ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

コンサルタントの道具箱 G.M.ワインバーグ

「コンサルタントの道具箱」は、ソフトウェア業界で活躍するコンサルタントである筆者が、仕事をする上で役に立つ知恵を16個にまとめたものです。 各知恵には独特の名前が付けられており、読者に親しみやすく、わかりやすく内容が伝わるようになっています。…

日経1年生! 長谷部瞳と「日経1年生!」製作委員会

『日経1年生!』は、祥伝社黄金文庫より2008年4月20日に出版された書籍です。著者は、「長谷部瞳と「日経1年生!」製作委員会」。本書は、2008年当時累計200万ダウンロードを記録した大人気ポッドキャスト『長谷部瞳と「日経1年生!」』を文庫本として再編し…

激動予測 「影のCIA」が明かす近未来パワーバランス ジョージ・フリードマン

この本は2009年10月に「100年予測」というタイトルの本を出版したジョージ・フリードマン氏が、続編として2011年に早川書房から出版した本です。前回出版した「100年予測」では、今後100年間にわたって国際情勢の変動要因がどの点にあるのかを、アメリカの国…

20代にしておきたい17のこと 本田健

その題のごとく、本田健さんが20代のうちにしておきたいと考える17のことを紹介しています。本田健さんは、日本の作家・小説家で、お金と幸せについてや、ライフワークなど、人生哲学を書にする作家さんです。この本は本田健さんが実際に20代のうちにやった…

中小企業のための経費削減―1カ月で成果が出る実行プログラム付き 山田浩司

この本は中小企業に向けた適切な経費削減のやり方が書かれており6章に分かれています。それぞれ詳しく見ていくと、序章では経費削減は会社の利益のために行われるべきものである。企業の最終目標は売上ではなく純利益であり、いくら売り上げを立てても経費で…

やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方 だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み 午堂登紀雄

著者は午堂登紀雄(ごどうときお)1971年生まれ、岡山県出身です。大学は中央大学経済学部を卒業されています。資格としては米国公認会計士(US.CPA)を取得。職歴はアーサー・D・リトルにて経営コンサルタントの勤務経験あり。 現在は何をされているかとい…

世界で最もイノベーティブな組織の作り方 山口周

著者は組織開発が専門の世界最大のコンサルティング会社ヘイグループに所属する山口周氏で、イノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成、キャリア開発のスペシャリストです。 日本におけるイノベーションにまつわる議論をすると「日本人には創造性…

30歳で年商100億超え 不動産会社社長が指南! 20代、30代の大家が急増中! 勝てる不動産投資梶尾祐司

株式会社ベルテックスの代表取締役の梶尾祐司さんが書いている本です。2010年に株式会社ベルテックスを設立し、代表取締役に就任しています。わずか6年で年商104億円までに急成長させ、その経営手腕は業界でも注目を集めています。 投資用マンション、アパー…

世界を変えたいなら一度 ’’武器’’を捨ててしまおう 奥山真司

世に戦略について書かれた本は本屋さんに星の数ほどもありますが、戦略学者によって書かれた本はそこまで多くないのではないでしょうか。「世界を変えたいなら一度 ’’武器’’を捨ててしまおう」は地政学・戦略学者の奥山真司氏による戦略について書かれた本で…

東大院生が考えたスマートフォンFX 田畑昇人

東大院生が考えたスマートフォンFxは田畑昇人さんが大学生のときに考えたFxの手法やFxに対する考え方が書いてある本となります。田畑昇人さんを私から紹介いたしますとよくある大学生のように最初は印象を受けました。私も大学生のため授業よりもそっちのけ…

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 山田真哉

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学』は、2005/2/16に光文社新書より発売された文庫本です。 著者は公認会計士・税理士の山田真哉さんです。著書には、『食い逃げされてもバイトは雇うな』(2007年/光文社新書)、『新装版 世界…

コンフォートゾーンの作り方 苫米地英人

本書は脳機能学者の苫米地英人氏の著作であり、目標達成のための方法が書かれた本です。目標達成の方法について自信の経験や根性論からではなく脳機能の観点から書かれた本で、脳がどのように外の世界を認知しているのか、脳が自我を維持するために行なって…

一流の睡眠ー「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略 裴英洙

超多忙、不規則な生活、仕事のストレスなどによって「眠れない」毎日が続く中であっても、常に高いパフォーマンスを求められるのがビジネスパーソンです。本書は、「睡眠」を最も需要なビジネススキルであると位置づけをしていて、多忙なビジネパーソンに向…

問題解決力を劇的に上げる判断力の基本 鳥原隆志

この本の著者は鳥原隆志さんという方で、この方はインバスケットコンサルタントとして株式会社インバスケット研究所の代表取締役を務められています。後で書きますがこの本の大きな軸となっている「インバスケット」を研究し日本で普及させた第一人者とされ…

ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か エリヤフ・ゴールドラット  

『ザ・ゴール』は、製造業におけるSCM(サプライチェーンマネジメント)の基本的な考えの元となる制約条件の理論(Theory of Constraints)を世に紹介した本です。 著者のエリヤフ・ゴールドラットは、イスラエルの物理学者という異色の経歴の持ち主です。そ…

対人関係のイライラは医学的に9割解消できる 松村浩道

人間関係や仕事をする中で、誰しも日常的に"イライラ"と大なり小なり付き合いながら生きています。それが些細なストレスであれば、不機嫌になったり泣いたりと表象化せずに忘れてしまうものですが、誰しも人生で一度は「考えても仕方ないのになぁ」とか、「また怒っ…

ファスト&スロー(上/下) あなたの意思はどのように決まるか? ダニエル・カーネマン

著者のダニエル・カーネマンは、行動経済学での草分け的存在です。カーネマンはノーベル経済学賞を受賞しましたしプロスペクト理論でも有名で、本書はベストセラーにもなりました。カーネマンの本は初見でしたが、カーネマンはこの本までにもいくつか出版し…

自分を変える習慣力 三浦 将

この本の著者は三浦将さんという方でメンタルコーチングのプロとしてご活躍なさっているそうです。失礼ながら私自身、この本に出会って初めて知りましたがコーチングにもさまざまな手法があるのだなと勉強になりました。この本の他に「相手を変える習慣力」…

錬金術の終わり 貨幣、銀行、世界経済の未来マーヴィン・キング

この本は2017年5月に出版された本で、著者は2003年から2013年までイギリスの中央銀行であるイングランド銀行総裁を務めたマーヴィン・キング氏です。マーヴィン・キング氏は、この本をとおして、長年中央銀行で勤務した経験に基づいて現行の銀行システムでは…

人を操る禁断の文章術(メンタリズム)DaiGo

禁断、という言葉に相応しい、今までにない視点の文章テクニックを知りたいと思いませんか。この本はメールや企画書、更にはLINEなど、会社で必要な文章から実生活に至るまで役に立つ文章の作り方を学ぶことが出来ます。「文章術」と聞くと、小説のように読…

完訳 7つの習慣 人格主義の回復 スティーブン・R・コヴィ

『7つの習慣』は、世界的な知名度を獲得し、ビジネスパーソンの必読書として取り上げられることも多い自己啓発本です。この本では、人生における悩みや課題に対し、自分はどうあるべきか、周りにいる人に対してどのように向き合ってゆくべきか、具体的なエ…

「お金」のイメチェン ネガティブでも遠慮なくお金を手に入れる 創造の法則 MACO

この本は、引き寄せ実践法のアドバイザーであり、メンタルコーチでもあるMACOさんの本です。書店の金融関連の棚に置いてあって、一際目立つオレンジ色の装丁に惹きつけられるように手に取っていました。 タイトルにある「お金のイメチェン」ってなんだろう?…

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン 大塚雄介

この本は2017年3月に出版された本で、著者は仮想通貨取引所を運営しているコインチェック株式会社の共同創業者兼COOを務める大塚雄介氏です。近年、ビットコインに代表される仮想通貨が個人投資家の間で大人気となっており、2017年の1年間で数十倍に値上がり…

アドラー流たった1分で伝わる言い方 戸田久実

フロイトやユングと並び、心理学の三大巨頭と称されるアルフレッド・アドラーの心理学を「日常的な会話・コミュニケーション」に役立てて、少しでもより良い人間関係をラクに築いていきたい人のための伝え方の本です。 著者の戸田久実さんは講師歴20年以上の…

すごい自己紹介 横川裕之

そのタイトル通り内容は「自己紹介」なのですが、今までの自己紹介の概念が完全に吹っ飛ぶ本です。最初は「自己紹介」なんだから、自分をティーアップする紹介のノウハウが書かれているのかと思って読み始めたのですが、観点が全然違いました。 著者が自己紹…

世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意 トニー野中

世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意”という書籍は、自己啓発本に分類されます。著者はトニー野中さん、この方は岐阜県出身の企業経営者兼成幸者研究家という肩書で、他にもいくつもの著書を出版されています。 トニー野中さんは元々、…

レジリエンスは身につけられるか―個人差に応じた心のサポートのために 平野真理

レジリエンスとは、ストレスフルな出来事や状況の中でも潰れることなく適応し、精神的な傷つきから立ち直ることのできる個人の力です。人は誰でもストレスフルな出来事によって、精神的に傷つきながら生活しています。そのような状況の中でも、不適応に陥ら…

年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編 横山光昭

簡単にいうと、この本はお金の教科書です。焦点は題名から分かるように、貯金について書かれていますが、貯め方のベースからきちんと解説されています。この本の著者横山光昭氏は、ファイナンシャルプランナー、家計再生コンサルタントです。また、家計再生…

こうして、思考は現実になる パム・グラウト

「思考は現実化する」という言葉は最近よく目にするようになりました。様々な関連書籍が発売されていますが、この本は読者が読み進めながら実際に体験することを目的とした内容です。他者の体験談をもとに構成された内容は多く目にしますが、本書は読者が実…

これからの強化学習 牧野貴樹 澁谷長史他

この本は、”強化学習”について書かれた本です。強化学習というのは意外と歴史は古いようですが一般にはあまり馴染みがありませんでした。ところが最近のAIの発達により非常に注目を集めるようになった手法です。昔のAtariのゲームやパックマンをAIが学習して…