ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある シンシア スミス

私達は朝から晩まで電化製品にかこまれて、おいしい水を飲みお金を払えば、好きなものを食べられる便利な生活をおくっています。しかし、そんな生活が出来るのは、世界でも少数派なのです。実は世界人口の90%を占める人々が、電化製品やサービスに縁がない…

できる人の脳が冴える30の習慣 米山公啓

毎日が忙しいビジネスマンが、日常生活のちょっとした工夫や行動で「脳を活性化」させ、リフレッシュする方法がまとめられた本です。文字も大きく、重要なところはラインが引かれているので、ちょっとした気分転換に簡単に読めます。ここでは、脳を活性化さ…

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術 緒方健介

新卒で会社に入った時。もしくは、派遣などでさまざまな会社に勤めている時。会社の中で、「上司」という存在は部下を教え育て導いてゆくものだ。と思っているのではないでしょうか。 しかし、良い上司にめぐりあう事もあれば相性の悪い上司にあたってしまう…

心はプログラムできるか 人工生命で探る人類最後の謎 有田隆也

著者の有田隆也さんは、名古屋大学教授です。情報工学の分野の方のようで、この立場から特にヒトの心の発生・起源やその後の進化、認知科学などについて長年の研究をされているという方です。タイトルにある通り、”人工生命”に関する本で、この分野は日本語…

ダン・S・ケネディの世界一シビアな「社長力」養成講座 ダン・ケネディ

ダイレクトレスポンスマーケティングを学んでいる人であればよくご存知の「ダイレクト出版」から出されている本書は、DRMの権威であり、超一流のマーケターであるダン・ケネディの著作です。もちろん、ダン・ケネディといえば、マーケティングコンサルタント…

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい”先のばし”する損な人たち 斎藤茂太

グズだと自覚してる方は思いの外多い傾向にあると精神科医である筆者はいいます。ちなみに辞書をひくと、はきはきしないで動作や決断が鈍いこと。また、そのような人やさまを表現する言葉とあります。しかし、グズにも様々なタイプがあり、悩みも症状も十人…

私の履歴書 経済人 1 日本経済新聞社

日本経済新聞社で連載されている、財界をはじめとする各界著名人のひととなり、幼少期などのエピソードから、下積み、苦労、激動の中を仕事を通じてやりぬいた時期、成功へのあらゆるエピソードをつづっている名物コーナー「私の履歴書」。長年続くコーナー…

稲盛和夫の実学-経営と会計 稲盛和夫

京セラの創業者である稲盛和夫氏が、自身の経営哲学をベースに確立した「会計の原則」を解説した本です。それには七つの原則があります。 ①キャッシュベースで経営する売掛金が在庫が増加すればお金はそこに吸い取られる、借入金を返済すればお金が消えてし…

不発弾 相場英雄

この本は金融小説という形態をとっています。しかし、フィクションとノンフィクションが同居しており、ただの小説ではなく金融本と言える本です。登場する企業や人物、ストーリーは、金融業界に詳しい作者の取材をベースにして書かれています。そして、本に…

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が〝手遅れ〟になる前に 冨山 和彦

同書は1~6章に分かれ、それぞれに本文とそれに関連する著者独自視点からのコラムが38個も付帯しているという構成である。 著者はこの本で、昨今日本の大企業が直面してるコンプライアンス問題やM&Aでの失策などが企業の共同体意識によってもたらされている…

100年予測 ジョージ・フリードマン 

この本は2009年10月に早川書房から出版された本です。内容は、今後の100年間について国際情勢の変動要因がどこにあるかを述べたものとなっています。この本の内容を説明する前に、著者の経歴を述べる必要があります。著者のジョージ・フリードマンは、ホロコ…

可愛いお金持ち養成講座 宮本佳実

どこにでもいるような平凡な貧乏OLから抜け出し、ワークライフスタイリストとして好きなことで起業し成功した著者の実体験を元にしたビジネス成功の秘訣やお金に対する思考を紹介している本です。お金を貯めるのではなく、自分の暮らしを豊かにしてくれるも…

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 西野亮廣

本書は、『キングコング』というお笑いコンビの1人である西野亮廣氏が書いたビジネス本だ。『えんとつ町のプペル』という絵本を描いて30万部以上のメガヒットを生み出し、インターネット上で寄付を募集するクラウドファンディングでは通算1億円以上を集めた…

アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 藤井厳喜

本書「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」の著者である藤井厳喜氏は、国際政治学者、国際問題アナリストとして活躍されています。藤井氏は早稲田大学を卒業後、クレアモント大学大学院修士課程、ハーバード大学大学院博士課程を取得し、…

お金が貯まる人が捨てた37のこと 田口智隆

お金というのは所得が多ければ多い程、貯まっていくというものではありません。所得が多くてもそれ以上に支出が多ければ赤字となってしまいますし、反対に所得が少なくても支出を抑える事で黒字にすることが出来ます。

革新的な会社の質問力 河田真誠

この本は、「自分自身と他者への関心の持ち方、気づき方を学べるビジネス書」です。特徴的なのが「~するべきだ」、「~であるべき」といった、ルールではなく、自分と関わるすべてのことから良いものを引き出し、良いものを自分の中で最大限に見つけ出せる…

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ 神田昌典

営業や販売業をしている方向けへのオススメの本となっております。なおかつ、一番読んでいただきたい層は”経営者層”の方や、これから起業をしていきたいという方、もしくは起業をしたけどなかなか業績が伸び悩んでいるそんな方に関しては劇的に会社を変える…

「ここ一番」に強くなれ! 三田紀房

有名な漫画の【ドラゴン桜】の著者。三田紀房という人が書いた本です。ドラゴン桜とは、経営破綻寸前に陥った偏差値最下層の学校の運営問題を請け負った弁護士が、そこの生徒を指導し東大に合格させるまでのストーリーです。ドラマ化もされた漫画で、東大に…

働かないアリに意義がある 長谷川英祐

北海道大学で進化生物学や動物生態学の分野の研究者である長谷川英祐さんの著書です。”働かないアリ”という面白い興味を引くキーワードで一時世間を賑わしたようなので、この本や著者のことを知っている、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょう…

道をひらく 松下幸之助

9歳から奉公に出て、たった1代で松下グループを築き上げた「経営の神様」松下幸之助の書籍の中では最も知られている本です。PHPという雑誌の中につづられたエッセイをまとめている1冊。そんなこともあり短編ばかりですが、非常に凝縮してかつ、かざりがなく…

アメリカの原理主義 河野 博子

この本は、タイトル通り”アメリカの原理主義”について書かれた本です。”アメリカの原理主義”とは何を指すのかというと、キリスト原理主義や右翼的イデオロギーを持った人たち、傾向のことです。著者の河野博子さんは、読売新聞社の編集委員で、ニューヨーク…

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち 松崎一葉

精神科産業医である著者がこれまでの企業や官公庁でのメンタルヘルスケアの仕事の中で経験してきた事例をもとに、昨今大きな問題となっている会社員の長時間労働、過労、うつ病などの精神疾患の原因を探っていく内容である。

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 戸塚 隆将

本書は世界トップの企業で働き世界トップのビジネススクールで学んだ著者が、自らの実体験を元に「世界のエリートたちの働き方・考え方」を説く本です。 筆者が実際に体験した世界のトップの現場とは、世界有数の投資銀行であるゴールドマンサックス、世界ト…

HARD THINGS ベン・ホロウィッツ

著者のベン・ホロウィッツはシリコンバレーにある、アンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者であり、ゼネラルパートナーです。 オプスウェア社の共同創業者かつCEOでしたが、2007年にヒューレット・パッカード社に16億ドルで自社売りしました。彼自身のブ…

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書 吉見夏実

著者の吉見夏実さんはクラウドソーシングサービス「ランサーズ」利用4ヶ月で月収20万を達成し、現在は講師としても活躍するクラウドソーシング会の有名人です。本作は吉見さんが経験し、講師をする中で多くの人にWebライターがぶつかっている壁を分析し、解…

エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする グレッグ・マキューン

シリコンバレーのコンサルティング会社のCEOであるグレッグ・マキューン氏が書いた本です。その題名のとおり、エッセンシャル思考について書かれた本です。最初、自己啓発のような本かな、と思って読み始めましたがビジネス本でした。 実際の事例、参考例を…

60分でわかる! 機械学習&ディープラーニング 超入門 (60分でわかる! IT知識) (著)機械学習研究会

監修の安達氏は、自動車メーカー・コンサルティングファーム勤務を経て、データマイニング専門会社を設立。メーカーの生産・販売・物流データの解析や、小売・飲食店のPOSデータ分析、売上予測システムに20年以上携わってきたデータ分析のプロフェッショナ…

確定拠出年金の教科書 山崎元

山崎元(やまざきはじめ)氏著の「確定拠出年金の教科書」です。この本は、「これから確定拠出年金を始めたい」「けど、確定拠出年金について何も知らない」「どうやって確定拠出年金制度を運用し始めればいいか分からない」という方への文字通り「教科書」と…

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 山崎元 大橋弘祐

「投資」を中心に、住宅ローンや宝くじなどのギャンブル、保険の話等も含めた「お金の効率的かつ賢い増やし方」が書かれている本です。 著書は2人います。ひとりは、出版社勤務でお金のことに関してはド素人だという大橋弘祐氏、もうひとりは、数多くの金融…

ゆるい生き方~ストレスフリーな人生を手に入れる60の習慣~ 本田 直之

本の著者、本田直之氏は小さな労働で大きな利益を上げるレバレッジマネジメントを実践する実業家です。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長とCEOを兼任しています。この他に、日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザ…