ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

「できる人」が会社を滅ぼす 柴田 昌治

この本の著者は柴田昌治さんという方です。ドイツ語の先生をしたのち、ビジネス教育の会社を設立しました。働き方改革や組織風土の改革に取り組んでおられます。

会社の改革に関する本をたくさん書いておられますが、その中でもこの本は時代の変容や組織の特質といった本質的なところから、具体的な対応策まで書かれており、おすすめできる本です。

続きを読む

「私らしさ」のつくりかた 猪熊真理子

この本は、現在女子未来大学のファウンダーをしている猪熊真理子さんが書きました。彼女は元リクルート社員で、世の中の女性のためのさまざまな支援をしています。彼女は幼い頃、優等生であることに必死でした。周りに「頑張りやさんだね」と言われるのが嬉しい反面、「頑張ることをやめたら自分には価値がないのでは?」と悩んでいました。

中学・高校では、勉強も部活も精一杯頑張ることで、自分に負荷をかけていました。それを続けていたある日、彼女は自律神経失調症になってしまいました。

そこで彼女は「心」について興味を持ち始めます。彼女は心理学が学べる大学に行き、心の勉強を始めました。

続きを読む

12大事件でよむ現代金融入門 倉都康行

本書の著者、国際金融アナリストの倉都康行氏は東京銀行の国内外支店を経て、外資系金融機関の管理業務を歴任した後2001年春にRPテック株式会社を設立し代表取締役に就任し現在に至っています。
立教大学経済学部の講師や大手マスコミ系ビジネス誌の編集人を勤めていることからもわかる通り、自ら金融コンサルティング業務を指揮する傍ら、経済系のマスコミに金融リスクなどへの分析を精力的に発表しそれらを統合した著書も多数あります。

続きを読む

トークいらずの営業術 メンタリスト DaiGo

人の視線の動きや筋肉のこわばり等を見抜いて、考えを当てる事で有名になったメンタリスト・DaiGoさん著作の本です。

書籍記載のプロフィールによれば、現在は企業のコンサルタントとしても活動されています。

本の内容は、特別な話術なしに営業を成功させる秘訣についてです。
営業で成果を出す為には、トーク力を鍛える必要があるのではないかと考えてしまいますが、DaiGoさんはそれを否定しています。

続きを読む

30日で新しい自分を手に入れる「習慣化」ワークブック 古川武士

この本は、3万人以上のビジネスパーソンの育成から「習慣化」が最も重要なテーマと考え、日本で唯一習慣化をテーマにしたコンサルティング会社「習慣化コンサルティング株式会社」を設立した古川武士さんが書かれた習慣化するためのワークブックです。

ダイエット、運動、資格試験勉強、禁煙、早起き……と多くの人がこういった自分のためになる事をやろうとしては挫折しています。けれどその一方で、優秀なビジネスマンや経営者は、例外なくよい習慣をたくさん身につけているのです。
毎日続けることができないのは、意志の弱さや自分の性格に原因があるのではありません。ただ「続けるための原則とコツ」を知らないだけなのです。

続きを読む

儲けたいなら科学なんじゃないの?堀江貴文 成毛眞

ホリエモンこと堀江貴文氏と元日本マイクロソフトの代表取締役社長成毛眞氏が、サイエンスをビジネスにする話をしています。専門用語が頻繁に出てきますがネットで検索すればわかるので、サイエンスに馴染みがない方はサイエンスを知るいいきっかけになります。

堀江さんがロケットに力をいれているのは、その後の事業展開を見越して安いロケットを作ろうとしているからとわかりました。
誰もがロケットで宇宙に行けるようになれば、おもしろいことや想像できないことは誰かがやってくれる、と堀江氏はこのような視点で事業を行っていることに驚きました。

続きを読む

任意売却で住宅ローン地獄から抜け出す本 木原洋一

著者の木原洋一さん(任意売却推進センター代表)は、自身が陥った住宅ローン地獄の経験をもとに、現在は任意売却コンサルタントとなり、住宅ローンの返済で困っている方や、金融機関からの督促状などに悩まされている方を対象に、任意売却による円満解決をサポートしているようです。

住宅ローンの返済に困って相談する先は、まず住宅ローンの貸主である金融機関になると思います。そうすると金融機関の担当者は、「ローン返済猶予法により、3年間は元本の返済はストップして、金利だけ返済していただくのでも大丈夫ですよ」と、一見味方のようなやさしい提案をしてくれます。

続きを読む

問題解決フレームワーク大全 堀公俊

この本の著者である堀公俊は、大阪大学大学院工学研究科修了のコンサルタント。様々な組織において変革や企業合併、教育研修などを行っており、多彩な分野でファシリテーターを行っておりました。

2003年には有志とともに日本ファシリテーション協会を設立し、初代会長に就任。ファシリテーションの普及・啓発に努めています。著書には『ファシリテーション入門』『ビジュアル ビジネス・フレームワーク』『問題解決ファシリテーター』などがあります。

続きを読む

夢とお金をガッチリつかむ金トレ!! 編集リベラル社

お金を貯めるために必要な目標設定・現状のお金の使い方についての振り返りの方法・固定費の見直しの必要性・光熱費の節約法・変動費の見直し・片づけと節約の関係性

将来必要なお金・将来受けることのできる補助等が絵や図などを使って分かりやすくまとめられた本です。

まず、目標設定についてですが、漠然と将来のためにお金を貯めておこうではなく、目標を立てることは必要であることと目標を立てる上で必要なポイントが書かれています。

続きを読む

起業家の本質 ウィルソン・ハーレル

著者のウィルソン・ハーレル氏は、アメリカの起業家。アメリカのビジネス誌『Inc.』元発行人でCEOの全米組織「成長企業協議会」の創立者であり名誉会長です。

起業家の成功体験から、新たに起業する方へのメッセージとしています。

ハーレル氏の活躍はめざましく、全米で優秀な起業家に贈られる「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」の生涯業績部門賞を1992年に受賞しました。
ヨーロッパで140ドルを元手に会社を設立し、拡張し、ナビスコ、グッドイヤーなどの販売代理業者となります。その手腕を買われ、IBMやAT&Tのコンサルタントとして企業のマーケティング戦略立案などを行っています。

続きを読む