ビジネス書籍ユーザーレビュー

ビジネス関連書籍の紹介日記です

「ここ一番」に強くなれ! 三田紀房

有名な漫画の【ドラゴン桜】の著者。三田紀房という人が書いた本です。
ドラゴン桜とは、経営破綻寸前に陥った偏差値最下層の学校の運営問題を請け負った弁護士が、そこの生徒を指導し東大に合格させるまでのストーリーです。
ドラマ化もされた漫画で、東大に合格する為の勉強方法もですが、それに至る様々な方法や考え方が秀逸で面白くためにもなります。

続きを読む

働かないアリに意義がある 長谷川英祐

北海道大学で進化生物学や動物生態学の分野の研究者である長谷川英祐さんの著書です。”働かないアリ”という面白い興味を引くキーワードで一時世間を賑わしたようなので、この本や著者のことを知っている、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

この本を読まなくても、このキーワードでネットで探せば”働かないアリ”についての断片的な説明もありますが、「なぜ働かないアリがいるのか?そのアリは必要不可欠なのか、それとも必要な存在なのか?」というところが、イマイチWeb上の記述ではわかりにくいところもあります。この本は新書の薄い本ではありますが、働かないアリの存在理由を系統立てて説明をしています。

続きを読む

道をひらく 松下幸之助

9歳から奉公に出て、たった1代で松下グループを築き上げた「経営の神様」松下幸之助の書籍の中では最も知られている本です。
PHPという雑誌の中につづられたエッセイをまとめている1冊。そんなこともあり短編ばかりですが、非常に凝縮してかつ、かざりがなく、さまざまなことをすっきりと整理し、目指すところをわかりやすく人々に分け与えてくれるような、清涼感のある文章が続いています。

続きを読む

アメリカの原理主義 河野 博子

この本は、タイトル通り”アメリカの原理主義”について書かれた本です。”アメリカの原理主義”とは何を指すのかというと、キリスト原理主義や右翼的イデオロギーを持った人たち、傾向のことです。著者の河野博子さんは、読売新聞社の編集委員で、ニューヨーク支局長などを経験してきた方です。

続きを読む

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち 松崎一葉

精神科産業医である著者がこれまでの企業や官公庁でのメンタルヘルスケアの仕事の中で経験してきた事例をもとに、昨今大きな問題となっている会社員の長時間労働、過労、うつ病などの精神疾患の原因を探っていく内容である。

続きを読む

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 戸塚 隆将


本書は世界トップの企業で働き世界トップのビジネススクールで学んだ著者が、自らの実体験を元に「世界のエリートたちの働き方・考え方」を説く本です。

筆者が実際に体験した世界のトップの現場とは、世界有数の投資銀行であるゴールドマンサックス、世界トップのコンサルティングファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニー、世界のトップビジネスマンを数多く輩出するハーバードビジネススクールの3つの事です。

続きを読む

HARD THINGS ベン・ホロウィッツ

著者のベン・ホロウィッツはシリコンバレーにある、アンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者であり、ゼネラルパートナーです。

オプスウェア社の共同創業者かつCEOでしたが、2007年にヒューレット・パッカード社に16億ドルで自社売りしました。彼自身のブログは、1000万人近くの人に読まれ、ビジネスマンの間で人気を博しています。

シリコンバレー最強の投資家と呼ばれ、これまで、facebook, エアビーアンドビーなどの、著名な企業家たちにアドバイスを与えてきました。翻訳は滑川海彦氏です。 千葉県生まれ。東京大学法学部卒業後、東京都庁を経て、IT業界の翻訳・著者として知られています。

続きを読む

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書 吉見夏実

著者の吉見夏実さんはクラウドソーシングサービス「ランサーズ」利用4ヶ月で月収20万を達成し、現在は講師としても活躍するクラウドソーシング会の有名人です。本作は吉見さんが経験し、講師をする中で多くの人にWebライターがぶつかっている壁を分析し、解決策を記述した実用書です。

近年仕事をネットワーク経由で外注する企業や個人が増え、在宅ワークも珍しいものではなくなっています。仕事を依頼したい人と受けたい人を結びつけるサービスがクラウドソーシングであり、ネット経由で仕事を完結させられることからも人気になっています。

続きを読む

エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする グレッグ・マキューン

シリコンバレーのコンサルティング会社のCEOであるグレッグ・マキューン氏が書いた本です。その題名のとおり、エッセンシャル思考について書かれた本です。最初、自己啓発のような本かな、と思って読み始めましたがビジネス本でした。

 実際の事例、参考例をあげて、エッセンシャル思考とは何か、実際の仕事で、う活用していくのか、エッセンシャル思考を身につける方法、エッセンシャル思考の心得のようなものが書かれています。

続きを読む

60分でわかる! 機械学習&ディープラーニング 超入門 (60分でわかる! IT知識) (著)機械学習研究会

監修の安達氏は、自動車メーカー・コンサルティングファーム勤務を経て、データマイニング専門会社を設立。メーカーの生産・販売・物流データの解析や、小売・飲食店のPOSデータ分析、売上予測システムに20年以上携わってきたデータ分析のプロフェッショナルです。現在は株式会社ALBERTのデータ分析部部長で執行役員を務めています。

また、青木氏は北海道大学大学院にて数理統計の博士号を取得の後、大手電機メーカーの中央研究所でデータマイニングの研究に従事、現在は株式会社ALBERTのデータ分析部のセクションマネージャーです。購買データを用いた購買予測などを担当しています。

続きを読む