

この本は「仕事とは何か?」を教えてくれる本です。今の時代にぴったりな本です。働き方を変える、残業を減らす、ということにフォーカスが当たっていますが、それには「仕事とは何か?」を定義し、仕事の形や枠組みを把握する必要があります。それには「仕…

ドル消滅 国際通貨制度の崩壊は始まっている! ジェームズ・リカーズ

この本は、経済評論家にして投資家でもあるジェームズ・リカーズ氏が書いた本です。国際基軸通貨である米ドルの繁栄は、実は砂上の楼閣であり、すでに崩壊のカウントダウンが始まっていること、そんなドルのかわりに特別引出権(SDR)が台頭する可能性が高い…

なぜアムウェイを選んだのか―自分のための働きかたを実現した人々 峰如之介

峰如之介氏が書かれた本で1959年にアメリカのミシガン州エイダで創設したアムウェイ・コーポレーションでビジネス活動をしている人たちを何人かピックアップして書かれてある本です。 まず、本の内容から説明するとアムウェイとは1959年にリッチ・デブォスと…

ドリルを売るには穴を売れ 佐藤義典

本書の著者の佐藤義典氏は、NTTの営業部門勤務からアメリカに留学しMBA取得後、再び日本でマーケティングの現場に戻り外資系メーカーでのマネジメント実績を積み、2006年からマーケティングコンサルタント会社を設立し社長に就任しました。 大企業の巨大…

ソロスは警告する2009 恐慌へのカウントダウン ジョージ・ソロス

この本は、世界的に著名な投資家であるジョージ・ソロス氏が2008年にリーマンショックが発生した直後に出版した本です。そして、この本では2009年初頭時点での世界経済の状況について述べ、経済危機に対して発動すべき政策を述べています。 まず、ソロス氏は…

テクノロジーは貧困を救わない 外山健太郎 松本裕

この本は元マイクロソフト技術者の外山健太郎氏が書いた、テクノロジーと貧困の関わりについての本です。外山氏は、現在のメインテクノロジーであるデジタル端末を長年扱っているマイクロソフトの元技術者であり、テクノロジーが貧困問題について何ができる…